« (続)英語のカタカナ表記の問題(疑問) | トップページ | Microsoft Teams のオンライン授業で学生が質問しやすくなる環境の実現方法 »

2020年12月29日 (火)

MacでmacOSを使うと同時に、アプリケーションとしてWindowsマシンを実現するためのソフトウェア(VMware Fusion)が無償化

Mac歴30年のは、(このノオトにもたびたび書いているように)Macにこだわっているのではなく、Macが使いやすいから使っている。

しかし、組織としての標準パソコンはWindowsの場合がほとんど(99.9%以上?)だから、対内か対外かを問わず、文書のやりとりには Microsoft Word を用いざるを得ない状況となることが多々ある。

内容が伝われば十分であるなら、(僕がMac上で愛用している)Microsoft Office 互換ソフトウェア「LibreOffice」でよいのだが、フォーマットを合わせることが求められると、そうは行かない。

Mac版の Microsoft Office を使うという選択肢もあるが、Windows版と完全に同じフォーマットが実現できるか心配するよりは、Windowsパソコン(を完全再現するソフトウェア)でWindows版の Microsoft Office を使う方がストレートである。それに、Windowsパソコン(を完全再現するソフトウェア)が手元にあれば、Windowsの人にとってのWebページの見え方を確認するなど、重宝する。

新しいパソコンを用意することなく、MacでmacOS用のアプリケーション(ソフトウェア)を使うのと並行して、Windowsパソコン(を完全再現した環境)を実現するソフトウェアが VMware Fusion である。

このようにして実現した仮想的なパソコン(今の話の場合にはWindowsパソコン)を仮想マシンという。
仮想マシンを実現するソフトウェアとして、僕は当初、Parallelsを使っていたが、VMware Fusion に乗り換えて10年くらい(?)が経つ。

VMware Fusion 自体の機能改善によるアップデートや、macOSがアップデートすることにより MVware Fusion を更新する必要に迫られたアップデートなどで、平均すると毎年1回は有償アップデートを行なってきたと思う。

今年も有償アップデートが必要な状況となったのだが、なんと嬉しいことに、VMware Fusion が、個人利用に関して無償化したのだ。

最初にこのニュースを見たとき、無償化されたのは、僕自身が長年使ってきた VMware Fusion の機能制限版のように思えた。ソフトウェア名が VMware Fusion Player であり、この「Player」に、機能制限版をイメージさせられた。

結論として、僕の使い方(=MacにWindowsパソコンを実現する)には、このPlayerでまったく問題ないことが分かった。

注意 Windows OS の使用権を持っている必要があります(Windowsの単体購入など)。ただし、組織がマイクロソフトと包括ライセンス契約をしているなら、Macに Windows OS を無償でインストールすることが可能な場合があります。

|

« (続)英語のカタカナ表記の問題(疑問) | トップページ | Microsoft Teams のオンライン授業で学生が質問しやすくなる環境の実現方法 »

コンピューター」カテゴリの記事

MacとWindows」カテゴリの記事