マナー

2019年7月15日 (月)

エスカレーターの乗り方:「片側立ち」対「両側立ち」

【関連する話題】
┏━━━━━━━━━━━━
ノオト:自動車運転中に、信号機のない横断歩道の手前で停止するのはマナーではなく、ルール」で紹介したルールを、は、極力、守るようにしている。

それがルール(法律)だからというだけでなく、マナーとしてもいいことだと考えているからである。歩行者優先の態度として実行すべきだと思っているからである。
(僕が徹底的な歩行者優先に触れた例としては、「ノオト:日本とバンクーバー(カナダ)の対比」を参照してください。)

これは僕の個人的な取り組みではあるが、他の車との関係抜きには実施できない。

横断歩道手前で一時停止したらクラクションを鳴らされる、というのはまだいいとして、もしもその状況で僕の後ろの車がイライラして、停止している僕を追い抜いていったりしたら、事故に結びつきかねない。

だから、主義を貫くのも時と場合を考えなければならないことを大いに踏まえつつ、横断歩道手前の一時停止を実行している。
┗━━━━━━━━━━━━

【本題】
┏━━━━━━━━━━━━
Escalator2lines横断歩道手前の一時停止よりもはるかに困難な行動は、エスカレーターの2列乗りである。
(現在、エスカレーターの乗り方の基本は、歩かない人が片側に立ち、もう一方は、歩いて昇りたい人のために空けておくという乗り方である。)

僕も長年、エスカレーターは2列乗りの方がいいと信じていることに加え、鉄道会社などから出されているメッセージが僕の行動を後押ししてくれるはずなのに、歩きたい人のために空けられている側に立ち止まって乗ることは、横断歩道手前の一時停止の50倍は難しい。

写真[クリックで拡大]のように、鉄道会社を挙げたメッセージが出されているにもかかわらず、人々から受ける暗黙のプレッシャーは強大だからである。

ここで、もしもエスカレーターの2列乗りが普及したとして、僕の考える最適な乗り方を述べておきたい。

それは、「輸送量」と「パーソナルスペース」と「安全」を考え合わせた、「1段にひとりずつ、左右交互に立つ」である。
前後には1段の空きがあるが、左右には誰もいない、ジグザグな乗り方である。
ここでは「安全」についてのみコメントしておく。
もしも前後を空けずに乗ると、降り口で誰かが何らかの理由で歩行が滞った場合に、後ろの人たちが詰まってしまい、将棋倒しになるなどして危険だからである。
前後に1段の空きがあれば、そのような事態でも事故を回避できる可能性が高まる。

〈参考〉僕の考えとは異なる部分もありますが、次の記事を紹介しておきます。
 日経電子版・NIKKEI STYLE「エスカレーター、なぜ両側立ちは普及しないのか?
┗━━━━━━━━━━━━

|

2019年6月30日 (日)

自動車運転中に、信号機のない横断歩道の手前で停止するのはマナーではなく、ルール

既にの記憶が失われているから明確なことは言えないが、恐らく、運転免許を取ってから数年間は正しく理解していたのだと思う。

それは、信号機のない横断歩道を渡ろうとしている人がいる場合に、手前で一時停止しなければならないのは、ルール(法律で定められていること)だということである。

しかし、その記憶が失われてから数年前までの間、それがルールではなくマナーであると誤解していた。

実際、JAF(一般社団法人日本自動車連盟)による、2018年の全国調査によれば、信号機のない横断歩道で、渡ろうとしている人がいる場合の一時停止率は8.6%であったとのことである[詳しい説明や調査結果の詳細はこちら]。

その調査では、都道府県別の一時停止率も公表されている
最高が長野県の58.6%、最低が栃木県の0.9%である。僕が住んでいる茨城県は、魅力度ランキングでは最下位(47位)を走り続けているが、一時停止率では全国平均を上回る9.2%で、17位である。

ルールであるにもかかわらず一時停止しない自動車が多いのは、「配慮」や「行動を抑制してしまう心理」が働いていると考えられるが、この辺りについては、ここでは触れないことにする。

