コミュニケーション

2020年12月29日 (火)

Microsoft Teams のオンライン授業で学生が質問しやすくなる環境の実現方法

対面授業で受講生に課題に取り組んでもらっているときなど、教室を巡回し質問のある学生に声をかけられ返答する状況を、オンライン授業で実現する方法についてである。
┏━━━━━━━━━━━━
「これは上手いやり方じゃないか!」と思いつくことはたくさんあるが、期待通りに成功することは少ない。そのような中にあって、これから述べる方法は成功例といっていいと考えている。
┗━━━━━━━━━━━━

疑問があるから、あるいは確認したいことがあるからといって、教室でみんなの前で質問するのは気後れしてしまう。
気後れする必要はないんだよと言われても、疑問の重大さと気後れの大きさを天秤にかけて、疑問を飲み込んでしまうこともあるだろう。

対面授業で教師が教室を巡回し、近くに来たときに、(近くの数人には聞こえるかもしれないが)教室中には聞こえない小声でのやりとりも重要である。
質問した当人の疑問が解消できる機会となるのはもちろん、教師として、受講生の多くが共通に抱いている疑問に気づける機会でもある。さらには、教師の説明不足や説明ミスに気づける機会でもある。

Microsoft Teams での、この状況の作り方と運用法を以下に示す。

  1. 全員へ向けた授業のためのチャネル以外に、「質問ルーム」チャネルを作成する。
  2. 受講生が課題への取り組みを開始したら、教師は「質問ルーム」に移動し“ひとり会議”を立ち上げる。
  3. 質問のある受講生は、「質問ルーム」の会議に参加する。
    ただし、次の約束を設ける:
    • 質問ルームの会議に参加する受講生は、同時には1名までとする。(誰かが会議に参加しているかどうかは参加者アイコンで確認することができる。)
    • 質問中の人がいる場合には、「質問ルーム」チャットに「次、お願いします」などと書き込む。
  4. 教師は、質問者とのやりとりを終えたら「質問ルーム」会議チャットを確認し、早い順に「いいね」を押す。
  5. 「いいね」を押された人は会議に参加する。
改善や発展の余地はあるだろうが、誰もが気後れせずに(躊躇なく)質問できる環境の基本は実現できていると思う。

【補足】ひとつずつ手順を示した書き方が分かりやすいとは限らない。さまざまなマニュアル(取扱説明書)はステップ(手順)を踏んで書かれているが、そのような書き方は、既に分かっている人の思考の整理にはなっても、まだ分からない人には理解しにくいことがあると思っている。そこで、要するに何をしているのか補足するために、「質問ルーム」に掲載している案内文を引用する。この案内文だけで、十分に利用法が伝わっているようだ。

誰かが質問中の場合(または「いいね」されていないメッセージが残っている場合)には、チャットに「次、お願いします」と書き込んでください。空き次第、書き込みに「いいね」します(「いいね」されたら会議に参加してください)。

|

2020年8月20日 (木)

「風呂離脱=フロリダ」ならば「トイレ離脱」は?

この変化の早い時代に、2ヶ月前の話題が今も賞味期限内なのかどうか不安だが、6月にテレビで、グループチャット(オンラインミーティング?)の際に若者が使う略語が紹介されていた。

それが「フロリダ」(お風呂に入るので離脱しま〜す)である。

ならば、と、考えてみた。

トイレのための一時離脱を指す、言いやすくて面白めのことばはないかと。

の案を、その出来映えはさておいて列挙すると以下の通りとなる。

「ベンリ」:便所離脱
「チョビン」:ちょっと便所(「便」を「ビン」と読んで)
「チョットイー」:ちょっとトイレ
「トレシー」:トイレ、ちょっと(C)

以上。

|

2020年6月13日 (土)

用語「ソーシャルディスタンス」の不可解

ウイルス感染の連鎖を防止する対策として、ソーシャルディスタンス(=ソーシャルな距離=社会的な距離)ということばが急速に普及し、もはや定着した感がある。

しかし、「社会的な距離」と呼んでしまうと、社会的なつながりとしての隔たりの程度や、心理的な距離(言い換えれば親近感の度合い)の意味合いが強くなってしまう。

そもそも、現在の日本で奨励されているソーシャルディスタンスの単位がメートルであることからしても、「物理的な距離」と呼ぶべきではないだろうか。

※ さらに踏み込んだ解説は、たとえば、「新型コロナ感染症における対策としての “social distancing”」を参照。

[キーワード] ソーシャルディスタンシング、ソーシャルネットワーク、物理的距離、単位、メートル
[keywords] social distancing, social networking, physical distance, unit, meter

|

2020年4月22日 (水)

macOS:キーボードだけで「おやすみモード」のON、OFFを切り替える方法

ビデオ会議をする機会が急に増え、これまでのパソコン利用に際しては必要を感じなかった機能を使い始めた。

それは「おやすみモード」である。
(活動中に「おやすみ」というのは変な感じがするが、ここでは深入りせず、英語版では Do Not Disturb と表現されていることに触れるだけにする。)

さて、以下に、の目的意識と、対応策、そして実現方法を述べる。

【目的意識】
 スマートフォンでは頻繁に活用している「おやすみモード」だが、パソコンではまったく利用していなかった。
 しかし、ビデオ会議でパソコンの音声をONにしていると、メールの着信通知音が鳴るなどして、邪魔になるため、会議が始まったら「おやすみモード」をONにしたい。
 (通知音は大した邪魔ではないかもしれないが、状況に応じた表現の使い分けや切り分けを強く意識している僕は、ビデオ会議中に通知音を鳴らしたくない。)
  ↓
 そこで、「おやすみモード」のONとOFFをすぐに切り替えられるようにしたい。

【対応策】
 キーボードショートカットで「おやすみモード」のONとOFF切り替えられるようにする。

【設定方法】
 macOSのシステム環境設定で [キーボード] > [ショートカット] > [Mission Control] で「おやすみモードの入/切」にキーボードショートカットを割り当てる。

[2020-04-23 追記]
● macOS Catalina (10.15.4) を使用。
●「おやすみモード」がONであるのかOFFであるのかは、メニューバー右端(ディスプレイの右上)の
 ・—— の三本線(音で表現すれば、トンツー トンツー トンツー)の黒さで判定できる。
 黒であればON、グレーであればOFFである。

|

2019年8月 3日 (土)

【あったらいいもの】老人の気持ちを理解するためのAI

AI(artificial intelligence = 人工知能)の適用対象には疑問に感じるものもあるが、こんなAIがあれば、人の人生の背景が理解できて、引いてはその人を理解できるようになるだろうと思う適用方法のアイデアがある。

「人は、年齢によらず、理解できないのが当たり前」というのが根本にある。

ある程度の年齢までは、あるいは特別に関与する必要が生じるまでは、「それぞれの人生、それぞれの時間」があるから、つまり、ときどき関与すればいいから、誰かのことが理解できなくても、自分のことに忙しいから、適度に忘れさせてくれるから、ストレスにもならずに済む。
それが、ある程度以上の年齢になると、理解できないことが考えの多くの部分を占めるようになる。

認知症の老人の行動には理由があるという。
やさしさや、誰かのためを思っての行動が「多少、形を変えただけ」ということがあるのだという。

同様に、わけの分からないことを言っている、あるいは、わけの分からない歌を口ずさんでいると思える場合でも、きっとそれは、聞いている人には分からなくても、その人にとっては思い出深い、あるいは懐かしい言い回しや歌の一部なのだと思う。

一見あるいは一聞したところ脈絡のない言動も、分かってみれば理解可能であることも多いだろう。

こう考えると、育った時代や、その人が若い頃に流行ったこと、大人になって過ごした環境を理解することは、その人を理解するのに不可欠であるにもかかわらず、それが難しいから、理解できるはずがないから、諦められているのではないだろうか。

だとしたら、それをAIで支援するのはどうだろう。

AIなら、無尽蔵ともいえる知識(ビッグデータ)を活用できるから、「たわごと」や、「バカげた歌」、あるいは「気持ち悪いフレーズ」を、その人が生きてきた人生の思い出だと判定してくれるだろう。
さもなければただの「変な人」となるところを、そうではなく、「理由のある発言をする人」だと理解することができるだろう。
そうすれば、その人が、やさしく対応してもらえる可能性が高まるのではないだろうか。引いては、その人は幸せな時間を過ごすことができるのではないだろうか。

|

2019年7月21日 (日)

電車の車内アナウンスの声の調子への要望と、速やかな反映

JRに女性の車掌さんが登場して久しい(10年くらい?)。

が最初に女性の車掌さんを目にし、アナウンスを耳にしたのはJR東日本「山手線」であったと記憶している。

その当時は、男性の職種に女性が進出したという新規な感覚があったが、今では、当たり前の光景となった。
僕は日常的に利用しているわけではないので、時折利用する者としての漠然とした認識だが、山手線の車掌さんの人数に男性と女性の差がないのではないだろうか?

さて、このように現在では、「女性の」と付けるまでもないほど自然な女性車掌さんだが、当初はアナウンスに違和感を覚えた。
その違和感は、男性の声が女性の声に変わったということではなく、現在でも日本社会の各方面で活躍する女性専任のアナウンスの影響を大きく引きずっていたからである。

文章だけで表現するのが難しいが、デパートの館内放送をイメージしてもらうのがいいと思う。
句読点のたびに(=言葉の句切りごとに)、のどを大きく振動させるような話し方である。

何十年もの間、そのようなアナウンスを耳にしてきた者として、デパートなどの館内放送では特に気になることはなかったが、それと同様の話し方で電車の車内アナウンスを聞いたときには、おおいに違和感を覚えた。
その話し方は電車の車内アナウンスにはそぐわないと感じた。

そのように感じていたのは僕だけではなかったようで、恐らく要望(フィードバックあるいはクレーム)があったのだろう、数か月後には、山手線では、そのような話し方の車掌さんはいなくなった。

山手線で車掌さんが男性だけだった時代が過去の記憶となった現在、JR東日本のローカル線の特急でも女性の車掌さんを見るようになった。
そして、アナウンスを聞くようになった。

残念ながら、歴史は繰り返された。
山手線で初期の女性車掌さんの話し方のアナウンスをする方が気になって落ち着かなかった。

建設的フィードバッカー[註*]を自認する僕は、Webから投書した。

[註*]これまで、「建設的クレーマー」という表現を用いてきたが、今回、試みにこのことば(feedback + er = feedbacker)を使ってみた。思いつきで書いたことばであって、手元の辞書には載っていないから、僕の勝手な造語かと思ったが、Web検索してみたところ、少数派ではあるが、これと同じ意味の解説もある。

投書から2週間後に、同じ(と思われる)車掌さんが担当する特急列車に乗ったところ、聞きやすいアナウンスに変わっていた。
意識して話し方を調整している感じがして、負担をかけてしまい申し訳ない気持ちも湧いたが、ローカル線でも、男女の区別なく「車掌さん」として溶け込む先導者になっていただきたいと思う。

|

2019年7月15日 (月)

エスカレーターの乗り方:「片側立ち」対「両側立ち」

【関連する話題】
┏━━━━━━━━━━━━
ノオト:自動車運転中に、信号機のない横断歩道の手前で停止するのはマナーではなく、ルール」で紹介したルールを、は、極力、守るようにしている。

それがルール(法律)だからというだけでなく、マナーとしてもいいことだと考えているからである。歩行者優先の態度として実行すべきだと思っているからである。
(僕が徹底的な歩行者優先に触れた例としては、「ノオト:日本とバンクーバー(カナダ)の対比」を参照してください。)

これは僕の個人的な取り組みではあるが、他の車との関係抜きには実施できない。

横断歩道手前で一時停止したらクラクションを鳴らされる、というのはまだいいとして、もしもその状況で僕の後ろの車がイライラして、停止している僕を追い抜いていったりしたら、事故に結びつきかねない。

だから、主義を貫くのも時と場合を考えなければならないことを大いに踏まえつつ、横断歩道手前の一時停止を実行している。
┗━━━━━━━━━━━━

【本題】
┏━━━━━━━━━━━━
Escalator2lines横断歩道手前の一時停止よりもはるかに困難な行動は、エスカレーターの2列乗りである。
(現在、エスカレーターの乗り方の基本は、歩かない人が片側に立ち、もう一方は、歩いて昇りたい人のために空けておくという乗り方である。)

僕も長年、エスカレーターは2列乗りの方がいいと信じていることに加え、鉄道会社などから出されているメッセージが僕の行動を後押ししてくれるはずなのに、歩きたい人のために空けられている側に立ち止まって乗ることは、横断歩道手前の一時停止の50倍は難しい。

写真[クリックで拡大]のように、鉄道会社を挙げたメッセージが出されているにもかかわらず、人々から受ける暗黙のプレッシャーは強大だからである。

ここで、もしもエスカレーターの2列乗りが普及したとして、僕の考える最適な乗り方を述べておきたい。

それは、「輸送量」と「パーソナルスペース」と「安全」を考え合わせた、「1段にひとりずつ、左右交互に立つ」である。
前後には1段の空きがあるが、左右には誰もいない、ジグザグな乗り方である。
ここでは「安全」についてのみコメントしておく。
もしも前後を空けずに乗ると、降り口で誰かが何らかの理由で歩行が滞った場合に、後ろの人たちが詰まってしまい、将棋倒しになるなどして危険だからである。
前後に1段の空きがあれば、そのような事態でも事故を回避できる可能性が高まる。

〈参考〉僕の考えとは異なる部分もありますが、次の記事を紹介しておきます。
 日経電子版・NIKKEI STYLE「エスカレーター、なぜ両側立ちは普及しないのか?
┗━━━━━━━━━━━━

|

2019年7月13日 (土)

「フツーに」の意味は、「そうじゃなくて」か?

大学生の会話を耳にした。

(帰りを急いでいる友だちに向かって)「バイト?」
「いや、 フツーに用事」

これを聞いて、は心の声で突っ込んだ。
「バイト」の方が普通で、用事がある方が特別だろうと。

だから、

(帰りを急いでいる友だちに向かって)「用事?」
「いや、 フツーにバイト」

というやりとりもありえると思った。

となると、そのやりとりは、「きょうに限って△△というわけではなく、いつも通り普通に○○」という意味ではなさそうだ。

恐らく、この「フツーに」は、「そうじゃないんだ○○なんだ」というための「そうじゃないんだ」、つまり「そうじゃなくて」という意味なのだろう。

問いかけに答える側の心理は、「別に、特別な何かがあるからみんなと一緒の行動をしないんじゃなくて、自分としては何ら特別なことではなくて普通のことなんだけど、用事があるから先に帰らせてもらうね。」ということなのだろう。

|

【あったらいいもの】スローなメールアプリ

メール送信操作をしても、一定時間は実際には送信しないアプリ、あるいは、メールアプリの設定オプションがあったらいいと思う。

人は、何か行動する前に十分確認しても問題に気づかず、行動を実行した途端に問題に気づくことがある。

メール送信操作をした途端に添付ファイルを付け忘れていたことに気づくことは、その例のひとつである。

以前(10〜20年前?)は、メールを送信しても相手が読むまでは取り消しが可能なサービスが(@niftyなどで)提供されていたが、現在ではそのようなサービスはなさそうである。

この、一定時間は実際には送信しないメールアプリのアイデアは、書籍「スローネット」(通販サイトAmazonへのリンクはこちら)で述べられている著者の考えに一部影響されたアイデアであるとともに、書籍「時間術大全 人生が本当に変わる87の時間ワザ」(通販サイトAmazonへのリンクはこちら)で触れられている観点でもある。

|

2019年7月 2日 (火)

JR常磐線特急:車内の詳しすぎる英語アナウンス

過ぎたるは及ばざるがごとしというように、仮に正確さが犠牲になり、厳密にいえば間違いや嘘になるかもしれないが、ほどほどの方が分かりやすいことが多々ある。

ノオト:【抜け道を探す楽しみ】「タッチしてください」でも、タッチせずにすませてみる》で述べたことも、この発想に通じると思う。

さて、これはJRに限ったことではなく、また、常磐線に限った話しでもないとは思うが、例として、がよく利用するJR常磐線特急の車内の英語アナウンスについて述べたい。

結論を言えば、正確で詳しすぎて、恐らく日本に馴染みのない外国人には聞き流されているのではないかと=スルーされているのではないかと=思うことがある。

それは、水戸駅の手前で流れる車内アナウンスでの、乗り換えの案内に出てくる "Kashima-Rinkai-Tetsudo Oarai-Kashima Line" である。
日本語での名称「鹿島臨海鉄道大洗鹿島線(かしまりんかいてつどうおおあらいかしません)」を忠実に英訳(?)したものであるが、詳しすぎて分かりにくいと思う。
"Kashima Line" くらいで十分ではないだろうか。

水戸駅の隣の勝田駅の手前でも、 "Kashima-Rinkai-Tetsudo Oarai-Kashima Line" には及ばないものの、なかなかに詳しすぎるアナウンスがある。
”Hitachinaka-Kaihin-Tetsudo Minato Line" である。
日本語では「ひたちなか海浜鉄道湊線(ひたちなかかいひんてつどうみなとせん)」である。
これも、"Minato Line" くらいで十分ではないだろうか。

日本語の分かる人であっても、「かしまりんかいてつどうおおあらいかしません」や「ひたちなかかいひんてつどうみなとせん」は、馴染みのない人には無用に長いと思うから、日本語が分からず英語で聞き取る必要のある人にとってはなおさら、詳しすぎて用を為していないのではないかと危惧している。

|