« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月

2020年8月27日 (木)

Microsoft Teams:利用性が向上した点(2020年8月27日現在)

「はじめに」の後に「本題」が続きます。

【はじめに】

大学教師として、オンラインミーティングのアプリケーションZoomとTeamsを、数か月間、macOSで使った経験に基づいて比較すると、Zoomが優る。

音声およびビデオミーティングの全体的なスムーズさはもちろんだが、チャットのしやすさでもZoomが使いやすい。
チャットのしやすさというのは、Teamsでは、ミーティング(会議)でのチャットは参加者全員向けに限られるが、Zoomでは会議の主催者=ホスト=向け(他の参加者には見えない)のチャットが可能だから、他の参加者に見られる照れくささなどを感じることなく、主催者(教師など)に質問ができる。
学生が教室で質問の声をあげるのは勇気の要ることだから、学生の心の声(頭の中のハテナ「?」)を聞くことができることは有益である。

【本題】

Microsoft Teams の変更点リストにも明確には書かれていないから、いつからなのかは分からないが、この数週間で、TeamsがZoomに追いついたことがある。
それは、バーチャル背景の設定を覚えていてくれるようになったことである。
Zoomは、が使い始めた2020年4月時点で既に、バーチャル背景設定はアプリを終了しても保持されていた。
しかし、Teamsは数週間前まで、アプリを起動するたびに設定し直す必要があった(必ずバーチャル背景=Teams用語では背景効果=はナシに戻っていた)。

そのほか、最近のTeamsの改良点で僕が注目しているのは、ファイルのアップロードがフォルダー単位でも可能になったことである。
┏━━━━━━━━━━━━
 ファイルの管理に関しては、Zoomにはそもそもその機能がない。オンラインミーティングに特化したアプリとなっている。
┗━━━━━━━━━━━━
以前は、フォルダーとその中身をまとめてアップロードすることができずに、Teamsでフォルダーを作成してから、そのフォルダー内にファイルをアップロードするしかなかったが、最近は、フォルダーを指定してアップロードすることが可能になった(OneDriveの機能に近づいた)。

【補足】[2020-12-29 加筆]

一般のアプリは、アプリのアップデートによって使い勝手が変わったり、機能が向上したり追加されるものだが、Teamsは一般のアプリとは違って、アプリ本体がアップデートしないのに、いつの間にか変化している点が分かりにくい。それが疑問の余地のない改善であるならば、ユーザーに意識させないという意味でWebアプリのいい面であるのだが、それまでの使い方から突然変わってしまうと、どうしても戸惑ってしまう。Webアプリであると認識し、そのような不意をついた変化があることを踏まえるのがユーザーの心構えとして求められる。

|

2020年8月26日 (水)

macOS:キーボードだけでメニューを選択

Command
【背景】

Windowsでは、ほとんどの操作がマウスを使わずにキーボードだけで完結する。

この点では、Mac愛用者で、総合的には現在でもMacを愛好しているも、Windowsの優位を認めざるを得ない。
┏━━━━━━━━━━━━
詳しくは、たとえば「ショートカットのすすめ」を参照。
┗━━━━━━━━━━━━

なぜなら、僕は、コンピューターの操作をできる限りキーボードで完結させたいと思っている「CUI世代」だからである。
┏━━━━━━━━━━━━
CUIは Character User Interface(文字を使った操作)であり、現在のパソコンやスマートフォンでは、ないに等しいと言っていい。現在のパソコンやスマートフォンの操作は Graphical User Interface(視覚的に直感化された操作)である。
┗━━━━━━━━━━━━

つまり、パソコンにマウスがなかった世代、キーボードで文字を打つことでしかパソコン操作ができなかった時代にパソコンを使い始めた世代だからである。

【本題】

さて、本題である。このように、キーボードショートカット(キーボードだけでの操作)ではWindowsに及ばないMacではあるが、上述のような僕だから、Macで利用可能なキーボードショートカットは最大限に活用している。

