« ティー・エー・ジー・エー TAGA と環状交差点(ラウンドアバウト) | トップページ | 鉄は熱いうちに打て »

2017年9月 4日 (月)

矢印の指し示す向きが状況に依存して変わる

Projector

矢印の意味の曖昧性については、これまでにもたびたび指摘してきたが、今回はそれらとは少々視点が異なる。
(これまでの、矢印に関連したノオトはこちらを参照。)

上の写真(クリックで拡大)は、プロジェクターを収納する向きの指示が、その指示を見る状況によって正反対になる例である。
レンズを上にして収納するように解釈できる(上側)一方、レンズを下に収納するように解釈もできる(下側)。

プロジェクター収納バッグの構造と、プロジェクターのレンズの向きを考えれば、冷静であれば、どの向きが正しいかの想像は付くものの、実際が経験した戸惑いはあり得る。

|

« ティー・エー・ジー・エー TAGA と環状交差点(ラウンドアバウト) | トップページ | 鉄は熱いうちに打て »

矢印」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509304/65751780

この記事へのトラックバック一覧です: 矢印の指し示す向きが状況に依存して変わる:

« ティー・エー・ジー・エー TAGA と環状交差点(ラウンドアバウト) | トップページ | 鉄は熱いうちに打て »