メモ:Apple

2020年7月23日 (木)

macOSアプリ:Keynote:オンラインミーティングで役立つ機能が追加された

オンライン授業やオンライン会議で画面共有する際、あったらいいなと思う機能は、パソコン画面全体を共有することなくプレゼンテーションを共有できる機能であった。

この点で、Microsoft Teams には、PowerPointプレゼンテーションを共有し、共有できるだけでなく、発表者のプレゼンテーションの進行を妨げることなく参加者がスライドのページを行ったり来たりできる高い機能まで実装されている。

しかし、自らはPowerPointを使うことがなく、長年、プレゼンテーションにKeynote[*注]を使い続けているは、パソコン画面全体を共有することなくKeynoteプレゼンテーションをすることはできないと諦めていた。

[*注]macOSとiOS(iPhone、iPad)の標準プレゼンテーションアプリで、無料である。
パソコン画面全体を共有するということは、プレゼン中に他のアプリの情報を参照するなどした場合に、それもすべて共有されてしまうということであり、プレゼンがスマートじゃなくなることに加えて、見せるつもりのないことまで見えてしまうという問題がある。
念のため補足しておくと、ウインドウを共有するのとプレゼンテーションを共有するのは別物である。ウインドウを共有するということはプレゼンテーションの編集作業の画面を共有するということであり、アニメーションが再生されないことをはじめ、プレゼンテーションとは別である。
ところが、最近のアップデートで、Keynoteにうれしい機能が加わった(Keynote for Mac, version 10.1)。ズバリ、ウインドウ内でプレゼンテーションする機能である。

これがあれば、オンラインで共有する際に、Keynoteプレゼンテーションのウインドウを共有すれば、パソコン画面の他の場所が相手には見えないから、必要な情報を参照しつつ、スマートにプレゼンテーションすることができる。

これからは、Zoomでも、Teamsでも、スムーズに、スマートにプレゼンテーションの共有ができる。

|

2020年6月13日 (土)

macOS:標準ソフトQuickTime Player でムービーを結合できる

Macに標準で付いてくるアプリケーションである QuickTime Player のトリム機能(ムービーの始まりと終わりを切り取る機能)を、これまで頻繁に利用してきた。
┏━━━━━━━━━━━━
 このトリムは、iPhoneやiPad(iOSデバイス)の写真アプリの標準機能でもあるから、馴染みのある人も多いと思う。
┗━━━━━━━━━━━━

QuickTime Player に有料版があった昔(20年以上前?)には、その有料版を用いて簡単なムービー編集を行なっていたが、近年は、ムービー編集には iMovie を使わなければならないという固定観念を持っていた。

しかし、Macに標準で付いてくる無料アプリケーション QuickTime Player でムービーの結合ができることを、きょう、知った。
手順は次の通りである:
1. Finderでムービーファイルを選択し、コピーする。(複数のファイルを選択、コピーすることもできる。)
2. QuickTime Player で別のムービーを開いた状態でペースト(貼り付け)する。

コピー&ペーストではなく、ドラッグ&ドロップでもかまわない。

トリムと組み合わせれば、分けて撮影したムービーを切り貼りする(いわゆるリニア編集)が手軽にできるから、ワンカット撮りに失敗したら iMovie で編集(という、これだけの目的のためは、やや大げさな作業)をしなくてもいいと思うと、大変に気持ちが楽になる。

[キーワード] アプリ、ソフト、ソフトウェア、ムービー、ビデオ、トリム
[keywords] application, app, software, movie, video, trim

|

iPhone & iPad:AssistiveTouchで快適操作(続)

以前のノオト「iPhone & iPad:AssistiveTouchで快適操作」で、AssistiveTouchの「シングルタップ」と「長押し」に機能を割り当てることで、より快適な操作性を実現していることを書いた。

