« 文鳥はリテラチャーバード? | トップページ | MacでmacOSを使うと同時に、アプリケーションとしてWindowsマシンを実現するためのソフトウェア(VMware Fusion)が無償化 »

2020年11月24日 (火)

(続)英語のカタカナ表記の問題(疑問)

ノオト「英語のカタカナ表記の問題(疑問)」では、「シュミレーション」を認めてもいいのではないかと述べた。

現在のところ日本語の正しい表記とされている「シミュレーション」と比べて、英語 simulation の発音への忠実さでいえば問題のある標記である「シュミレーション」に市民権を与えてもいいのではないかと述べた。

ここでは一歩進めて、「シムレーション」を提案したい。

これなら、耳で聞いたときには simulation に近いことに加えて、日本語として発音しやすく、手書きでも、ワープロ打ちでも書きやすいと思うからである。

加えて、同様に、「コミュニケーション」を「コムニケーション」と書き換え、言い換えるのもいいと思う。

|

« 文鳥はリテラチャーバード? | トップページ | MacでmacOSを使うと同時に、アプリケーションとしてWindowsマシンを実現するためのソフトウェア(VMware Fusion)が無償化 »

ことば」カテゴリの記事

変化」カテゴリの記事

気づき」カテゴリの記事