2020年6月13日 (土)

macOS:標準ソフトQuickTime Player でムービーを結合できる

Macに標準で付いてくるアプリケーションである QuickTime Player のトリム機能(ムービーの始まりと終わりを切り取る機能)を、これまで頻繁に利用してきた。
┏━━━━━━━━━━━━
 このトリムは、iPhoneやiPad(iOSデバイス)の写真アプリの標準機能でもあるから、馴染みのある人も多いと思う。
┗━━━━━━━━━━━━

QuickTime Player に有料版があった昔(20年以上前?)には、その有料版を用いて簡単なムービー編集を行なっていたが、近年は、ムービー編集には iMovie を使わなければならないという固定観念を持っていた。

しかし、Macに標準で付いてくる無料アプリケーション QuickTime Player でムービーの結合ができることを、きょう、知った。
手順は次の通りである:
1. Finderでムービーファイルを選択し、コピーする。(複数のファイルを選択、コピーすることもできる。)
2. QuickTime Player で別のムービーを開いた状態でペースト(貼り付け)する。

コピー&ペーストではなく、ドラッグ&ドロップでもかまわない。

トリムと組み合わせれば、分けて撮影したムービーを切り貼りする(いわゆるリニア編集)が手軽にできるから、ワンカット撮りに失敗したら iMovie で編集(という、これだけの目的のためは、やや大げさな作業)をしなくてもいいと思うと、大変に気持ちが楽になる。

[キーワード] アプリ、ソフト、ソフトウェア、ムービー、ビデオ、トリム
[keywords] application, app, software, movie, video, trim

|

Zoom:"Enable join before host"(ホストより前の参加を有効化)設定は、スケジュールした時刻より前でも参加者のみで開始可能‥‥これは期待と異なる仕様

無料プランでZoomミーティングを利用している。無料プランだから、利用する上で40分制限を意識しなければならない。

その上で、Zoomミーティングを主催する際に、次の機能があれば嬉しいと思っている。それは、

 あらかじめミーティングを設定した開始時刻以降に限り、ホストがいなくても参加者のみでミーティングを開始できる機能

である。

もしもこの機能があったら、ホストが入室する前に、ホストに気兼ねなく会話する時間を設けられるからである。

設定項目に "Enable join before host"(ホストより前の参加を有効化)があるから、それでの望む動作が実現できるのではないかと期待して試してみた(2020年6月13日に)。

しかし、そうはならないことが分かった。
つまり、スケジュール設定してある開始時刻より前であっても、最初の参加者が入室した瞬間、会議が始まる(→ 40分のカウントダウンが開始される)。

結論。僕が望むこのような使い方をしたいなら、時間制限のない有料プランに登録する必要がある。加えて、このあたりで無料と有料の線引きをしてくれているZoomの方針は、ちょうどいいといえよう。

|

iPhone & iPad:AssistiveTouchで快適操作(続)

以前のノオト「iPhone & iPad:AssistiveTouchで快適操作」で、AssistiveTouchの「シングルタップ」と「長押し」に機能を割り当てることで、より快適な操作性を実現していることを書いた。

その中で、「ダブルタップ」については模索中であるとしていたが、その後、スクリーンショットに割り当てることで、さらに快適な利用性を実現できている。
正確に言えば、スクリーンショット機能をダブルタップに直接割り当てるのではなく、1段階を間に挟んでいる。
AssistiveTouchのダブルタップでメニューが表示されるようにしておき、そのメニューの中のタッチしやすい位置にスクリーンショット用のアイコンを置いてある。

|

用語「ソーシャルディスタンス」の不可解

ウイルス感染の連鎖を防止する対策として、ソーシャルディスタンス(=ソーシャルな距離=社会的な距離)ということばが急速に普及し、もはや定着した感がある。

しかし、「社会的な距離」と呼んでしまうと、社会的なつながりとしての隔たりの程度や、心理的な距離(言い換えれば親近感の度合い)の意味合いが強くなってしまう。

そもそも、現在の日本で奨励されているソーシャルディスタンスの単位がメートルであることからしても、「物理的な距離」と呼ぶべきではないだろうか。

※ さらに踏み込んだ解説は、たとえば、「新型コロナ感染症における対策としての “social distancing”」を参照。

[キーワード] ソーシャルディスタンシング、ソーシャルネットワーク、物理的距離、単位、メートル
[keywords] social distancing, social networking, physical distance, unit, meter

