« 生徒と教師は鍋と鍋磨き | トップページ | 「アラフィフ」の替わりに「アラハー」を提案したい(改めて) »

2017年12月28日 (木)

BYODの読み方

近年、ノオト「How to pronounce MVNO? (MVNOの読み方)」で取りあげたMVNOよりも口にする頻度が高まっているBYODの読み方の提案である。

スーパー大辞林(デジタル2013年版;macOS High Sierra 付属)では

    BYOD ビーワイオーディー
    (bring your own device)
    職場が用意する情報機器ではなく,従業員が個人所有する情報機器を持ち込んで利用すること。

と説明されている。

の職場でも資料や議論に登場する機会が多くなったこのことばだが、人々の読み方は例外なく「ビーワイオーディー」である。

僕としては「バイオッド」という読み方を提案したい(提案するとはいっても、既にインターネット上の発音サイトでも提案されているから、提案したいではなく支持したいとするのが正確だが。)。

なお、詳しくいえば、最後の「ド」は日本語的に /do/ ではなく、英語的に /d/ に近く発音する方がいいと考えている。

|

« 生徒と教師は鍋と鍋磨き | トップページ | 「アラフィフ」の替わりに「アラハー」を提案したい(改めて) »

ことば」カテゴリの記事

アイデア」カテゴリの記事

コンピューター」カテゴリの記事

スマートフォン」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509304/66209172

この記事へのトラックバック一覧です: BYODの読み方:

« 生徒と教師は鍋と鍋磨き | トップページ | 「アラフィフ」の替わりに「アラハー」を提案したい(改めて) »