« 電車の車内アナウンスの声の調子への要望と、速やかな反映 | トップページ | 【あったらいいもの】老人の気持ちを理解するためのAI »

2019年7月25日 (木)

「和製英語」はおかしな表現である

「和製英語」を日本語として素直に解釈すると「和製の英語」となる。

つまり、「作られたのは日本だが、英語である」という意味であると捉えるのが自然である。

しかし、実際の意味は、国語辞典で「日本で、英語の単語をもとに、英語らしく作った語。」と説明されているとおり、「英語のようだが英語として通じない、日本でのみ通じる語」である。

「電気自動車」が「電気で動く自動車」、つまり特定の方式の「自動車」であるように、あるいは、「携帯電話」が「携帯可能な電話」、つまり特定の利用形態が可能な「電話」であるように、「和製英語」を自然に解釈すれば、「日本で作られた英語」、つまり特定の文化内で作られた「英語」であるはずである。

には、「英語風日本語」とでも表現するの方がいいように思う。

※このほかの「おかしな表現」については、「ノオト:加速度的に」や「ノオト:「難易度が高い」は無意味な表現」も参照してください。

|

« 電車の車内アナウンスの声の調子への要望と、速やかな反映 | トップページ | 【あったらいいもの】老人の気持ちを理解するためのAI »

ことば」カテゴリの記事

文化」カテゴリの記事

違和感」カテゴリの記事

おかしな表現」カテゴリの記事