June 15, 2020

Hollow-face illusion of five animals: Lesser panda (red panda), giraffe, elephant, lion, and giant panda(In Japanese:5種類の動物のホローフェース錯視オブジェ:レッサーパンダ、キリン、ゾウ、ライオン、ジャイアントパンダ)

高さ1メートルのトリックアート動物が5体。レッサーパンダ、キリン、ゾウ、ライオン、ジャイアントパンダ。
シー・マーク・スクエア [※] の屋上広場のトリックアート(=ホローフェース・イリュージョン)
[※] シー・マーク・スクエアは茨城県日立市のショッピングセンター

Five hollow-face-illusion animals of 1-meter tall. Lesser panda (red panda), giraffe, elephant, lion, and giant panda.
These artworks are situated on the roof garden of the shopping center "Sea Mark Square" located in Hitachi, Ibaraki, Japan.

|

Mosaic Art Show at Yoshida Tadashi Memorial Museum of Music (in Japanese : モザイクアート展示@吉田正音楽記念館)

「吉田正音楽記念館 開館15周年記念事業 名誉館長企画展第2弾 初代名誉館長 吉田喜代子展」期間中(2019年11月23日〜2020年3月22日)、記念館5階展望カフェにて展示中。

記念館は年中無休。展望カフェの営業時間は10時〜21時。

吉田正音楽記念館に設置されている作品「レコードジャケットの壁」で利用されているシングルレコードのジャケット375枚を各2回ずつ用いた全750枚をパズルのように並び替えることにより、4名の顔をモザイクアートで描きました。
4名とは「吉田正夫人」「吉田正」「橋幸夫さん(吉田正音楽記念館名誉館長)」「フランク永井さん」です。

|

March 06, 2020

[Revealed] Two-dimensional code distributed in three-dimensional space (in Japanese: [開示版] 三次元空間に分配された二次元コード)

This artwork was prepared for the exhibition “Science x Art --- the shape of technology” open November 17, 2018 through January 6, 2019 at Hitachi Civic Center in Hitachi, Ibaraki, Japan.
At first sight it looks like a group of randomly positioned balls, but if seen from a specified position in 3D coordinate, you can find a QR code there. You can also decode the code with your smartphone camera.

[in Japanese] この作品は「サイエンスxアート 〜テクノロジーのかたち〜」展のために制作しました。茨城県日立市にある日立シビックセンター1Fに、2018年11月17日から展示されています(2019年1月6日まで)。
一見すると、黒い球体がランダムに散りばめられているように見えますが、特定のポイントから見たときだけQRコードになります。スマートフォンのQRコードアプリを使えば、QRコードを読み取ることができます。

|

December 06, 2018

Two-dimensional code distributed in three-dimensional space (in Japanese: 三次元空間に分配された二次元コード)

This artwork was prepared for the exhibition “Science x Art --- the shape of technology” open November 17, 2018 through January 6, 2019 at Hitachi Civic Center in Hitachi, Ibaraki, Japan.
At first sight it looks like a group of randomly positioned balls, but if seen from a specified position in 3D coordinate, you can find a QR code there. You can also decode the code with your smartphone camera.
For some of you who wish to come, see and try this installation, I distracted the best view of the code in the video.

[in Japanese] この作品は「サイエンスxアート 〜テクノロジーのかたち〜」展のために制作しました。茨城県日立市にある日立シビックセンター1Fに、2018年11月17日から展示されています(2019年1月6日まで)。
一見すると、黒い球体がランダムに散りばめられているように見えますが、特定のポイントから見たときだけQRコードになります。スマートフォンのQRコードアプリを使えば、QRコードを読み取ることができます。
実物を見て試したい方々の楽しみを取っておくために、このムービーでは、QRコードがきれいに見えるシーンを見えにくく加工してあります。

|

December 01, 2018

A vending machine with optical illusion wrap (in Japanese: 錯覚ラッピングが施された自動販売機)

A vending machine with optical illusion wrap. This is a result of my collaboration with DyDo DRINCO, INC.
The wrap is composed of two hybrid images on right and left sides of the machine.
The machine has been placed on campus of Ibaraki University in Hitachi, Ibaraki, Japan.