その中で、「ダブルタップ」については模索中であるとしていたが、その後、スクリーンショットに割り当てることで、さらに快適な利用性を実現できている。
正確に言えば、スクリーンショット機能をダブルタップに直接割り当てるのではなく、1段階を間に挟んでいる。
AssistiveTouchのダブルタップでメニューが表示されるようにしておき、そのメニューの中のタッチしやすい位置にスクリーンショット用のアイコンを置いてある。

|

2020年6月 1日 (月)

iPhone & iPad:AssistiveTouchで快適操作

5年ほど前(?)に、いっとき、iPhone で AssistiveTouch をオンにして使ってみたことがある。

┏━━━━━━━━━━━━
 AssistiveTouchは、iOS 13 でいえば、[設定] > [アクセスビリティ] > [タッチ] > [AssistiveTouch] でオンにできる機能である。
 見映えは、下の画像(画面の下部のみのスクリーンショット;クリックで拡大)である。
 しばらく操作しないと半透明で待機しており、タッチした直後はくっきりと白くなるボタンである(下の画像で、上側が待機中、下側がタッチ直後)。
 ボタンの場所は画面の縁ならどこにでも好きな場所に置けて、いつでも移動できる。操作をするときに邪魔であれば、さっとどかすこともできる。
 Assistivetouch
┗━━━━━━━━━━━━

それは、iPhone 5s のホームボタン(機械式)の使用回数を少しでも減らして、ホームボタンの劣化を避けて、長く使おうという考えでのことであった。

しかし、そのときは、ホームボタンをできるだけ延命させようという目的意識よりも、操作の負担や、AssistiveTouchボタンに操作が邪魔される感覚の方が大きくなり、ほどなくして(1〜2週間?)、AssistiveTouch機能をオッフにした(注:オッフ=オフ=OFF)。

それが最近、ホームボタンの代替目的とは別の観点から、AssistiveTouchの可能性に気づき、iPhone と iPad でオンに設定して使い始めて2〜3週間が経つ。

┏━━━━━━━━━━━━
 AssistiveTouchの初期設定では、ボタンの「シングルタップ」で複数の操作がアイコンでメニュー表示されるが、は、アイコンでメニューされるモードではなく、ボタンのタップ操作に直接に機能を割り当てる利用法に価値を見出した。
 ボタンのタップ操作には「シングルタップ」「ダブルタップ」「長押し」の3種類があり、僕は主に「シングルタップ」と「長押し」を活用している。
┗━━━━━━━━━━━━

【シングルタップ】で通知の表示
 画面上端を下にスワイプすると通知が表示されるが、iPhoneは基本的に片手で操作しているから、画面上端に指を移動させることに負担を感じていた。
 iPadは片手操作ではないが、画面上端まで手を動かすのに負担を感じていた。
 この点で、画面下部にAssistiveTouchボタンを置けば、指や手を動かす範囲を小さくでき、操作が楽になる。

【長押し】でスリープボタン(=画面ロックボタン=電源ボタン)の代わり
 最後の操作から一定時間が経つと自動で画面がロックするが、自動ロックまで待たずに(待てずに)、手動で画面ロックさせたい場合がある。
 iPhone も iPad も、スリープボタンが側面や上部に付いているため、ボタンを押す操作が面倒だと感じていた。
 この点で、画面のタッチで画面ロックできれば、自動車の車載フォルダーに設置している場合を含めたあらゆる場面で、画面ロック操作が楽になる。
 実際、AssistiveTouchに「画面ロック」を割り当てることができる。現在のところ、「長押し継続時間」を0.30秒に設定している。

なお、「ダブルタップ」については、(ホームボタンのあるiPhoneで)いったんは(アプリの切り替えや終了の時に使用するモードである)「Appスイッチャー」に割り当ててみたが、どうもしっくりこないため、現在は活用できていない。活用法があるかどうか、試行錯誤で探索を続けているところである。

