思い込み

2019年8月31日 (土)

「転がる石に苔は生えない」は、「転がる石」を肯定しているのか、否定しているのか?

サントリーの緑茶「伊右衛門」のCMで、イモトアヤコに向かって宮沢りえが、「転がる石にコケは生えへん、いうてね」と言っている。

「転がる石に苔は生えない」の「転がる石」について、は数十年来、「転がる石」を否定する、つまり「転がる石」はよくないという意味だと思い込んでいたから、そのCMで「転がる石」を肯定しているのを聞いて、焦った。

またしても僕は、長年、思い違いをしていたのか、と。

そこですぐに辞書を引いてみた。そしてホッとした。両方の意味があり、僕の知識が間違いではないと知って、ホッとした。

広辞苑のように、「転がる石」をよくないと否定する解釈を先に挙げる辞書がある:

【広辞苑 第七版】転石苔を生ぜず
(英語のことわざから)
・何事も腰を落ち着けてあたらないと、身に付くものがなく大成できない。
・常に活動している人は、時代に遅れることがない。

また、The New Oxford American Dictionary のように、"a rolling stone"=「転がる石」を否定する解釈のみを挙げる辞書がある:

【The New Oxford American Dictionary, THIRD EDITION】a rolling stone gathers no moss.
 [proverb] a person who does not settle in one place will not accumulate wealth or status, or responsibilities or commitments.

その一方で、スーパー大辞林のように、「転がる石」を肯定する解釈を先に挙げる辞書もある:

【スーパー大辞林(2013年版)】転石苔を生ぜず
・活発な活動を続けている者は,いつまでも古くならないことのたとえ。
・ 一か所に落ちつかない者は大成しないことのたとえ。

ことばは変化し続けるものだから、どの解釈も正しいといえる。

ただ、文脈なしで、「転がる石に苔は生えない」だけ抜き出すと、解釈は分かれるだろう。恐らく、僕の世代は否定の解釈と捉える人が多いのではないだろうか。

さて・・・

ことわざの解釈の話題からは離れるが、文脈次第でまったく反対の意味になることばの例を挙げて、このノオトを閉めたいと思う。

同じような例を挙げればきりがないが、一例として「こうてん」がある。

音を聞いただけでは、「好天」であるのか、「荒天」であるのかの判断はできない。文脈次第である。

|

2019年6月30日 (日)

自動車運転中に、信号機のない横断歩道の手前で停止するのはマナーではなく、ルール

既にの記憶が失われているから明確なことは言えないが、恐らく、運転免許を取ってから数年間は正しく理解していたのだと思う。

それは、信号機のない横断歩道を渡ろうとしている人がいる場合に、手前で一時停止しなければならないのは、ルール(法律で定められていること)だということである。

しかし、その記憶が失われてから数年前までの間、それがルールではなくマナーであると誤解していた。

実際、JAF(一般社団法人日本自動車連盟)による、2018年の全国調査によれば、信号機のない横断歩道で、渡ろうとしている人がいる場合の一時停止率は8.6%であったとのことである[詳しい説明や調査結果の詳細はこちら]。

その調査では、都道府県別の一時停止率も公表されている
最高が長野県の58.6%、最低が栃木県の0.9%である。僕が住んでいる茨城県は、魅力度ランキングでは最下位(47位)を走り続けているが、一時停止率では全国平均を上回る9.2%で、17位である。

ルールであるにもかかわらず一時停止しない自動車が多いのは、「配慮」や「行動を抑制してしまう心理」が働いていると考えられるが、この辺りについては、ここでは触れないことにする。

その代わりに、このルールを規定している法律(道路交通法 第三十八条)と、それよりも認知度の低いと思われる「道路交通法第 三十八条の二」について述べたいと思う。

まず、「道路交通法 第三十八条」には一時停止すべきことのみならず複数の観点から通行方法が記述されているが、押さえておくべきこととして、「歩行者または自転車」が対象となることを確認しておきたい。
そして、認知度の低いと思われることとして、「道路交通法第 三十八条の二」では、横断歩道が設けられていなくても、「車両等は、交差点又はその直近で横断歩道の設けられていない場所において歩行者が道路を横断しているときは、その歩行者の通行を妨げてはならない。」ということである。

「道路交通法 第三十八条」について詳しくは、こちらを参照

|

2019年6月18日 (火)