[in Japanese] 錯覚ラッピングが施された自動販売機。ラッピングには自動販売機の左右に2つのハイブリッド画像がプリントされている。

|

April 08, 2018

A mosaic, street art of flowers (in Japanese: 花のモザイク路面アート)

A 16.7 meter by 1.8 meter mosaic, street art made of paper flowers appeared on April 8, 2018 at Hitachi Ginza shopping mall that is walking distance from Hitachi station (JR line) located in Ibaraki, Japan. High school students worked hard to complete the artwork. This artwork was designed by HFY.

[in Japanese] 長さ16.7メートル、幅1.8メートルのモザイクアートです。2018年4月8日、ペーパー・フラワーを使い、日立銀座通り商店街(茨城県日立市)の路上に高校生が作り上げました。デザインしたのはHFYです。

|

November 16, 2017

Apparent and latent (in Japanese: 見せる顔、見せない顔)

Happyunhappy_1600_withcopyright

This mosaic picture (Click to enlarge) shows four faces made from head images photographed from different directions.

Apparently, two of the four faces look happy, and the rest two look boring.

When looked into in detail, one of the two happy faces is composed of happy heads, whereas the other composed of boring heads. This also applies to two boring faces.

[in Japanese] このモザイク画(クリックで拡大)には4つの顔が描かれており、それぞれの顔はさまざまな角度から撮影された頭部画像で構成されている。

4つの顔のうち2つの顔は笑顔で、2つの顔はつまらなそうな顔である。

拡大してよく見ると、2つの笑顔のひとつは笑顔の頭部でできており、もう片方の笑顔はつまらなそうな頭部でできている。つまらなそうな2つの顔も同様に、笑顔の頭部とつまらなそうな頭部でできている。

|

November 12, 2017

Logo for the office of equality and diversity (in Japanese: ダイバーシティ推進室のロゴ)

Iudiversity

In January 2017, I entered a competition for the logo of newly found office of equality and diversity (I could not won the competition). In the logo are shown men and women of young and elderly. They cooperate in saying IBARAKI (the name of a district in Japan where the competition was held). To put it in detail, the shapes of their mouths represents the vowels (I, A, A, I), and the consonants (B, R, K) are shown explicitly.

[in Japanese] 2017年1月に、新設されるダイバーシティ推進室のロゴ募集に応募した(入選しなかった)。応募したロゴには、老若男女が表現されている。老若男女が「いばらき」と言っている様子を描いている。口のかたちが母音(I、A、A、I)を表わし、子音(B、R、K)はそこに示されている。

|

November 11, 2017

Logo for NOLTA (in Japanese: NOLTAのロゴ)

20150903_nolta_logo

In September 2015, I entered a competition for the new logo of NOLTA (I haven't won the competition). NOLTA is a society of researchers in the field of nonlinearity studies.

In my logo design above, I tried to express nonlinearity by curved lines. Also, the shape as a whole looks like a creature searching eagerly for something. I thought of searching as researching for the truth.

[in Japanese] 2015年9月に、非線形問題を研究するグループ (NOLTA) の新しいロゴのコンペに応募した (入選しなかった)。

上のデザインは、曲線で非線形性を表現した。図形の全体像は、何かを熱心に探し求める生きものを思わせる。その探し求める姿を、真実を求める研究になぞらえた。

|

November 04, 2017

The Future of Ammonite (in Japanese: アンモナイトの未来)

Installation of a hybrid image titled "The Future of Ammonite" at the art space specially assembled at Kujihama beach in Hitachi, Ibaraki, Japan through 29 July and 20 August, 2017. When viewed from far it appears to be an ammonite, while viewed from near it's an octopus. For extinct ammonites, present is the future, and they are thought to be closely related to today's octopuses.

[in Japanese] 2017年7月29日から8月20日にかけて、茨城県日立市の久慈浜海水浴場に特設されたアートスペース「アートビーチくじはま」で展示されたハイブリッド・イメージである。タイトルは「アンモナイトの未来」。古生物アンモナイトは、巻き貝のような殻から受けるイメージとは裏腹に、タコやイカと同じ頭足類に分類される。この作品は、観察者との距離を時の隔たりに対応づけ、“遠い”過去を見ると古生物アンモナイトが浮かび上がり、“近く”で見ると“いま”生きているタコが見える。アンモナイトが生きた時代の未来が“いま”である。過去と、その未来である現在を、ハイブリッド・イメージで表現した。

|

«An animate drawing (in Japanese: 動き出す線画)