[追記:2020-06-13]
 その後、スクリーンショットに割り当てることで、さらに快適な利用性を実現できている。
 正確に言えば、スクリーンショット機能をダブルタップに直接割り当てるのではなく、1段階を間に挟んでいる。
 AssistiveTouchのダブルタップでメニューが表示されるようにしておき、そのメニューの中のタッチしやすい位置にスクリーンショット用のアイコンを置いてある。

|

2020年4月22日 (水)

macOS:キーボードだけで「おやすみモード」のON、OFFを切り替える方法

ビデオ会議をする機会が急に増え、これまでのパソコン利用に際しては必要を感じなかった機能を使い始めた。

それは「おやすみモード」である。
(活動中に「おやすみ」というのは変な感じがするが、ここでは深入りせず、英語版では Do Not Disturb と表現されていることに触れるだけにする。)

さて、以下に、の目的意識と、対応策、そして実現方法を述べる。

【目的意識】
 スマートフォンでは頻繁に活用している「おやすみモード」だが、パソコンではまったく利用していなかった。
 しかし、ビデオ会議でパソコンの音声をONにしていると、メールの着信通知音が鳴るなどして、邪魔になるため、会議が始まったら「おやすみモード」をONにしたい。
 (通知音は大した邪魔ではないかもしれないが、状況に応じた表現の使い分けや切り分けを強く意識している僕は、ビデオ会議中に通知音を鳴らしたくない。)
  ↓
 そこで、「おやすみモード」のONとOFFをすぐに切り替えられるようにしたい。

【対応策】
 キーボードショートカットで「おやすみモード」のONとOFF切り替えられるようにする。

【設定方法】
 macOSのシステム環境設定で [キーボード] > [ショートカット] > [Mission Control] で「おやすみモードの入/切」にキーボードショートカットを割り当てる。

[2020-04-23 追記]
● macOS Catalina (10.15.4) を使用。
●「おやすみモード」がONであるのかOFFであるのかは、メニューバー右端(ディスプレイの右上)の
 ・—— の三本線(音で表現すれば、トンツー トンツー トンツー)の黒さで判定できる。
 黒であればON、グレーであればOFFである。

|

2019年4月13日 (土)

【解決策】VMware Fusion 8 と Windows 7:Apple USB SuperDrive が接続されない問題(Boot Camp 関連ファイルを使わずに解決した記録)

macOS で Windows(など)を動かすことのできる VMware Fusion 8 と Windows 7 で発生する問題の解決策である。

 これは2019年4月に実施した解決策のメモです。
 なお、ここでは、macOSアプリを英語標記で用いた経験を元に記述しているため、日本語表現は以下に書かれているとおりではない可能性が高いです。日本語の「意味」で解釈してください。
 アップグレード用DVDを用いて、Windows 7 を Windows 10 にアップグレードしようというときに遭遇した問題と、その解決です。この解決策は、Windows 10 にも適用可能だと思います。

は、VMware Fusion を少なくとも10年は使っている。
USBカードリーダーライターの場合は、MacBook の USBポートに差し込むと、VMware Fusion が接続先を尋ねてくるから、Windows への接続を選べば Windows で利用できた。
だから、どちらかというと、Apple USB SuperDrive(CD/DVDドライブ)も、つなげば使えると思っていた。
しかし、そうはいかなかった。

インターネット検索した結果、解決策として、Boot Camp 関連ファイルを導入する方法と、以下に紹介する方法が目にとまった。
以下の方法は、VMware Fusion で利用するWindowsシステムにはまったく手を加える必要がないため、スッキリした、お手軽な方法である。
以下に示すのは、このやりとりの一番下の方(日付:Mar 7, 2016)の説明の要点である。

すべての操作はmacOSで行なう。操作が終わると VMware Fusion のWindowsで Apple USB SuperDrive(CD/DVDドライブ)が使えるようになっている。