その例が、Command+? である。
┏━━━━━━━━━━━━
「?」を打つためにはShiftキーを押しながら「/」を打つ必要があるから、このことは「Shift+Command+/」と表わすこともできる。
┗━━━━━━━━━━━━

Macでどのようなアプリを使っている場合でも、Commandキー(⌘)を押しながらクエスチョンマーク(?)を打つと、文字入力のための小窓が現われる。
そこに文字を入力すれば、その文字を含むメニュー項目が表示され、その表示を選べば、マウスで選んだのと同じことになる。
特に、どのメニューのどのあたりにあるのか分からない、あるいは探すのが面倒なときには、メニュー項目に直接アクセスできるので便利である。

上の画像[クリックで拡大]は、メールアプリで、自分で作成してあった「登録情報」メールフォルダーへの移動やコピーが選択できる例である。
┏━━━━━━━━━━━━
もちろん、マウスでメニューを探せば、同じ命令を実行することができる。
┗━━━━━━━━━━━━

【補足】

このようなだから、Macのキーボードショートカットの乏しさに耐えられず、かれこれ20年以上(?)、Macにさまざまなキーボードショートカットを設定できるアプリ "Keyboard Maestro" を愛用している。

|

2020年8月20日 (木)

英語のカタカナ表記の問題(疑問)

日本語を知らないアメリカ人には、「ディズニーランド」よりも「デズニーランド」の方が自然に聞こえるに違いない(と思っている)。

極端な場合、「ディズニーランド」では通じないかもしれない(と思っている)。

"digital" を「ディジタル」と言う人や言う場合もあるが、「デジタル」と言ったり書いたりするのが普通である。
それは、「デジタル」の方が日本人には発音しやすいからに違いない。
字数も少なく、発音しやすく、実は英語の発音にも近い「デジタル」が普及したのはいいことである。

参考までに、英語の辞書の発音記号では、"digital" の "di" と "Disney" の "Di" は同じである。
(もっとも、「ディズニーランド」の「ディ」は商標としての表記だから、発音しやすさとは別の次元の話ではある。)

さて、ここからは「シミュレーション」についてである。

は生真面目で几帳面だ(った)から、"simulation" を「シュミレーション」と言ったり書いたりするのはおかしいという恩師のことばを素直に聞き入れ、ずっと長い間(40年?)、深く考えることなくそうあるべきだと思っていた(正確には思考を止めていた)。

しかし近年、上述の「デズニー」「デジタル」問題を発展させる形で、「シュミレーション」復権を考えるようになってきた。

職業を表わす「キャリア」は、英語 "career" の発音に忠実にかけば「カリア」である。
それが「キャリア」でいいなら、わざわざ日本語としては発音しにくい「シミュレーション」にこだわらず、誰もが自然に発音する「シュミレーション」に市民権を与えてもいいのではないかと思うようになった。

「新しい」は、元来は「あらたしい」だったのが、次第に言い間違いの「あたらしい」が市民権を得たように、そろそろ「シュミレーション」でもOKとすべきではないかと思う。

|

英語のカタカナ表記の問題(疑問)

日本語を知らないアメリカ人には、「ディズニーランド」よりも「デズニーランド」の方が自然に聞こえるに違いない(と思っている)。

極端な場合、「ディズニーランド」では通じないかもしれない(と思っている)。

"digital" を「ディジタル」と言う人や言う場合もあるが、「デジタル」と言ったり書いたりするのが普通である。
それは、「デジタル」の方が日本人には発音しやすいからに違いない。
字数も少なく、発音しやすく、実は英語の発音にも近い「デジタル」が普及したのはいいことである。

参考までに、英語の辞書の発音記号では、"digital" の "di" と "Disney" の "Di" は同じである。
(もっとも、「ディズニーランド」の「ディ」は商標としての表記だから、発音しやすさとは別の次元の話ではある。)

さて、ここからは「シミュレーション」についてである。

は生真面目で几帳面だ(った)から、"simulation" を「シュミレーション」と言ったり書いたりするのはおかしいという恩師のことばを素直に聞き入れ、ずっと長い間(40年?)、深く考えることなくそうあるべきだと思っていた(正確には思考を止めていた)。

