« 読み取り専用なのに書き込み可能!?——スマホの性能表示にショック | トップページ | MacBookディスプレイの汚れは、付いた汚れではないので取ろうとしてはいけない »

2019年2月 9日 (土)

iPhoneのうれしい機能

iOS 12 から(?)、iPhone 5s でもトラックパッド機能が使えるようになった。ヒジョーに便利になった。

タッチスクリーンに感圧機能(強く押すとモードが変わる機能=3D Touch)が付いている機種やiPadでは、もっと前からこの機能が使えていたようだ。)

は片手でiPhoneを持ち、親指でキーボードを打つことが多いから、文章中で挿入位置を変える際に、本文上に指を移動させ、長押しして挿入位置を移動するのが面倒だった。

それが今や、「空白」キーを長押しすることでキーボード全体がトラックパッドになり、自由自在に挿入位置(キャレット)を動かすことができるから、作業効率が多いに高まった。


トラックパッドモードを使用している様子のムービーはこちら

最後に、この機能を使い際のコツを述べておく。

僕も最初は、「空白」キーを長押ししてキーボード全体が白っぽくなったら、長押しした指を離さずに操作しなければならないと思っていた。だから、「空白」キーが右端にあるから、挿入位置を右に動かすのに苦労していた。

しかし実は、キーボード全体が白っぽくなったら、指を離しても0.5秒ほどは白っぽいままである(つまりトラックパッドモードが持続する)。だから、

 「空白」キー長押し
   ↓
 トラックパッドモードになったらキーボードの中央付近にサッと指を移動
   ↓
 挿入位置を動かす

とすれば、挿入ポイントの移動がスムーズである。

|

« 読み取り専用なのに書き込み可能!?——スマホの性能表示にショック | トップページ | MacBookディスプレイの汚れは、付いた汚れではないので取ろうとしてはいけない »

メモ:Apple」カテゴリの記事

スマートフォン」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPhoneのうれしい機能:

« 読み取り専用なのに書き込み可能!?——スマホの性能表示にショック | トップページ | MacBookディスプレイの汚れは、付いた汚れではないので取ろうとしてはいけない »