« macOS:標準ソフトQuickTime Player でムービーを結合できる | トップページ | iPhone SE(第2世代):ワイモバイルの「APN設定用の構成プロファイル」なしでOK »

2020年7月23日 (木)

macOSアプリ:Keynote:オンラインミーティングで役立つ機能が追加された

オンライン授業やオンライン会議で画面共有する際、あったらいいなと思う機能は、パソコン画面全体を共有することなくプレゼンテーションを共有できる機能であった。

この点で、Microsoft Teams には、PowerPointプレゼンテーションを共有し、共有できるだけでなく、発表者のプレゼンテーションの進行を妨げることなく参加者がスライドのページを行ったり来たりできる高い機能まで実装されている。

しかし、自らはPowerPointを使うことがなく、長年、プレゼンテーションにKeynote[*注]を使い続けているは、パソコン画面全体を共有することなくKeynoteプレゼンテーションをすることはできないと諦めていた。

[*注]macOSとiOS(iPhone、iPad)の標準プレゼンテーションアプリで、無料である。
パソコン画面全体を共有するということは、プレゼン中に他のアプリの情報を参照するなどした場合に、それもすべて共有されてしまうということであり、プレゼンがスマートじゃなくなることに加えて、見せるつもりのないことまで見えてしまうという問題がある。
念のため補足しておくと、ウインドウを共有するのとプレゼンテーションを共有するのは別物である。ウインドウを共有するということはプレゼンテーションの編集作業の画面を共有するということであり、アニメーションが再生されないことをはじめ、プレゼンテーションとは別である。
ところが、最近のアップデートで、Keynoteにうれしい機能が加わった(Keynote for Mac, version 10.1)。ズバリ、ウインドウ内でプレゼンテーションする機能である。

これがあれば、オンラインで共有する際に、Keynoteプレゼンテーションのウインドウを共有すれば、パソコン画面の他の場所が相手には見えないから、必要な情報を参照しつつ、スマートにプレゼンテーションすることができる。

これからは、Zoomでも、Teamsでも、スムーズに、スマートにプレゼンテーションの共有ができる。

|

« macOS:標準ソフトQuickTime Player でムービーを結合できる | トップページ | iPhone SE(第2世代):ワイモバイルの「APN設定用の構成プロファイル」なしでOK »

コンピューター」カテゴリの記事

メモ:Apple」カテゴリの記事

あったらいいもの」カテゴリの記事