しかし近年、上述の「デズニー」「デジタル」問題を発展させる形で、「シュミレーション」復権を考えるようになってきた。

職業を表わす「キャリア」は、英語 "career" の発音に忠実にかけば「カリア」である。
それが「キャリア」でいいなら、わざわざ日本語としては発音しにくい「シミュレーション」にこだわらず、誰もが自然に発音する「シュミレーション」に市民権を与えてもいいのではないかと思うようになった。

「新しい」は、元来は「あらたしい」だったのが、次第に言い間違いの「あたらしい」が市民権を得たように、そろそろ「シュミレーション」でもOKとすべきではないかと思う。

|

「風呂離脱=フロリダ」ならば「トイレ離脱」は?

この変化の早い時代に、2ヶ月前の話題が今も賞味期限内なのかどうか不安だが、6月にテレビで、グループチャット(オンラインミーティング?)の際に若者が使う略語が紹介されていた。

それが「フロリダ」(お風呂に入るので離脱しま〜す)である。

ならば、と、考えてみた。

トイレのための一時離脱を指す、言いやすくて面白めのことばはないかと。

の案を、その出来映えはさておいて列挙すると以下の通りとなる。

「ベンリ」:便所離脱
「チョビン」:ちょっと便所(「便」を「ビン」と読んで)
「チョットイー」:ちょっとトイレ
「トレシー」:トイレ、ちょっと(C)

以上。

|

名訳:"I don't understand." を「つまり?」と

の思い出(≒お気に入り)のアメリカンTVドラマのナンバーワンは「バイオニックジェミー(The Bionic Woman)」といえるだろう。

はっきりと意識には残っていない「ララミー牧場」なども、僕の感性の形成に大いに影響している可能性が高いが、意識への残り方では間違いなく「バイオニックジェミー」が筆頭だ。

それに次ぐアメリカンTVドラマは「ナイトライダー(Knight Rider)」ではないかと思う。

いま思えば、主役の自動車KITT(ナイト2000)は、自動運転と人工知能(AI)とマッハ号を融合させたような車だ。

さて、この春(2020年春)からの巣ごもり期間に、購入しただけでパッケージも空けていなかったDVDを何本も見た。

その中に、David Hasselhoff, The best of Knight Rider(ザ・ベスト・オブ・ナイトライダー)[Amazonへのリンクはこちら]がある。

前置きが長くなったが、そして、プロの翻訳としては通常レベルなのかもしれないが、僕には名訳と思えるフレーズがあった。

それが、タイトルである。

教科書的な直訳なら、"I don't understand." は「分かりません。」だが、それを「つまり?」と訳していたのは、素人にはできない、参考にすべき翻訳だと思う。

|

iPhone SE(第2世代):ワイモバイルの「APN設定用の構成プロファイル」なしでOK

今年(2020年)の5月7日に、Apple Store で注文した iPhone SE (第2世代; second generation) が届いた。

ワイモバイル(Y!mobile)で使っていた iPhone 5s からの切り替えとして注文した。

ワイモバイルの利用を続けたかったから、そのままSIMカードを差し替えればいいかもしれないと期待していたのだが、どうも、iPhone 5s はSIMロック解除の対象外とのことで、電話番号はそのままでも、iPhone SE (第2世代) に対応した新しいSIMカードの契約が必要とのことだった。

新しいSIMカードの契約の手間や手数料がかかるのは望ましくはなかったが、ワイモバイルはのスマートフォン利用形態に合っているから、そこは納得することにした。

実は、それを埋め合わせるように、手間がかからずに嬉しかったことがある。
それが、タイトルに書いた「なしでOK」である。

iPhone SE (第2世代) の購入を決断してからWeb検索したところ、「なしでOK」との情報を目にし、期待しすぎずに期待して、iPhone 5s のバックアップから復元しただけの iPhone SE (第2世代) に新しいSIMカードを挿したところ、問題なく機能した。
いずれ何らかの問題が発生するかもしれないと思いつつ、それをすっかり忘れて3か月半、今のところ何の支障もなく使えている。

|

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »