写真

2017年9月 2日 (土)

ティー・エー・ジー・エー TAGA と環状交差点(ラウンドアバウト)

Taga環状交差点(ラウンドアバウト)について、今年(2017年)の春に情報収集していた。

環状交差点とは、信号のない特別な交差点である(詳しくは下記)。
フランスのパリの凱旋門下のものが、恐らく最も大規模で認知度の高いものであろう。

その環状交差点について、日本の道路交通法が改正され、新ルールが適用されたのは2014年9月1日のことである。
(ルールについては、この説明が分かりやすい。)
(改正道路交通法施行時点での該当箇所は全国で34箇所であった。該当箇所は、最北が宮城県で19箇所、次が茨城県で1箇所であった。現在は該当箇所が増えている。)

情報収集の一環として、茨城県内で唯一の環状交差点のあるJR常陸多賀駅前の航空写真をGoogleマップで見たのが上の写真(クリックで拡大)である。

それを見て驚きの発見をした。
週に何度も通行する場所だから、なおさら驚いた。
まったく気づかなかったし、知らなかったし、聞いたこともなかった。

そして、驚くと同時に、一体誰へのメッセージ(サイン)なのだろうかと疑問に思った。
なぜなら、その近辺には、環状交差点を見下ろして、ロータリーのそこに書かれたメッセージを見ることのできる場所はないと思うからである。
Googleマップ(および他の航空写真インターネットサービス)がなければ見ることができないからである。
Googleマップ(など)で見た人へのサプライズなのだろうか。

まだ何のことかぴんときていない人もいるかもしれないので説明すると、環状交差点のロータリーに TAGA の花文字が見える。
(常陸多賀駅のことを、地元住民は「たが」と呼ぶ。)

さて、このことを知人Dに話したところ、Dもの驚きと歓喜に共感してくれたようで、Dが趣味にしているベース(ギター)を活かした歌を作ってくれると言ってくれた。
エス・エー・ジー・エー SAGA ならぬ、ティー・エー・ジー・エー TAGA という歌を作ってくれるという。
YouTubeに公開されるのが楽しみだ。

| | トラックバック (0)

2017年8月15日 (火)

絶景ポイントを求めて(茨城県日立市にて)

少々古い話だが、日立ふれあい情報マガジン「ひたっち」2016年12月号(フリーペーパー)の特集「日立絶景7選」の中の1枚の写真に感動した。

被写体は、見慣れていて、幾度も通ったことのある、海の上を通るバイパスである。

そのバイパスは、確かに美しい。海の景色との相性もバッチリである。

しかし、いざ写真に収めるとなると、整備に十分に手が回っていない周囲の風景が邪魔して、単純に美しい写真を撮るのは難しいと感じていた。

だからこそ、よくぞこれほど美しく撮れたものだと感動したのだった。

その写真は、「【絶景その2】日立バイパス」として、このページで紹介されている。

おおよその撮影スポットは予想できたからこそ、実際にどこから撮影してどのように切り取ったらこれほど美しい写真になるのかが気になった。

気になって頭の片隅にはあったものの、なかなかふらりと撮影スポット探しに行くだけの気持ちの余裕が持てずに2ヶ月以上が過ぎた頃、2回目のチャレンジで見つけることができた。

これが、iPhoneカメラで収めた写真(クリックで拡大)である。

Hitatchi_201612_spot

そしてこれが、その写真を、上述の「【絶景その2】日立バイパス」と同じ範囲を切り出した写真(クリックで拡大)である。

Hitatchi_201612_spotcropped

写真の質はまったく異なるものの、ピッタリ重なることを確認して、うれしくなった。

| | トラックバック (0)