« しばん志 → ジバンシー? | トップページ | 顔がわんさとある浴室床 »

2017年9月12日 (火)

サービス改善への協力へのご褒美

Penjrnarita

は建設的クレーマーを自負している(その例はこちら)から、できる限りアンケートにも答えるようにしている。

上の写真(クリックで拡大)は、突然のアンケート依頼に応えた謝礼である。

写真の上のペンは、北陸新幹線車内でのアンケートでもらったボールペンである。アンケート用紙とそのボールペンが渡され、アンケート用紙だけが回収され、ボールペンをプレゼントされた。

写真の下のペンは、成田空港でのアンケートの謝礼である。こちらは、北陸新幹線のときとは違って、調査員への口頭での回答の後にプレゼントされたものである。

どちらも、高品質の(メーカー品の)ボールペンであるのが嬉しい。安っぽくて、もらったはいいものの、使う気にならないプレゼントもあるからだ。

こう書いてみて、ふと、30年近く前に本か雑誌で読んだ、プレゼントの極意を思い出した。

それは…

つまらないプレゼントになるか、それとも喜ばれるプレゼントになるかは、プレゼントの値段そのものが決めるのではない。
高価だから喜ばれるとは限らず、安価だから喜ばれないとも限らない。
ものの割には値段のはるものを選ぶのがよくて、逆に、高価なはずなのに安いものはよくない。
例えば、2,000円のトートバッグは、平均的な1,000円のトートバッグにくらべて何かしら工夫やよさがあるから、喜ばれる可能性が高い。一方、2,000円の指輪は、小学2年生の女の子なら喜ぶかもしれないが、大人は---仮にその場では嬉しいと言ってくれるかもしれないが---喜ぶはずがない。

|

« しばん志 → ジバンシー? | トップページ | 顔がわんさとある浴室床 »

サービス」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509304/65783558

この記事へのトラックバック一覧です: サービス改善への協力へのご褒美:

« しばん志 → ジバンシー? | トップページ | 顔がわんさとある浴室床 »