オンライン授業

2020年12月29日 (火)

Microsoft Teams のオンライン授業で学生が質問しやすくなる環境の実現方法

対面授業で受講生に課題に取り組んでもらっているときなど、教室を巡回し質問のある学生に声をかけられ返答する状況を、オンライン授業で実現する方法についてである。
┏━━━━━━━━━━━━
「これは上手いやり方じゃないか!」と思いつくことはたくさんあるが、期待通りに成功することは少ない。そのような中にあって、これから述べる方法は成功例といっていいと考えている。
┗━━━━━━━━━━━━

疑問があるから、あるいは確認したいことがあるからといって、教室でみんなの前で質問するのは気後れしてしまう。
気後れする必要はないんだよと言われても、疑問の重大さと気後れの大きさを天秤にかけて、疑問を飲み込んでしまうこともあるだろう。

対面授業で教師が教室を巡回し、近くに来たときに、(近くの数人には聞こえるかもしれないが)教室中には聞こえない小声でのやりとりも重要である。
質問した当人の疑問が解消できる機会となるのはもちろん、教師として、受講生の多くが共通に抱いている疑問に気づける機会でもある。さらには、教師の説明不足や説明ミスに気づける機会でもある。

Microsoft Teams での、この状況の作り方と運用法を以下に示す。

  1. 全員へ向けた授業のためのチャネル以外に、「質問ルーム」チャネルを作成する。
  2. 受講生が課題への取り組みを開始したら、教師は「質問ルーム」に移動し“ひとり会議”を立ち上げる。
  3. 質問のある受講生は、「質問ルーム」の会議に参加する。
    ただし、次の約束を設ける:
    • 質問ルームの会議に参加する受講生は、同時には1名までとする。(誰かが会議に参加しているかどうかは参加者アイコンで確認することができる。)
    • 質問中の人がいる場合には、「質問ルーム」チャットに「次、お願いします」などと書き込む。
  4. 教師は、質問者とのやりとりを終えたら「質問ルーム」会議チャットを確認し、早い順に「いいね」を押す。
  5. 「いいね」を押された人は会議に参加する。
改善や発展の余地はあるだろうが、誰もが気後れせずに(躊躇なく)質問できる環境の基本は実現できていると思う。

【補足】ひとつずつ手順を示した書き方が分かりやすいとは限らない。さまざまなマニュアル(取扱説明書)はステップ(手順)を踏んで書かれているが、そのような書き方は、既に分かっている人の思考の整理にはなっても、まだ分からない人には理解しにくいことがあると思っている。そこで、要するに何をしているのか補足するために、「質問ルーム」に掲載している案内文を引用する。この案内文だけで、十分に利用法が伝わっているようだ。

誰かが質問中の場合(または「いいね」されていないメッセージが残っている場合)には、チャットに「次、お願いします」と書き込んでください。空き次第、書き込みに「いいね」します(「いいね」されたら会議に参加してください)。

|

2020年8月27日 (木)

Microsoft Teams:利用性が向上した点(2020年8月27日現在)

「はじめに」の後に「本題」が続きます。

【はじめに】

大学教師として、オンラインミーティングのアプリケーションZoomとTeamsを、数か月間、macOSで使った経験に基づいて比較すると、Zoomが優る。

音声およびビデオミーティングの全体的なスムーズさはもちろんだが、チャットのしやすさでもZoomが使いやすい。
チャットのしやすさというのは、Teamsでは、ミーティング(会議)でのチャットは参加者全員向けに限られるが、Zoomでは会議の主催者=ホスト=向け(他の参加者には見えない)のチャットが可能だから、他の参加者に見られる照れくささなどを感じることなく、主催者(教師など)に質問ができる。
学生が教室で質問の声をあげるのは勇気の要ることだから、学生の心の声(頭の中のハテナ「?」)を聞くことができることは有益である。

【本題】

Microsoft Teams の変更点リストにも明確には書かれていないから、いつからなのかは分からないが、この数週間で、TeamsがZoomに追いついたことがある。
それは、バーチャル背景の設定を覚えていてくれるようになったことである。
Zoomは、が使い始めた2020年4月時点で既に、バーチャル背景設定はアプリを終了しても保持されていた。
しかし、Teamsは数週間前まで、アプリを起動するたびに設定し直す必要があった(必ずバーチャル背景=Teams用語では背景効果=はナシに戻っていた)。

そのほか、最近のTeamsの改良点で僕が注目しているのは、ファイルのアップロードがフォルダー単位でも可能になったことである。
┏━━━━━━━━━━━━
 ファイルの管理に関しては、Zoomにはそもそもその機能がない。オンラインミーティングに特化したアプリとなっている。
┗━━━━━━━━━━━━
以前は、フォルダーとその中身をまとめてアップロードすることができずに、Teamsでフォルダーを作成してから、そのフォルダー内にファイルをアップロードするしかなかったが、最近は、フォルダーを指定してアップロードすることが可能になった(OneDriveの機能に近づいた)。

【補足】[2020-12-29 加筆]

一般のアプリは、アプリのアップデートによって使い勝手が変わったり、機能が向上したり追加されるものだが、Teamsは一般のアプリとは違って、アプリ本体がアップデートしないのに、いつの間にか変化している点が分かりにくい。それが疑問の余地のない改善であるならば、ユーザーに意識させないという意味でWebアプリのいい面であるのだが、それまでの使い方から突然変わってしまうと、どうしても戸惑ってしまう。Webアプリであると認識し、そのような不意をついた変化があることを踏まえるのがユーザーの心構えとして求められる。

|

2020年7月23日 (木)

macOSアプリ:Keynote:オンラインミーティングで役立つ機能が追加された

オンライン授業やオンライン会議で画面共有する際、あったらいいなと思う機能は、パソコン画面全体を共有することなくプレゼンテーションを共有できる機能であった。

この点で、Microsoft Teams には、PowerPointプレゼンテーションを共有し、共有できるだけでなく、発表者のプレゼンテーションの進行を妨げることなく参加者がスライドのページを行ったり来たりできる高い機能まで実装されている。

しかし、自らはPowerPointを使うことがなく、長年、プレゼンテーションにKeynote[*注]を使い続けているは、パソコン画面全体を共有することなくKeynoteプレゼンテーションをすることはできないと諦めていた。

[*注]macOSとiOS(iPhone、iPad)の標準プレゼンテーションアプリで、無料である。
パソコン画面全体を共有するということは、プレゼン中に他のアプリの情報を参照するなどした場合に、それもすべて共有されてしまうということであり、プレゼンがスマートじゃなくなることに加えて、見せるつもりのないことまで見えてしまうという問題がある。
念のため補足しておくと、ウインドウを共有するのとプレゼンテーションを共有するのは別物である。ウインドウを共有するということはプレゼンテーションの編集作業の画面を共有するということであり、アニメーションが再生されないことをはじめ、プレゼンテーションとは別である。
ところが、最近のアップデートで、Keynoteにうれしい機能が加わった(Keynote for Mac, version 10.1)。ズバリ、ウインドウ内でプレゼンテーションする機能である。

これがあれば、オンラインで共有する際に、Keynoteプレゼンテーションのウインドウを共有すれば、パソコン画面の他の場所が相手には見えないから、必要な情報を参照しつつ、スマートにプレゼンテーションすることができる。

これからは、Zoomでも、Teamsでも、スムーズに、スマートにプレゼンテーションの共有ができる。
【2020-10-03 追記】ところが、Zoomではウインドウ内プレゼンが期待通りに使えるのだが、残念なことに、Teamsでは使えない。インターネット検索したところ、TeamsでKeynoteのウインドウ内プレゼンが使えないという情報で溢れている。今のところ、ワークアラウンドは見つかっていない。

|

2020年6月13日 (土)

Zoom:"Enable join before host"(ホストより前の参加を有効化)設定は、スケジュールした時刻より前でも参加者のみで開始可能‥‥これは期待と異なる仕様

無料プランでZoomミーティングを利用している。無料プランだから、利用する上で40分制限を意識しなければならない。

その上で、Zoomミーティングを主催する際に、次の機能があれば嬉しいと思っている。それは、

 あらかじめミーティングを設定した開始時刻以降に限り、ホストがいなくても参加者のみでミーティングを開始できる機能

である。

もしもこの機能があったら、ホストが入室する前に、ホストに気兼ねなく会話する時間を設けられるからである。

設定項目に "Enable join before host"(ホストより前の参加を有効化)があるから、それでの望む動作が実現できるのではないかと期待して試してみた(2020年6月13日に)。

しかし、そうはならないことが分かった。
つまり、スケジュール設定してある開始時刻より前であっても、最初の参加者が入室した瞬間、会議が始まる(→ 40分のカウントダウンが開始される)。

結論。僕が望むこのような使い方をしたいなら、時間制限のない有料プランに登録する必要がある。加えて、このあたりで無料と有料の線引きをしてくれているZoomの方針は、ちょうどいいといえよう。

|