その代わりに、このルールを規定している法律(道路交通法 第三十八条)と、それよりも認知度の低いと思われる「道路交通法第 三十八条の二」について述べたいと思う。

まず、「道路交通法 第三十八条」には一時停止すべきことのみならず複数の観点から通行方法が記述されているが、押さえておくべきこととして、「歩行者または自転車」が対象となることを確認しておきたい。
そして、認知度の低いと思われることとして、「道路交通法第 三十八条の二」では、横断歩道が設けられていなくても、「車両等は、交差点又はその直近で横断歩道の設けられていない場所において歩行者が道路を横断しているときは、その歩行者の通行を妨げてはならない。」ということである。

「道路交通法 第三十八条」について詳しくは、こちらを参照

|

2019年6月 3日 (月)

時代を先取りしすぎていた。38年早すぎた?

上着なし、あるいはスーツにノーネクタイなど、社会的に軽装が許容されるようになって久しい・・・・20年以上か?

今年は、仕事もスニーカーでOKとのニュースが耳に目に入ってきた。

は既に38年前に、スーツにノーネクタイ、そして革靴ではなくスニーカーという出で立ちで出かけたことがある。
友だちからは、変だと言われた。

それは実のところ、主義や主張や思いがあってのことではなく、ある意味あまのじゃくで、悪くいえば無知で世間知らずで、よくいえば自分の感覚に素直に、服装を選択しただけであった。

冗談まじりにいえば、僕が時代を先取りしていたといえる。
ひとと社会の関係でいえば、社会からの制約が弱まって、ひとが自由になれたひとつの側面といえる。
ただし、ネクタイはNGとか、スニーカーじゃなきゃダメとなってしまっては、制約の基準が変わるだけで制約の強さは変わらないことになるから、制約を弱める(自由が拡大する)ことに注意を向けるべきだと思う。

|

2019年5月14日 (火)

アメリカ人にも、チップは難しい?

アメリカ合衆国(米国)の雑誌「Consumer Reports」の2019年2月号に、チップに関する特集記事がある。チップの作法(マナー、エチケット)が解説されている。

アメリカ人には当たり前の習慣だと思っていたから、特集記事で解説されていることに、驚いた。
チップは日本にはない習慣だから、チップの習慣のある国に行った際にはもチップには悩まされているが、まさか、アメリカ人にとっても難しいとは、驚いた。
驚いたと同時に、何事も、外から見るのと中にいるのとでは違うものなのだな、と思った。

さて、その記事を読んで、ホテルに宿泊した際の部屋係(ハウスキーパー)へのチップについて発見があった。

以前、アメリカ事情通の日本人が書いている記事で、部屋係へのチップについて読んだことがある。
そこには、ベッドにチップを置くのは日本人だけであり、アメリカ人でそのようにする人に会ったことがないというような話が書かれていた。
僕は、へぇーそうなのかーと納得し、自分がアメリカでホテルに泊まった際に、ベッドにチップを置いてきたことを振り返って恥じ入った。

しかし、上記の Consumer Reports のチップ特集には、部屋係へ向けてチップを置くのが普通であるように書かれている。
毎日$3から$5を、「For housekeeping」のメッセージを添えて置くように薦められている。
つまり、そのアメリカ事情通は、本人の周囲の情報を、あたかも皆がそうであるかのうように一般化してしまったようだ。

僕自身を含めて、個人の考えは常に偏見である可能性があるということだろう。
人々のコメントを信じ切ってはいけないのだなと、改めて思った。

|

2018年12月11日 (火)

【提案】日本流、ワインの美味しい飲み方

以前から、ワインの飲み方について思っていることがある。
少なくともある年齢の日本人であれば難なく行なうことのできる、日本人ならではの飲み方をすれば、慣れない飲み方をしてむせることもないのではないかと。
そして、はそれをときどき実践している。

赤ワインを美味しく飲むためのヒュルヒュルに代わる方法についての話である。

赤ワインは空気と混ぜながら飲むと美味しいと言われており、確かに、以前交流のあったフランス人の知人も、(いつもではなかったと思うが)そのように飲んでいた。
ワインを口に含み、口をすぼめて舌を丸めて、空気を吸い込みながら、ヒュルヒュルと(音を立てて)飲む飲み方である。

ワインと空気をよく混ぜればよいのであれば、お茶などの熱い飲み物を飲むときのズルズル飲みをすればよいのだと思う。
ズルズル飲みの習慣のない人は、その飲み方が難しいからできないだけであるから、日本人ならズルズル飲みをすればよいのではないかと思う。

長年、ひそかにこのような持論があった僕は、映画「ジャコメッティ 最後の肖像」(原題 Final Portrait)で登場人物がワインを飲むシーンを見てうれしくなった。

ジャコメッティ(Alberto Giacometti)や、ジャコメッティと仲のいい女性たちがみな、まるで日本人が熱いお茶を飲むときのようにズルズルと、赤ワインを飲んでいたのだ。
すばらしい芸術家だが、決して上品とはいえず、粗暴なジャコメッティと、そのようなジャコメッティと気の合う女性たちが行なっていたことだから、そのような飲み方がマナーに合っているかどうかは疑問ではある。
しかし、日本流の上品なズルズル飲みをするならば、そして、そのズルズル飲みの上品さが理解されるなら、ワインの飲み方としても受け入れられるのではないかと思う。

| | トラックバック (0)

2018年11月13日 (火)

電車で座席を倒すときの、声がけの必要性について

これについては、ときおり話題になるので、人々の考えが気になっていたところへ、朝のワイドショー「スッキリ」(日本テレビ)の視聴者投票で取りあげられていた。

2018年5月11日のことである。

質問は、『新幹線で座席を倒すとき「声がけ」必要?不必要?』であった。

〈註〉そのときの視聴者がどのように判断したかは不明だが、ここでいう「新幹線」は、JRも私鉄も含めた「特急列車」とみなすのが自然だろう。

結果は、
 必要:22,552票(67%)
 不必要:11,340票(33%)
であった。

〈註〉この声がけをする割合は、の経験で比較すると、混雑した電車で奥の方から人をかき分けて出口に向かう際に、「すみません」と声がけする人の割合よりもはるかに大きい。

さて、この件に対する僕の見解は・・・

後ろの席の人への声がけ「倒していいですか?」は、座席を倒すこと自体の善し悪しを尋ねるというよりも、「いま倒しても大丈夫ですか?」という確認と考える方がいいだろうということである。

後ろの人のテーブル(トレイ)には、食べ物、飲み物、パソコンなど、急に座席が倒れてきたら困るものが置いてあるかもしれないから、それが大丈夫なタイミングかどうか確認するということである。

僕はといえば、5年くらい前までは、「倒していいですか?」と声をかけて、座席の背もたれを15度程度(?)倒すことが多かったが、それ以降は倒さないのを基本としている。

それには、おもに2つの理由がある。
1. 背もたれを立てて座る方がお腹周り(など)の筋肉を使うからという健康志向。
2. 声がけはいらない(声をかけられても答えるのが面倒くさい)と考えている人が増えていると感じつつも、声をかけて欲しいと思う人も少なくないと予想して、声をかけるのとかけないのと、どちらがいいか分からなくなり、座席を倒さないという選択をするのもいいと考えたから。

ところで、特に上記2の観点から見ると、ひと昔前の小田急線特急ロマンスカー(現在は現役を引退した形だと思う)の座席はよかった。
それは、背もたれが5度くらいしか傾けられないようにできていたからである。
しかも、背もたれが後ろに傾くというよりも、自分の座面が前にスライドすることによって背もたれに少しだけ角度が付く方式のリクライニングだったからである。

| | トラックバック (0)

2018年11月10日 (土)

【私見】テレビで「おいしい」に代わり「うまい」が定着した理由

(1962年=昭和37年=生まれ)にとって、食べ物の美味しさを表現する「うまい」は丁寧なことばではない。

だから、テレビ番組でタレントが「うまい」というのを聞くのは、それが多用され始めた20年(?)ほど前は耳障りだった[註]。
そもそも、僕の世代以上にとって、食べ物が口に残ったまま話すこと自体が礼儀に反していた。
しかし、人は慣れという学習をするから、僕も、自分では使わないものの、ひとが使うのを聞くのにはほとんど抵抗がなくなった。


