変化

2019年6月 3日 (月)

近い将来の自動車後部のステッカー?

Driverishuman
現在、車を運転していてよく目にするステッカーは「Baby in Car」である。
今後、自動運転の自動車が普及し始めてから、すべての自動車が自動運転車に置き換わるまでの間は、「Driver is Human」(人間が運転中)というステッカーを見るようになるかもしれない[図はクリックで拡大]。

|

学説は変わる

科学的方法とは、仮説の暫定的な検証状況を共有する枠組みである。
したがって、確定した結論はないといってよい。

うさぎ跳びが運動能力を高めるためのトレーニングとしてふさわしいと考えられていたのははるか昔のことである・・・が見て経験していた程度に最近のことではあるが…。

人間は大人になったら脳細胞(ニューロン)が増えないという数十年続いた定説が覆ったとの記事を目にしたのは10数年前であるが、現在では、事実上増えないと考えられているようだ。

最近、NHKラジオ第2で興味深い話を聴いた。

これまで、内臓脂肪を燃やすためには20分以上の連続した有酸素運動(少し息が上がる程度以上の運動)が必要といわれてきた。
しかし、そこでの医師の話によると、もちろん20分以上連続した場合と細切れの場合では効果に違いはあるものの、最近の学説では、20分以上連続しなければ効果なしというわけではなく、たとえ数分ずつの細切れであっても、1日合計30分程度の有酸素運動をすれば内臓脂肪を燃やすのに効果があるとのことである。

こう聞くと、自分にもできそうな気がする。

|