|

2020年6月 1日 (月)

iPhone & iPad:AssistiveTouchで快適操作

5年ほど前(?)に、いっとき、iPhone で AssistiveTouch をオンにして使ってみたことがある。

┏━━━━━━━━━━━━
 AssistiveTouchは、iOS 13 でいえば、[設定] > [アクセスビリティ] > [タッチ] > [AssistiveTouch] でオンにできる機能である。
 見映えは、下の画像(画面の下部のみのスクリーンショット;クリックで拡大)である。
 しばらく操作しないと半透明で待機しており、タッチした直後はくっきりと白くなるボタンである(下の画像で、上側が待機中、下側がタッチ直後)。
 ボタンの場所は画面の縁ならどこにでも好きな場所に置けて、いつでも移動できる。操作をするときに邪魔であれば、さっとどかすこともできる。
 Assistivetouch
┗━━━━━━━━━━━━

それは、iPhone 5s のホームボタン(機械式)の使用回数を少しでも減らして、ホームボタンの劣化を避けて、長く使おうという考えでのことであった。

しかし、そのときは、ホームボタンをできるだけ延命させようという目的意識よりも、操作の負担や、AssistiveTouchボタンに操作が邪魔される感覚の方が大きくなり、ほどなくして(1〜2週間?)、AssistiveTouch機能をオッフにした(注:オッフ=オフ=OFF)。

それが最近、ホームボタンの代替目的とは別の観点から、AssistiveTouchの可能性に気づき、iPhone と iPad でオンに設定して使い始めて2〜3週間が経つ。

┏━━━━━━━━━━━━
 AssistiveTouchの初期設定では、ボタンの「シングルタップ」で複数の操作がアイコンでメニュー表示されるが、は、アイコンでメニューされるモードではなく、ボタンのタップ操作に直接に機能を割り当てる利用法に価値を見出した。
 ボタンのタップ操作には「シングルタップ」「ダブルタップ」「長押し」の3種類があり、僕は主に「シングルタップ」と「長押し」を活用している。
┗━━━━━━━━━━━━

【シングルタップ】で通知の表示
 画面上端を下にスワイプすると通知が表示されるが、iPhoneは基本的に片手で操作しているから、画面上端に指を移動させることに負担を感じていた。
 iPadは片手操作ではないが、画面上端まで手を動かすのに負担を感じていた。
 この点で、画面下部にAssistiveTouchボタンを置けば、指や手を動かす範囲を小さくでき、操作が楽になる。

【長押し】でスリープボタン(=画面ロックボタン=電源ボタン)の代わり
 最後の操作から一定時間が経つと自動で画面がロックするが、自動ロックまで待たずに(待てずに)、手動で画面ロックさせたい場合がある。
 iPhone も iPad も、スリープボタンが側面や上部に付いているため、ボタンを押す操作が面倒だと感じていた。
 この点で、画面のタッチで画面ロックできれば、自動車の車載フォルダーに設置している場合を含めたあらゆる場面で、画面ロック操作が楽になる。
 実際、AssistiveTouchに「画面ロック」を割り当てることができる。現在のところ、「長押し継続時間」を0.30秒に設定している。

なお、「ダブルタップ」については、(ホームボタンのあるiPhoneで)いったんは(アプリの切り替えや終了の時に使用するモードである)「Appスイッチャー」に割り当ててみたが、どうもしっくりこないため、現在は活用できていない。活用法があるかどうか、試行錯誤で探索を続けているところである。

[追記:2020-06-13]
 その後、スクリーンショットに割り当てることで、さらに快適な利用性を実現できている。
 正確に言えば、スクリーンショット機能をダブルタップに直接割り当てるのではなく、1段階を間に挟んでいる。
 AssistiveTouchのダブルタップでメニューが表示されるようにしておき、そのメニューの中のタッチしやすい位置にスクリーンショット用のアイコンを置いてある。

|

«顔:海岸で発見