過剰なサービス

2019年7月 2日 (火)

JR常磐線特急:車内の詳しすぎる英語アナウンス

過ぎたるは及ばざるがごとしというように、仮に正確さが犠牲になり、厳密にいえば間違いや嘘になるかもしれないが、ほどほどの方が分かりやすいことが多々ある。

ノオト:【抜け道を探す楽しみ】「タッチしてください」でも、タッチせずにすませてみる》で述べたことも、この発想に通じると思う。

さて、これはJRに限ったことではなく、また、常磐線に限った話しでもないとは思うが、例として、がよく利用するJR常磐線特急の車内の英語アナウンスについて述べたい。

結論を言えば、正確で詳しすぎて、恐らく日本に馴染みのない外国人には聞き流されているのではないかと=スルーされているのではないかと=思うことがある。

それは、水戸駅の手前で流れる車内アナウンスでの、乗り換えの案内に出てくる "Kashima-Rinkai-Tetsudo Oarai-Kashima Line" である。
日本語での名称「鹿島臨海鉄道大洗鹿島線(かしまりんかいてつどうおおあらいかしません)」を忠実に英訳(?)したものであるが、詳しすぎて分かりにくいと思う。
"Kashima Line" くらいで十分ではないだろうか。

水戸駅の隣の勝田駅の手前でも、 "Kashima-Rinkai-Tetsudo Oarai-Kashima Line" には及ばないものの、なかなかに詳しすぎるアナウンスがある。
”Hitachinaka-Kaihin-Tetsudo Minato Line" である。
日本語では「ひたちなか海浜鉄道湊線(ひたちなかかいひんてつどうみなとせん)」である。
これも、"Minato Line" くらいで十分ではないだろうか。

日本語の分かる人であっても、「かしまりんかいてつどうおおあらいかしません」や「ひたちなかかいひんてつどうみなとせん」は、馴染みのない人には無用に長いと思うから、日本語が分からず英語で聞き取る必要のある人にとってはなおさら、詳しすぎて用を為していないのではないかと危惧している。

|

2017年8月18日 (金)

天気予報における表現の改善?

いつ頃始まった習慣なのか定かではないが---の記憶では10年は下回らない---、テレビやラジオの天気予報で頻繁に耳にする決めつけ表現がある。

それは、〈ノオト:限定し過ぎ!?〉でも言及した、折りたたみ傘の携行に関することである。

一日中雨ではないが、雨が降る可能性が高い日の天気予報で、「折りたたみ傘があるといいでしょう」という決めつけが気に入らない。

折りたたみじゃない傘を持ちたい人も、少数派かもしれないが、いるだろう。

つい最近(1週間ほど前)に、これに関して、納得できる表現を耳にして、うれしくなった。

NHKラジオ第1の、あるニュースの最後の天気予報で、「雨具があると安心です」と言っていた。

これが今後の主流になればいいのにと思う。

| | トラックバック (0)

2017年5月25日 (木)

ハサミ等で切り取る際には、おけがをなさらないようお気をつけください。

よく、お菓子の箱(や袋)についているマークを集めて応募すると、抽選でプレゼントが当たるというキャンペーンがある。

あるクッキーの応募方法に書かれていたのが「ハサミ等で切り取る際には、おけがをなさらないようお気をつけください。」であった。

そこまで書かなければならない時代になったようだ。

| | トラックバック (0)

2017年5月15日 (月)

過剰なサービス:レンジで温めるチキンカツカレーの場合

Chickencutletcurryrice写真(クリックで拡大)は、2016年3月にローソンで購入した、レンジで温めて食べるチキンカツカレーの説明部である。

「温め後のやけどや容器の傾きによるこぼれにご注意ください。」も丁寧すぎる注意ではあるものの、最近は見慣れてきた。

が、「温め不足でお米がかたい場合には、10秒ずつ追加加熱してください。」は、過剰なサービスに思える。

目安の秒数を示してくれているのではあるが、電子レンジを初めて使う人でない限り、イメージはつかめていると思うし、「20秒の追加加熱ではいけないの?」とツッコみたくなる人も多いだろう。

それくらいは当人に任せてもらいたいものだ。

仮に失敗して熱くなりすぎたとしたとしても、大きな害のない、いい経験になるはずである。

| | トラックバック (0)