  1. Apple USB SuperDrive をMacに接続し、DVDを挿入する。
  2. VMware Fusion の「仮想マシンの設定...」で、右上にある「デバイスの追加...」ボタンを押す。
  3. 追加するデバイス一覧(アイコン)から「CD/DVDドライブ」を選択し、右下にある「追加」ボタンを押す。
    ※仮想マシン(今の場合はWindows)が起動していると、「CD/DVDドライブ」が追加できないため、もしも起動しているなら仮想マシンをシャットダウンし、改めて「CD/DVDドライブ」を選ぶ。
  4. プルダウンメニューに Apple USB SuperDrive があるはずなので選択し、「CD/DVDドライブに接続」チェックボックスをチェックする。
  5. VMware Fusion でWindowsを起動する。
これで、Apple USB SuperDrive に挿入したDVDに、Windowsからアクセスできる。

|

2019年4月 4日 (木)

【解決策】VMware Fusion 8 と Windows 10:共有フォルダーにマイクロソフトOffice書類が保存できない問題

macOS で Windows(など)を動かすことのできる VMware Fusion 8 と Windows 10 で発生する問題の解決策である。

 これは2019年4月に実施した解決策のメモです。
 なお、ここでは、macOSアプリを英語標記で用いた経験を元に記述しているため、日本語は以下に書かれているとおりではない可能性が高いです。日本語の意味で解釈してください。

Microsoft Office のアプリケーション(ワード、エクセル、パワーポイント)の書類を共有フォルダーに保存しようとすると、エラーメッセージが出て保存されないトラブルが発生した(ファイルは作成されるが、中身が空である)。
VMware Tools が自動的には最新版に更新されないため、手動で最新版の VMware Tools をインストールし、それによって問題が解決するという流れである。

インターネットで検索したところ、解決策が見つかった。
その記事の解決策を実行したところ、無事に Microsoft Office 書類が保存できるようになった。
記事が2018年1月のものであり、記事中のリンク先が存在しないなどあるため、その点を補足しつつ解決方法を簡単にまとめておく。

  1. [macOSでの操作]ここから 10.3.5 > windows とたどり、"VMware-tools-windows-10.3.5-10430147.iso" をダウンロードする。
  2. [macOSでの操作]ダウンロードした上記のファイルをデスクトップに移動する。
  3. [Fusion(macOSアプリ)での操作]メニューから[設定]を選び、[CD/DVD] → [ディスクまたはディスクイメージ] → デスクトップに保存したファイルを選択 → CD/DVDドライブに接続(チェックボックスに✓)
  4. [Windowsでの操作]するとWindowsに通知が現われるのでクリックし、許可する。
  5. [Windowsでの操作]"setup64.exe"の実行を選び、標準インストールを行なう。
以上により、最新版の VMware Tools がインストールされ、問題が解決した。

|

2019年2月10日 (日)

MacBookディスプレイの汚れは、付いた汚れではないので取ろうとしてはいけない

これは、の思い込み(間違い)による失敗談である。

Apple のノートパソコン MacBook Pro の Retina ディスプレイの汚れが気になっていた。

汚れ方からして間違いなく、キーボードに付いた手の脂が、ディスプレイを閉じたときに液晶画面に付いたものだと思い込んでいた。

使用中(=ディスプレイが明るいとき)には気にならないが、ディスプレイがスリープして真っ暗になったときの、白っぽい汚れが気になっていた。

時折、柔らかい布で乾拭きするものの、きれいにはならない。
しかし、大いに気になるものではないので、1年程度は特別な対応をしてこなかった。

先日、家電量販店に行った折、いいモノが目に入った。
液晶用のウェットクリーニングシートである。

「これを使えば、ずーっと気になっていた汚れがきれいに取れるはずだ。」

これは大間違いであった。

汚れは何らかが付着していると思い込んでいたが、インターネットで調べてみたところ、反射防止コーティングがはがれてできた表面のキズ(あるいはキズが広がったかすれ)であった。
付着しているなら、ゴシゴシこすれば取り除けるが、キズを強くこすれば広がってしまうのは当たり前である。

