« 【トラブル解消法】Excel 2016:ダブルクリックでファイルが開けない | トップページ | ティー・エー・ジー・エー TAGA と環状交差点(ラウンドアバウト) »

2017年8月31日 (木)

パンダの赤ちゃんの体長の精度(有効数字のはなし)

2017年8月22日のNHKニュース(ラジオ)で、上野動物園のパンダの赤ちゃんの身体測定(生後70日)が取りあげられていた。

それによると、体長が47.9センチだったとのこと。

この数字に違和感を覚えない人も多いとは思うが、は心の声でツッコミを入れると同時に、微笑んでしまった(ウケてしまった)。

そこまで高い精度がでるわけないだろう、というツッコミを入れ、すごい高精度で測ったものだなー、と微笑んでしまったのだ。

その場はラジオだったものだから、どのような測定器を使ったのか気になりつつ、いかなる測定器を使ったとしても、僕のその即座の反応は恐らく否定はされないのだろうと思っていたところ、その夜のテレビで映像付きのニュースを見ることができた。

測定には巻き尺(メジャー)が使われていた。
じっとしていないパンダの赤ちゃんを手で押さえて、サッと巻き尺で測っていた。

0.1センチ(=1ミリ)の精度は出そうにない。素人なら精度は1センチだろう。
測ったのはプロだからそれよりは精度が高いだろうが、せいぜい精度は0.5センチ(=5ミリ)だろう。

そのテレビニュース(テレビ朝日の報道ステーション)では、「約48センチ」と言っていた。
発表された数字をそのまま報道するのではなく、意味のある桁数に直した上での報道を評価したい。

|

« 【トラブル解消法】Excel 2016:ダブルクリックでファイルが開けない | トップページ | ティー・エー・ジー・エー TAGA と環状交差点(ラウンドアバウト) »

数字」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509304/65734399

この記事へのトラックバック一覧です: パンダの赤ちゃんの体長の精度(有効数字のはなし):

« 【トラブル解消法】Excel 2016:ダブルクリックでファイルが開けない | トップページ | ティー・エー・ジー・エー TAGA と環状交差点(ラウンドアバウト) »