変化

2019年8月31日 (土)

「転がる石に苔は生えない」は、「転がる石」を肯定しているのか、否定しているのか?

サントリーの緑茶「伊右衛門」のCMで、イモトアヤコに向かって宮沢りえが、「転がる石にコケは生えへん、いうてね」と言っている。

「転がる石に苔は生えない」の「転がる石」について、は数十年来、「転がる石」を否定する、つまり「転がる石」はよくないという意味だと思い込んでいたから、そのCMで「転がる石」を肯定しているのを聞いて、焦った。

またしても僕は、長年、思い違いをしていたのか、と。

そこですぐに辞書を引いてみた。そしてホッとした。両方の意味があり、僕の知識が間違いではないと知って、ホッとした。

広辞苑のように、「転がる石」をよくないと否定する解釈を先に挙げる辞書がある:

【広辞苑 第七版】転石苔を生ぜず
(英語のことわざから)
・何事も腰を落ち着けてあたらないと、身に付くものがなく大成できない。
・常に活動している人は、時代に遅れることがない。

また、The New Oxford American Dictionary のように、"a rolling stone"=「転がる石」を否定する解釈のみを挙げる辞書がある:

【The New Oxford American Dictionary, THIRD EDITION】a rolling stone gathers no moss.
 [proverb] a person who does not settle in one place will not accumulate wealth or status, or responsibilities or commitments.

その一方で、スーパー大辞林のように、「転がる石」を肯定する解釈を先に挙げる辞書もある:

【スーパー大辞林(2013年版)】転石苔を生ぜず
・活発な活動を続けている者は,いつまでも古くならないことのたとえ。
・ 一か所に落ちつかない者は大成しないことのたとえ。

ことばは変化し続けるものだから、どの解釈も正しいといえる。

ただ、文脈なしで、「転がる石に苔は生えない」だけ抜き出すと、解釈は分かれるだろう。恐らく、僕の世代は否定の解釈と捉える人が多いのではないだろうか。

さて・・・

ことわざの解釈の話題からは離れるが、文脈次第でまったく反対の意味になることばの例を挙げて、このノオトを閉めたいと思う。

同じような例を挙げればきりがないが、一例として「こうてん」がある。

音を聞いただけでは、「好天」であるのか、「荒天」であるのかの判断はできない。文脈次第である。

|

2019年8月19日 (月)

「一転」の使い方の違和感

統合型リゾート(Integrated Resort;IR)とその中心的関心としてのカジノの誘致に関するきょう(2019年8月19日)の報道の表現に違和感を覚える。

それは、内容の問題ではなく、日本語の用法についてである。

「横浜市が、白紙から一転、誘致へ」における「一転」には違和感を覚える。

「白紙」は「中立」である。
だから、その新たな内容が「拒否」であっても「推進」であっても、「中立」からの変化に過ぎない。

「拒否」から「推進」あるいはその逆であれば、それはまさに「一転」であるが、今回の場合は「急転」などの方が相応しいだろう。

|

2019年8月 4日 (日)

強調するつもりが、その反対に見えなくなってしまう‥‥赤インクの難しさ

Reddifficultynewold

ポスターや掲示の「赤色」の難しさについてである。

「黒色」を基本とする掲示において、「赤色」は、新しいうちは制作者の意図通りに強調の役割を果たしているが、月日が経つと色あせて、赤色が薄れたり、場合によってはまったく消えてしまい、その結果、強調したい肝心の点が読み取れなくなることがある。

画像[クリックで拡大]は、このように赤色が薄れてしまったポスターと、新しいポスターである。

頻繁に交換のできないポスターや掲示では、「赤色」が色あせることを前提にデザインすべきなのだろう。
あるいは、月日が経っても色あせない「赤色」インクが開発されるといいのだが、それは難しいのだろうか、それとも、開発されていても高コストなのだろうか。

|

2019年6月 3日 (月)

近い将来の自動車後部のステッカー?

Driverishuman
現在、車を運転していてよく目にするステッカーは「Baby in Car」である。
今後、自動運転の自動車が普及し始めてから、すべての自動車が自動運転車に置き換わるまでの間は、「Driver is Human」(人間が運転中)というステッカーを見るようになるかもしれない[図はクリックで拡大]。

|

学説は変わる

科学的方法とは、仮説の暫定的な検証状況を共有する枠組みである。
したがって、確定した結論はないといってよい。

うさぎ跳びが運動能力を高めるためのトレーニングとしてふさわしいと考えられていたのははるか昔のことである・・・が見て経験していた程度に最近のことではあるが…。

人間は大人になったら脳細胞(ニューロン)が増えないという数十年続いた定説が覆ったとの記事を目にしたのは10数年前であるが、現在では、事実上増えないと考えられているようだ。

《追記:2019-08-18》2019年3月に、人間の大人でも海馬で脳細胞が生まれるとの論文が出ていることを知った:Nature Medicine, volume 25, pages 554-560 (2019)。ただし、第三者の解説によれば、これで決着とは考えられていないようだから、まだ論争は続きそうだ。

最近、NHKラジオ第2で興味深い話を聴いた。

これまで、内臓脂肪を燃やすためには20分以上の連続した有酸素運動(少し息が上がる程度以上の運動)が必要といわれてきた。
しかし、そこでの医師の話によると、もちろん20分以上連続した場合と細切れの場合では効果に違いはあるものの、最近の学説では、20分以上連続しなければ効果なしというわけではなく、たとえ数分ずつの細切れであっても、1日合計30分程度の有酸素運動をすれば内臓脂肪を燃やすのに効果があるとのことである。

こう聞くと、自分にもできそうな気がする。

|