【あったらいいもの】添付忘れを教えてくれるメールアプリ

メールのやりとりで時折あるのは、ファイルを添付するつもりだったのに添付し忘れて、
「添付し忘れたため、再送信します。」
である。

自身も年に1、2回はしてしまうこのミスの発生理由にも興味があるが、メールの文面を把握して、ファイルが添付されるはずなのにされていない場合には、送信前に注意や確認をしてくれるメールアプリがあったらいいと思う。

|

2019年6月10日 (月)

「幸せ、ああ」か、それとも「ああ、幸せ」か

Kirinitibansiboriaasiawase_trimmed1年以上前から、ビール「キリン 新・一番搾り」のポスターに違和感を覚えていた。

ここで紹介したいと思いつつも、そうせずにいたから、そろそろ、の感じた違和感も賞味期限を過ぎてしまったかな、と思った。

しかし、まだ、僕が違和感を覚えたポイントは変わっていなかった。

画像[クリックで拡大]は、つい先日の写真である。

みなさんは、ポスターに書かれている「ことば」、モデルさんの背後に筆書きで書かれている4文字の「ことば」、を何と読むでしょうか。

僕は「幸せ、ああ」と読んでしまう。ポスターの意図としては「ああ、幸せ。」なのだが…。

僕がそう読んでしまう理由を分析すると、縦書きだから右の行から左の行へという無意識の判断があるのだと思う。

だから、自然に読めるポスターとするには、現状の

 あ  幸
 あ  せ。

ではなく、

 幸  あ
 せ  あ

とする方がいいと思う。

《修正:画像をトリミング:2019-08-21》当初使用していた画像は、意図が伝わりにくかったため、注目領域だけをトリミングした(切り取った)画像に差し替えた。

|

2019年5月14日 (火)

アメリカ人にも、チップは難しい?

アメリカ合衆国(米国)の雑誌「Consumer Reports」の2019年2月号に、チップに関する特集記事がある。チップの作法(マナー、エチケット)が解説されている。

アメリカ人には当たり前の習慣だと思っていたから、特集記事で解説されていることに、驚いた。
チップは日本にはない習慣だから、チップの習慣のある国に行った際にはもチップには悩まされているが、まさか、アメリカ人にとっても難しいとは、驚いた。
驚いたと同時に、何事も、外から見るのと中にいるのとでは違うものなのだな、と思った。

さて、その記事を読んで、ホテルに宿泊した際の部屋係(ハウスキーパー)へのチップについて発見があった。

以前、アメリカ事情通の日本人が書いている記事で、部屋係へのチップについて読んだことがある。
そこには、ベッドにチップを置くのは日本人だけであり、アメリカ人でそのようにする人に会ったことがないというような話が書かれていた。
僕は、へぇーそうなのかーと納得し、自分がアメリカでホテルに泊まった際に、ベッドにチップを置いてきたことを振り返って恥じ入った。

しかし、上記の Consumer Reports のチップ特集には、部屋係へ向けてチップを置くのが普通であるように書かれている。
毎日$3から$5を、「For housekeeping」のメッセージを添えて置くように薦められている。
つまり、そのアメリカ事情通は、本人の周囲の情報を、あたかも皆がそうであるかのうように一般化してしまったようだ。

僕自身を含めて、個人の考えは常に偏見である可能性があるということだろう。
人々のコメントを信じ切ってはいけないのだなと、改めて思った。

|

2019年2月10日 (日)

MacBookディスプレイの汚れは、付いた汚れではないので取ろうとしてはいけない

これは、の思い込み(間違い)による失敗談である。

Apple のノートパソコン MacBook Pro の Retina ディスプレイの汚れが気になっていた。

汚れ方からして間違いなく、キーボードに付いた手の脂が、ディスプレイを閉じたときに液晶画面に付いたものだと思い込んでいた。

使用中(=ディスプレイが明るいとき)には気にならないが、ディスプレイがスリープして真っ暗になったときの、白っぽい汚れが気になっていた。

時折、柔らかい布で乾拭きするものの、きれいにはならない。
しかし、大いに気になるものではないので、1年程度は特別な対応をしてこなかった。

先日、家電量販店に行った折、いいモノが目に入った。
液晶用のウェットクリーニングシートである。

「これを使えば、ずーっと気になっていた汚れがきれいに取れるはずだ。」

これは大間違いであった。

汚れは何らかが付着していると思い込んでいたが、インターネットで調べてみたところ、反射防止コーティングがはがれてできた表面のキズ(あるいはキズが広がったかすれ)であった。
付着しているなら、ゴシゴシこすれば取り除けるが、キズを強くこすれば広がってしまうのは当たり前である。

