« 跳ばないその場ジャンプには、お腹まわりの引きしめ効果があるか? | トップページ | 「転がる石に苔は生えない」は、「転がる石」を肯定しているのか、否定しているのか? »

2019年8月19日 (月)

「一転」の使い方の違和感

統合型リゾート(Integrated Resort;IR)とその中心的関心としてのカジノの誘致に関するきょう(2019年8月19日)の報道の表現に違和感を覚える。

それは、内容の問題ではなく、日本語の用法についてである。

「横浜市が、白紙から一転、誘致へ」における「一転」には違和感を覚える。

「白紙」は「中立」である。
だから、その新たな内容が「拒否」であっても「推進」であっても、「中立」からの変化に過ぎない。

「拒否」から「推進」あるいはその逆であれば、それはまさに「一転」であるが、今回の場合は「急転」などの方が相応しいだろう。

|

« 跳ばないその場ジャンプには、お腹まわりの引きしめ効果があるか? | トップページ | 「転がる石に苔は生えない」は、「転がる石」を肯定しているのか、否定しているのか? »

ことば」カテゴリの記事

違和感」カテゴリの記事

変化」カテゴリの記事