« 2020年11月 | トップページ

2020年12月

2020年12月29日 (火)

Microsoft Teams のオンライン授業で学生が質問しやすくなる環境の実現方法

対面授業で受講生に課題に取り組んでもらっているときなど、教室を巡回し質問のある学生に声をかけられ返答する状況を、オンライン授業で実現する方法についてである。
┏━━━━━━━━━━━━
「これは上手いやり方じゃないか!」と思いつくことはたくさんあるが、期待通りに成功することは少ない。そのような中にあって、これから述べる方法は成功例といっていいと考えている。
┗━━━━━━━━━━━━

疑問があるから、あるいは確認したいことがあるからといって、教室でみんなの前で質問するのは気後れしてしまう。
気後れする必要はないんだよと言われても、疑問の重大さと気後れの大きさを天秤にかけて、疑問を飲み込んでしまうこともあるだろう。

対面授業で教師が教室を巡回し、近くに来たときに、(近くの数人には聞こえるかもしれないが)教室中には聞こえない小声でのやりとりも重要である。
質問した当人の疑問が解消できる機会となるのはもちろん、教師として、受講生の多くが共通に抱いている疑問に気づける機会でもある。さらには、教師の説明不足や説明ミスに気づける機会でもある。

Microsoft Teams での、この状況の作り方と運用法を以下に示す。

  1. 全員へ向けた授業のためのチャネル以外に、「質問ルーム」チャネルを作成する。
  2. 受講生が課題への取り組みを開始したら、教師は「質問ルーム」に移動し“ひとり会議”を立ち上げる。
  3. 質問のある受講生は、「質問ルーム」の会議に参加する。
    ただし、次の約束を設ける:
    • 質問ルームの会議に参加する受講生は、同時には1名までとする。(誰かが会議に参加しているかどうかは参加者アイコンで確認することができる。)
    • 質問中の人がいる場合には、「質問ルーム」チャットに「次、お願いします」などと書き込む。
  4. 教師は、質問者とのやりとりを終えたら「質問ルーム」会議チャットを確認し、早い順に「いいね」を押す。
  5. 「いいね」を押された人は会議に参加する。
改善や発展の余地はあるだろうが、誰もが気後れせずに(躊躇なく)質問できる環境の基本は実現できていると思う。

【補足】ひとつずつ手順を示した書き方が分かりやすいとは限らない。さまざまなマニュアル(取扱説明書)はステップ(手順)を踏んで書かれているが、そのような書き方は、既に分かっている人の思考の整理にはなっても、まだ分からない人には理解しにくいことがあると思っている。そこで、要するに何をしているのか補足するために、「質問ルーム」に掲載している案内文を引用する。この案内文だけで、十分に利用法が伝わっているようだ。

誰かが質問中の場合(または「いいね」されていないメッセージが残っている場合)には、チャットに「次、お願いします」と書き込んでください。空き次第、書き込みに「いいね」します(「いいね」されたら会議に参加してください)。

|

MacでmacOSを使うと同時に、アプリケーションとしてWindowsマシンを実現するためのソフトウェア(VMware Fusion)が無償化

Mac歴30年のは、(このノオトにもたびたび書いているように)Macにこだわっているのではなく、Macが使いやすいから使っている。

しかし、組織としての標準パソコンはWindowsの場合がほとんど(99.9%以上?)だから、対内か対外かを問わず、文書のやりとりには Microsoft Word を用いざるを得ない状況となることが多々ある。

内容が伝われば十分であるなら、(僕がMac上で愛用している)Microsoft Office 互換ソフトウェア「LibreOffice」でよいのだが、フォーマットを合わせることが求められると、そうは行かない。

Mac版の Microsoft Office を使うという選択肢もあるが、Windows版と完全に同じフォーマットが実現できるか心配するよりは、Windowsパソコン(を完全再現するソフトウェア)でWindows版の Microsoft Office を使う方がストレートである。それに、Windowsパソコン(を完全再現するソフトウェア)が手元にあれば、Windowsの人にとってのWebページの見え方を確認するなど、重宝する。

新しいパソコンを用意することなく、MacでmacOS用のアプリケーション(ソフトウェア)を使うのと並行して、Windowsパソコン(を完全再現した環境)を実現するソフトウェアが VMware Fusion である。

このようにして実現した仮想的なパソコン(今の話の場合にはWindowsパソコン)を仮想マシンという。
仮想マシンを実現するソフトウェアとして、僕は当初、Parallelsを使っていたが、VMware Fusion に乗り換えて10年くらい(?)が経つ。

VMware Fusion 自体の機能改善によるアップデートや、macOSがアップデートすることにより MVware Fusion を更新する必要に迫られたアップデートなどで、平均すると毎年1回は有償アップデートを行なってきたと思う。

今年も有償アップデートが必要な状況となったのだが、なんと嬉しいことに、VMware Fusion が、個人利用に関して無償化したのだ。

最初にこのニュースを見たとき、無償化されたのは、僕自身が長年使ってきた VMware Fusion の機能制限版のように思えた。ソフトウェア名が VMware Fusion Player であり、この「Player」に、機能制限版をイメージさせられた。

結論として、僕の使い方(=MacにWindowsパソコンを実現する)には、このPlayerでまったく問題ないことが分かった。

注意 Windows OS の使用権を持っている必要があります(Windowsの単体購入など)。ただし、組織がマイクロソフトと包括ライセンス契約をしているなら、Macに Windows OS を無償でインストールすることが可能な場合があります。

|

« 2020年11月 | トップページ