僕と同じ過ちを犯す人が増えないことを願います。
(なお、下記の参考情報では修理した体験談が紹介されていますが、僕の場合は無償修理対象ではないことと、キズが大きくなってしまったとはいえ、ディスプレイが明るいときには気にならない範囲に収まっているため、時折自分の失敗を悔やみつつも、そのまま使っています。)

▼参考情報
インターネット上には、この件に関する記事が、国内外を問わず多数存在しますが、2例だけリンクを張っておきます。
またか!MacBook Proの画面コーティングが剥がれたので修理しました!(Appleサポートへの依頼の流れ)
Macbook Proの液晶コーティング剥がれは保証期間を過ぎていてもなんとかなるらしい

| | トラックバック (0)

2018年12月15日 (土)

徒然草「仁和寺にある法師」とナイアガラ

Niagara仁和寺に住む法師が石清水八幡宮にお参りするつもりが、麓(ふもと)の極楽寺や高良大明神を拝むだけで帰ってきてしまった「徒然草」第52段の話は、のナイアガラ体験に通じる部分がある。

滝や川が見え始めて、素晴らしい景色に感動し、写真を撮りまくり、もしも時間に余裕がなければ、それだけで満足して帰ってきたかもしれない。

が、奥まで行ってみると、途中とはまったく別世界の絶景であったから、途中で引き返さなくてよかったと思った。

| | トラックバック (0)

2018年11月13日 (火)

「ろげんりょく」とは、どのようなチカラ?


これは、テレビを文字通り「見る」ことが多いゆえの読み間違いである。

いつものように消音してテレビをつけ、タレントの半生を素材にしたトークバラエティーにチャンネルを合わせ、ふと画面に目をやると、

 「ロゲン力は弱い」

とテロップ(字幕)が出ていた。

「ろげんりょく」とはどのような「チカラ」だろう・・・?、どのような「チカラ」が弱いんだろう・・・?、と悩みつつ「見て」いたら、その後のやりとりから、

 「口喧嘩は弱い」

ということだと判明した。

参考までに、「くちげんか」と「ろげんりょく」を仮名漢字変換すると、それぞれ、「口ゲンカ」、「ロゲン力」となり、表示に用いられるフォントによるが、判別は困難であろう。

| | トラックバック (0)

2017年9月 9日 (土)

しばん志 → ジバンシー?

古い写真の中に「しばん志」を目にしたとき、すぐさま「ジバンシー」(GIVENCHY)と読んでしまった。
(最初の字は「じ」ではなく「し」だから、そもそも読み間違いである。)

その写真に写っていたのは、往年の新橋駅だった。

昔は駅名表示も右から左に書いたから、「しばん志」を右から読めば「しんばし」である。

P.S. 新橋の「新」を「志ん」と書く例として、志ん橋大提灯を挙げておく。

| | トラックバック (0)

2016年9月23日 (金)

誤解して敬遠していた

Meaningoflは,30代後半あたりから小食になった.

だから,「バイキング」「食べ放題」「大盛り」「Lサイズ」などの表現があると,まず避けてしまう.

ここ半年くらいだろうか,あるコンビニの弁当売り場で,品としては僕の好みだから食べたいと思ったのだが,Lサイズだからと敬遠していたスパゲッティーがある.

週に一度は目に入り,これがLサイズではなくて普通サイズだったらいいのに…,と要望を投稿しようと思うことも多々あった.

最近,ふとみると,近くに同じ見ばえで「大盛り」の名が付いている,サイズの大きなスパゲッティーがあることに気づいた.

そこでやっと僕は気づいた.
「Lやみつきナポリタン」のLが,largeのLではないことに.
それで,半年越しに,イメージ通りの味のナポリタンを食べることができた.

Lは,それが売られているコンビニ名の頭文字なのかもしれない.

商品のネーミングに対する不満を感じたものの,今になって思えば,それがLサイズならば「やみつきナポリタンL」と書くのが自然だから,「Lやみつきナポリタン」となっていた時点で,自分の解釈を疑うべきだったのだと反省している.

| | トラックバック (0)