僕と同じ過ちを犯す人が増えないことを願います。
(なお、下記の参考情報では修理した体験談が紹介されていますが、僕の場合は無償修理対象ではないことと、キズが大きくなってしまったとはいえ、ディスプレイが明るいときには気にならない範囲に収まっているため、時折自分の失敗を悔やみつつも、そのまま使っています。)

▼参考情報
インターネット上には、この件に関する記事が、国内外を問わず多数存在しますが、2例だけリンクを張っておきます。
またか!MacBook Proの画面コーティングが剥がれたので修理しました!(Appleサポートへの依頼の流れ)
Macbook Proの液晶コーティング剥がれは保証期間を過ぎていてもなんとかなるらしい

| | トラックバック (0)

2019年2月 9日 (土)

iPhoneのうれしい機能

iOS 12 から(?)、iPhone 5s でもトラックパッド機能が使えるようになった。ヒジョーに便利になった。

タッチスクリーンに感圧機能(強く押すとモードが変わる機能=3D Touch)が付いている機種やiPadでは、もっと前からこの機能が使えていたようだ。)

は片手でiPhoneを持ち、親指でキーボードを打つことが多いから、文章中で挿入位置を変える際に、本文上に指を移動させ、長押しして挿入位置を移動するのが面倒だった。

それが今や、「空白」キーを長押しすることでキーボード全体がトラックパッドになり、自由自在に挿入位置(キャレット)を動かすことができるから、作業効率が多いに高まった。


トラックパッドモードを使用している様子のムービーはこちら

最後に、この機能を使い際のコツを述べておく。

僕も最初は、「空白」キーを長押ししてキーボード全体が白っぽくなったら、長押しした指を離さずに操作しなければならないと思っていた。だから、「空白」キーが右端にあるから、挿入位置を右に動かすのに苦労していた。

しかし実は、キーボード全体が白っぽくなったら、指を離しても0.5秒ほどは白っぽいままである(つまりトラックパッドモードが持続する)。だから、

 「空白」キー長押し
   ↓
 トラックパッドモードになったらキーボードの中央付近にサッと指を移動
   ↓
 挿入位置を動かす

とすれば、挿入ポイントの移動がスムーズである。

| | トラックバック (0)

2018年11月12日 (月)

6年目の iPhone 5s、ここに来て使い勝手が急向上

情報機器の更新サイクルが早くなっている昨今だから、新しもの好きであると同時にひとつのモノを長く使いたいと思っているは、新しいOS(オペレーティングシステム)の話題が出ると、使用中のパソコンやスマートフォンが最新OSから置き去りにされやしないかと心配になる。

この秋のiOS(iPhoneやiPadのOS)アップデートでは、長年使ってきた iPhone 5s が対象として残るかどうかに注目していた。

僕が期待していた小型iPhoneはなさそうだとの情報を目にしたからなおさら、iPhone 5s(小型iPhone)が最新OSでサポートされるかどうかが気がかりだった。

結果として、一部の予想に反して、iPhone 5s が最新OSでもサポートされることになり、これで1年は使い続けられると、ひと安心した。

僕としては、それだけで十分に満足だったのだが、最新のOS(iOS 12)には2つのうれしいプレゼントが付いてきた。

ひとつは、動作が軽快になったこと、もうひとつは、テキスト編集の操作性が向上する機能が使えるようになったことである。

それは、テキスト編集時に挿入ポイント(カーソルとかキャレットと呼ばれる)を自在に移動させることのできる「トラックパッド」機能である。
(記事「iOS 12では古いiPhoneでもトラックパッド機能が使えるように」も参照。)

「空白」キーや「スペース」キーを長押しすることによって、パソコンのトラックパッドでマウスを動かすように、挿入ポイントを移動できる機能であり、作業効率が20%ほど向上した。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