« 背後からの声 | トップページ | Apple TV »

2012年3月25日 (日)

OFFは、オフと書かずにオッフと書こう(旧タイトル:使いやすさ,分かりやすさ)

は,これまでの人生の前半の視力が2.0で,その後現在までは1.5である.だから,近年まで,近視の人の不便さが理解できていなかった.

ところが,自分が老眼鏡を作り,読み書きの際に必ずかけるようになった今,見やすさ(判読のしやすさ)というものを,より強く意識するようになった.

このような僕が悪い例だと思う表現が「オン」「オフ」である.なぜなら,「ン」と「フ」は(フォントにもよるが)形が似ているからである.よく見える場合には問題にならないが,ぼけた状態で見ると両方とも「フ」に見えてしまう.

「オン」「オフ」は英語のON,OFFの読みをカタカナ表記したものである.英語ではこれ以外にもOn,Off,あるいは,on,offという書き方があるが,どれも見間違う余地はない.たとえ老眼の僕が眼鏡をかけなくても,である.それは当然である.このまったく逆の意味の単語が間違いやすかったら,言語の長い歴史の間に表記が変化していただろうから,逆に,時を経て使われ続けているということは混乱しない表記だということである.

英語のON,OFFがいいからといって,日本語のオン,オフがいいということにはならない.

ただし,実用上は読めなくてもあまり問題にならないことも多いから,すぐに改善しようという声が上がらないのだろうと思う.例えば選択肢にオンとオフがある場合,まず間違いなくオンは先にある.オンとオフが縦に並んでいる場合には上に,横に並んでいる場合には左に,である.だから,判読が困難であったとしても特定は難しくはない.

しかし,単独で表われる場合もあるから,日本語では別の表記をすべきであると思う.

では,どうすればいいかというと,真っ先に思いつくのは「入」「切」である.次に考えられるのは,現状から大きく変えずに英語のカタカナ書きを保持するとすれば,やや苦し紛れだが「オン」と「オッフ」であろう.

最後に,本題からは逸れるが,僕は以前,老眼という表現の改善案を提案したが近年は老眼の代わりにシニアアイ,老眼鏡の代わりにシニアグラスという表現が広まってきた.僕の提案はネーミングの上手さでまったくこれに及ばなかったようだ.

[2020年4月22日、修正] タイトルを「使いやすさ,分かりやすさ」から「OFFは、オフと書かずにオッフと書こう」に変更

|

« 背後からの声 | トップページ | Apple TV »

科学・技術」カテゴリの記事

脳・人間」カテゴリの記事

モノ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: OFFは、オフと書かずにオッフと書こう(旧タイトル:使いやすさ,分かりやすさ):

« 背後からの声 | トップページ | Apple TV »