工夫

2020年12月29日 (火)

Microsoft Teams のオンライン授業で学生が質問しやすくなる環境の実現方法

対面授業で受講生に課題に取り組んでもらっているときなど、教室を巡回し質問のある学生に声をかけられ返答する状況を、オンライン授業で実現する方法についてである。
┏━━━━━━━━━━━━
「これは上手いやり方じゃないか!」と思いつくことはたくさんあるが、期待通りに成功することは少ない。そのような中にあって、これから述べる方法は成功例といっていいと考えている。
┗━━━━━━━━━━━━

疑問があるから、あるいは確認したいことがあるからといって、教室でみんなの前で質問するのは気後れしてしまう。
気後れする必要はないんだよと言われても、疑問の重大さと気後れの大きさを天秤にかけて、疑問を飲み込んでしまうこともあるだろう。

対面授業で教師が教室を巡回し、近くに来たときに、(近くの数人には聞こえるかもしれないが)教室中には聞こえない小声でのやりとりも重要である。
質問した当人の疑問が解消できる機会となるのはもちろん、教師として、受講生の多くが共通に抱いている疑問に気づける機会でもある。さらには、教師の説明不足や説明ミスに気づける機会でもある。

Microsoft Teams での、この状況の作り方と運用法を以下に示す。

  1. 全員へ向けた授業のためのチャネル以外に、「質問ルーム」チャネルを作成する。
  2. 受講生が課題への取り組みを開始したら、教師は「質問ルーム」に移動し“ひとり会議”を立ち上げる。
  3. 質問のある受講生は、「質問ルーム」の会議に参加する。
    ただし、次の約束を設ける:
    • 質問ルームの会議に参加する受講生は、同時には1名までとする。(誰かが会議に参加しているかどうかは参加者アイコンで確認することができる。)
    • 質問中の人がいる場合には、「質問ルーム」チャットに「次、お願いします」などと書き込む。
  4. 教師は、質問者とのやりとりを終えたら「質問ルーム」会議チャットを確認し、早い順に「いいね」を押す。
  5. 「いいね」を押された人は会議に参加する。
改善や発展の余地はあるだろうが、誰もが気後れせずに(躊躇なく)質問できる環境の基本は実現できていると思う。

【補足】ひとつずつ手順を示した書き方が分かりやすいとは限らない。さまざまなマニュアル(取扱説明書)はステップ(手順)を踏んで書かれているが、そのような書き方は、既に分かっている人の思考の整理にはなっても、まだ分からない人には理解しにくいことがあると思っている。そこで、要するに何をしているのか補足するために、「質問ルーム」に掲載している案内文を引用する。この案内文だけで、十分に利用法が伝わっているようだ。

誰かが質問中の場合(または「いいね」されていないメッセージが残っている場合)には、チャットに「次、お願いします」と書き込んでください。空き次第、書き込みに「いいね」します(「いいね」されたら会議に参加してください)。

|

2019年2月15日 (金)

【工作】メモ帳ホルダー

が愛用しているメモ帳は、たてにめくるタイプの、小型のメモ帳(横7.5cm、たて11.5cmほどのもの)である。

電子デバイスを使いこなしていると自負している僕だが、紙の手帳の方が使いやすい場面があるため、紙のメモ帳も手放せない。

メモ帳を使う上で不便を感じていた。
それは、ポケットのある服を着て、メモ帳をポケットに入れ、ペンを差しておけるときには、メモ帳とペンをサッと取り出してメモできるからいいのだが、ポケットがない服の場合に、メモ帳とペンをカバンに入れておくときのまとまりの悪さである。

カバンから、メモ帳とペンをまとめて取り出したい。
そのためには、ペンをメモ帳に付けておきたい。
しかし、たてにめくるタイプのメモ帳にペンを付けておいても、そもそも収まりよくペンを付けることができず、さらには、カバンの中でペンが外れてしまったりして使いにくい。

文具店のみならず100円ショップでも扱いがあるペンクリップの利用を考えたが、たてにめくるタイプのメモ帳に合うものが見あたらない。

そこで、自分で作ることにした。

素材の適切さなど、まだ十分に満足できていないが、ともかくも実用に耐えうるものができたので、写真で紹介したい。
素材は、100円ショップで購入した、1袋10枚入りのクリアファイルと、両面テープである。

Notepadholder1

Notepadholder2

Notepadholder3

Notepadholder4

Notepadholder5

Notepadholder6

Notepadholder7

| | トラックバック (0)

2017年4月10日 (月)

Big curly brackets that look nice for grouped items in Keynote.app (Keynote.appで見栄えのいい中括弧を使う方法)

※日本語訳は下方

Bracketsparentheses

It's easy to insert a big curly bracket "{" to group items when you are using Microsoft PowerPoint since it is there as Shapes. Unfortunately, there is no such Shapes in Apple's Keynote.app. Until years ago, I used to draw a custom path with a pen ("Draw with Pen") to be used as a big curly bracket. But after I found out fonts with which curly brackets look nice even if I set the font size as large as two to three hundred points. Nice fonts are "American Typewriter (light)", "Didot (regular)", "Helvetica Neue (Ultra light)", and "Hiragino Sans (W0)". Click above thumbnail to see examples.

【日本語訳】
複数の項目を中括弧 "{" でまとめた形で表現したい場合、Microsoftパワーポイントなら、大きな中括弧が挿入可能図形として元々用意されているから問題ない。

しかしAppleのKeynote.appには残念ながらそのような図形が用意されていない。

そのため、しばらく前までは、自由曲線を描く「ペンで描画」機能で中括弧を描いていた。

しかしその後、あるフォントを使えば、見栄えのいい(線の太すぎない)大きな中括弧を使うことができると知ったので、この方法を用いている。

見栄えのいいフォントとは "American Typewriter (ライト)"、"Didot (レギュラー)"、"Helvetica Neue (ウルトラ・ライト)"、"ヒラギノ角ゴシック (W0)" である。[例を見るためには上の画像をクリックしてください]

| | トラックバック (0)