この「耳障り」も、20年前は悪い意味にしか使わなかったが、その後、「耳障りがいい」というようにいい意味の構成要素として使われているのも面白い。

抵抗がなくなったから、冷静に考えられるようになってきて、その結果、「おいしい」に代わって「うまい」が定着した理由が分かった(気がする)。

それは・・・
●食べたものを口に含んだまま「おいしい」と言っても、「おいひい」とか「おーひー」としか言えない(聞こえない)上に、口の中の食べ物が見えやすい。
●それに対し「うまい」なら、食べ物が口に入っていても言いやすく、仮に食べ物で明瞭に発音できなくても「んま」で十分に通じる上に、口を開く時間が短いから口の中の食べ物が見えにくい。
からだろう。

| | トラックバック (0)

2017年8月18日 (金)

日本とバンクーバー(カナダ)の対比

Vancouverbus

2017年7月にカナダ・バンクーバーを訪れた。そこで感じたことをランダムに記す。

●車のクラクションが多い(日本と比較してかなり多い)。

●完全に、そして徹底して、車は人を優先する。ただし、信号無視の歩行者には容赦なくクラクションが鳴る。

●日本では、横断歩道で止まってくれている車に申し訳ないと思い、会釈などするが、バンクーバーではそれをするとむしろ違和感がある。なぜなら、歩行者が優先されるのが当然だからである。

●信号の切り替わり間隔が、日本に比べるととても短い。だから、信号待ちの時間が苦にならない。

●信号機は、トロント(カナダ)と同様に、カウントダウン型が多数派である。

●トロントほどは街がきれいではない。街の中のゴミ箱が、トロントに比べると少ない。

●路線バスの降車合図方式は、ローテクだ。(日本の路線バスと同様の降車ボタンが少数設置されてはいるものの)基本的には、バスの前後長の半分ほどの長さの黄色い紐が左右の窓沿いに張られていて[上の写真(クリックで拡大)を参照]、それを引いて合図する。紐の先がスイッチにつながっていて、紐を引くとスイッチがONになる構造である。天井の蛍光灯をON/OFFする紐にさらに紐を付けて長くして、立ち上がらなくても天井蛍光灯をON/OFFできるようにするのと同じ方法である。咄嗟には、ローテクすぎて可笑しいと思ったが、改めて考えると、ローテクだからこそ、故障しても修理箇所は少なくて済むし、何より、紐が切れれば故障だとすぐに分かる。ハイテクに対するローテクの優位性の一面を見た気がする。

●SkyTrainという電車は、走行音がうるさく、揺れが激しい。(後で調べて知ったのだが、無人の自動運転だそうだ。とはいえ、走行音のうるささと揺れの激しさは、無人運転とは別問題である。)

●SkyTrainには、車椅子でも介助なしで乗れる。ホームと電車の床の段差がほとんどないから、そうできる。電動車椅子の人が、何ごともないようにするりと乗車するのを見た。(日本では、車椅子の場合には、駅員が介助する。乗車駅と降車駅で駅員が介助する。駅員の負担もさることながら、乗る人が受ける制約が大きいと思う。その点、SkyTrainは誰でも気軽に利用できるのがいい。)

●SkyTrainの窓ガラスには "For Your Safety - Please Hold On" と書いてある(「安全のために、つかまって下さい」)。日本語表現と対比すると、「何を」つかまるとは書いてないのが興味深い。日本ならば「手すりやつり革に」と書くところである。

●SkyTrainの、空港と市内を結ぶ路線 Canada Line には、Langara 49th Aveue という駅がある。その駅を表わす車内アナウンスは "Langara 49th" だけだった。それでいいと思った。なぜなら、日本では長々と正式名称を英語アナウンスするのをよく聞き、そこまで長々と言われるとかえって分かりにくいのではないかと、かねがね思っていたからだ。JR常磐線で水戸駅に着く前の乗り換え路線アナウンスの "Kashima Rinkai Tetsudo Oarai Kashima Line" や、同じく勝田駅に着く前の乗り換えアナウンス "Hitachinaka Kaihin Tetsudo Minato Line" は、正確さを重んじすぎて分かりにくくなっている例であろう。

●チェーン店のサンドイッチショップ Tim Horton で学んだ英語表現がある。Ham and Cheese Sandwitch を注文したところ、"Crisp, or grilled?" と聞かれた。咄嗟には意味が分からなかったので尋ねたら、パン(バゲット)を加熱しないのがクリスプで、温めるのがグリルドとのこと。日本の感覚だと、オーブンレンジで温めるとパリッとするのでクリスプという感覚だから、意味が反対になる。現地の意味を解釈すると、温めないとバゲットの硬さが残るからクリスプということのようだ。(メニューから判断すると Tim Horton は、サブウェイのライバルチェーン店のようだ。)

●(これは外国一般にあてはまることだと思うが)一人で旅している人は、まず間違いなく日本人である。

| | トラックバック (0)

2016年5月29日 (日)

注意深い女性

考えあって,が普通自動車運転免許を取ったのは30歳を過ぎてからだった.普通に考えたらベテランドライバーの歳だから,最初は初心者マークを付けるのが照れくさかった.

しかし,初心者マークの発するメッセージの大切さは理解していたから,照れくささを隠すために開き直って付けていたら---何事もそうであるように---次第に慣れていき,照れくささはどんどん減少していった.

さて,僕自身が付けることになるのはまだしばらく先のことだが,70歳を超えたドライバーが付ける高齢者マークも,当人にとっては複雑な気持ちを引き起こすだろう.かくしゃくとしているのだから,まだ付ける必要はないと考える人も少なくないだろう.

とはいえ,高齢者マークを目撃する頻度はどんどん高まっているから,加齢による避けられない心身能力の低下を自覚しているドライバーが増えているのは間違いない.

このような状況だから,高齢者マークの表示は重要なメッセージになっている.高齢者マークが付いていることで,こちらの注意の配分が適切化することにより事故の可能性が低下することに加えて,上手ではない運転に対してイライラすることもなくなり,これまた事故の可能性の低下に結びつく.

さてさて,背景説明が長くなったが,本題は,高齢者マークのメッセージを有効に活用している女性の話である.

先日見かけた高齢の女性は,自転車に高齢者マーク(自動車用!)を貼り付けていた.

変なおばあさんだと見る人も多いだろうが,しっかりとメッセージを発するために実行しているのだと考えると,応援したい気持ちになる.

ただ,ひとつ遺憾なのは,高齢者マークを付けなくとも,自転車に乗るその姿が既にメッセージになっているということに気づいていないのかもしれないところである.

| | トラックバック (0)

2015年12月14日 (月)

電話の出かた

受話器を取ってすぐに話し始める人がいる.概して,仕事をてきぱきとこなす人に多いように思う.

ただし,仕事をてきぱきとこなすことと,仕事ができることは違う.

本当に仕事ができる人なら,電話回線はすぐには繋がらないことがままあり,話し始めのことばが相手に伝わらないことを認識しているはずだからだ.

(トゥルルー…トゥルル−…カチャ)
相手 「※§♂$です」
僕 「○○○○ですか?」
相手 「はい,そうですが…」
・・・というやり取りを,年に数回は,している.

話し始める前に「はい,…」「もしもし,…」「お電話ありがとうございます,…」など,何でもいいから,“間”を置いてから話し始めるべきなのである.

往年のベストセラー「気くばりのすすめ」(鈴木健二著)にも,同様のことが書かれている.

サッと電話に出て,パッと話し始めることが効率的だと考えているうちは,まだ本当の効率が分かっていない.

さて,最後に,電話の出かたについて,もうひとつコメントしておきたい.

それは,呼び出し音が鳴り,すぐに取れる状況であっても,2回待ってから受けるべきだということである.

電話をかける側であるとはいえ,話し始めのことばを完全にまとめてからかけることは少ない.話したい内容をまとめつつ,コール音を聞きながら話し始めのことばを選ぶ時間,気持ちを準備する時間,が必要である.

呼び出し音が1回も終わらないうちに相手が出てしまうと,一瞬戸惑ってしまい,まとまりのない話し出しになってしまうからだ.

| | トラックバック (0)