« 調子が狂う(エレベーター点検中表示) | トップページ | 存在感があり、管理しやすいUSBメモリー »

2017年9月24日 (日)

なぜ、つまらないのか、どうすればおもしろいのか・・・・人間というものの根底を論考する子どもの奮闘記

最近、本屋さんで偶然に、絵本「つまんないつまんない」(ヨシタケシンスケ作;通販サイトAmazonへのリンクはこちら)に巡り会った。

ヨシタケシンスケ氏の作品を目にしたのはそのときがはじめてで、最初に手に取ったのは、子どもらしい前向きな行動が微笑ましい「なつみはなんにでもなれる」(通販サイトAmazonへのリンクはこちら)であった。

「なつみはなんにでもなれる」を読んで引き込まれ、すぐに購入の意思が固まった。

どの作品もおもしろそうだったが、人の行動と心理を研究対象にしているの気持ちを最も大きく動かしたのが「つまんないつまんない」だった。

その書店では、「なつみはなんにでもなれる」は中身を見ることができたのに対し、「つまんないつまんない」はビニール包装されていて中身を見ることができなかった。
しかし、表紙と裏表紙を観ただけで、面白いに違いないと思えた。

読んでみると、予想以上に面白く、そして、面白いだけでなく内容も深かった。

|

« 調子が狂う(エレベーター点検中表示) | トップページ | 存在感があり、管理しやすいUSBメモリー »

脳・人間」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509304/65832300

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ、つまらないのか、どうすればおもしろいのか・・・・人間というものの根底を論考する子どもの奮闘記:

« 調子が狂う(エレベーター点検中表示) | トップページ | 存在感があり、管理しやすいUSBメモリー »