« 絶景ポイントを求めて(茨城県日立市にて) | トップページ | 論争は意見の食い違いか? それとも好みの食い違いか? »

2017年8月18日 (金)

天気予報における表現の改善?

いつ頃始まった習慣なのか定かではないが---の記憶では10年は下回らない---、テレビやラジオの天気予報で頻繁に耳にする決めつけ表現がある。

それは、〈ノオト:限定し過ぎ!?〉でも言及した、折りたたみ傘の携行に関することである。

一日中雨ではないが、雨が降る可能性が高い日の天気予報で、「折りたたみ傘があるといいでしょう」という決めつけが気に入らない。

折りたたみじゃない傘を持ちたい人も、少数派かもしれないが、いるだろう。

つい最近(1週間ほど前)に、これに関して、納得できる表現を耳にして、うれしくなった。

NHKラジオ第1の、あるニュースの最後の天気予報で、「雨具があると安心です」と言っていた。

これが今後の主流になればいいのにと思う。

|

« 絶景ポイントを求めて(茨城県日立市にて) | トップページ | 論争は意見の食い違いか? それとも好みの食い違いか? »

おかしな表現」カテゴリの記事

ことば」カテゴリの記事

テレビ」カテゴリの記事

過剰なサービス」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509304/65677258

この記事へのトラックバック一覧です: 天気予報における表現の改善?:

« 絶景ポイントを求めて(茨城県日立市にて) | トップページ | 論争は意見の食い違いか? それとも好みの食い違いか? »