« 【私見】テレビで「おいしい」に代わり「うまい」が定着した理由 | トップページ | 「SNS」のカタカナ書きとして「エセネス」を提案 »

2018年11月12日 (月)

6年目の iPhone 5s、ここに来て使い勝手が急向上

情報機器の更新サイクルが早くなっている昨今だから、新しもの好きであると同時にひとつのモノを長く使いたいと思っているは、新しいOS(オペレーティングシステム)の話題が出ると、使用中のパソコンやスマートフォンが最新OSから置き去りにされやしないかと心配になる。

この秋のiOS(iPhoneやiPadのOS)アップデートでは、長年使ってきた iPhone 5s が対象として残るかどうかに注目していた。

僕が期待していた小型iPhoneはなさそうだとの情報を目にしたからなおさら、iPhone 5s(小型iPhone)が最新OSでサポートされるかどうかが気がかりだった。

結果として、一部の予想に反して、iPhone 5s が最新OSでもサポートされることになり、これで1年は使い続けられると、ひと安心した。

僕としては、それだけで十分に満足だったのだが、最新のOS(iOS 12)には2つのうれしいプレゼントが付いてきた。

ひとつは、動作が軽快になったこと、もうひとつは、テキスト編集の操作性が向上する機能が使えるようになったことである。

それは、テキスト編集時に挿入ポイント(カーソルとかキャレットと呼ばれる)を自在に移動させることのできる「トラックパッド」機能である。
(記事「iOS 12では古いiPhoneでもトラックパッド機能が使えるように」も参照。)

「空白」キーや「スペース」キーを長押しすることによって、パソコンのトラックパッドでマウスを動かすように、挿入ポイントを移動できる機能であり、作業効率が20%ほど向上した。

|

« 【私見】テレビで「おいしい」に代わり「うまい」が定着した理由 | トップページ | 「SNS」のカタカナ書きとして「エセネス」を提案 »

メモ:Apple」カテゴリの記事

スマートフォン」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6年目の iPhone 5s、ここに来て使い勝手が急向上:

« 【私見】テレビで「おいしい」に代わり「うまい」が定着した理由 | トップページ | 「SNS」のカタカナ書きとして「エセネス」を提案 »