« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月31日 (木)

パンダの赤ちゃんの体長の精度(有効数字のはなし)

2017年8月22日のNHKニュース(ラジオ)で、上野動物園のパンダの赤ちゃんの身体測定(生後70日)が取りあげられていた。

それによると、体長が47.9センチだったとのこと。

この数字に違和感を覚えない人も多いとは思うが、は心の声でツッコミを入れると同時に、微笑んでしまった(ウケてしまった)。

そこまで高い精度がでるわけないだろう、というツッコミを入れ、すごい高精度で測ったものだなー、と微笑んでしまったのだ。

その場はラジオだったものだから、どのような測定器を使ったのか気になりつつ、いかなる測定器を使ったとしても、僕のその即座の反応は恐らく否定はされないのだろうと思っていたところ、その夜のテレビで映像付きのニュースを見ることができた。

測定には巻き尺(メジャー)が使われていた。
じっとしていないパンダの赤ちゃんを手で押さえて、サッと巻き尺で測っていた。

0.1センチ(=1ミリ)の精度は出そうにない。素人なら精度は1センチだろう。
測ったのはプロだからそれよりは精度が高いだろうが、せいぜい精度は0.5センチ(=5ミリ)だろう。

そのテレビニュース(テレビ朝日の報道ステーション)では、「約48センチ」と言っていた。
発表された数字をそのまま報道するのではなく、意味のある桁数に直した上での報道を評価したい。

| | トラックバック (0)

【トラブル解消法】Excel 2016:ダブルクリックでファイルが開けない

詳しい条件や環境は割愛して、ポイントだけ記す。

Windows 7 などで、Office を Microsoft Office 2016 にアップグレードした後に、Excel(エクセル)のファイルが開けなくなることがある。

症状としては、メニューの〈開く〉を使えば開けるのに、ダブルクリックでは開けないなどである。

次の手続きで解決することがある。

コントロールパネルの〈プログラムのアンインストールまたは変更〉を選ぶ
 ↓
Microsoft Office を選ぶ
 ↓
プログラム一覧の上側に〈整理 アンインストール 変更〉が見えるので、〈変更〉を選ぶ
 ↓
〈クイック修復〉を選ぶ

| | トラックバック (0)

2017年8月20日 (日)

伝えるとは

伝えるとは、自分の理解を自分のやり方で説明することではなく、相手の頭の中を推定し、相手のことばで、相手の思考に沿って表現することである。

| | トラックバック (0)

【トラブル解消法】iPhoneアプリが起動しない

詳しい条件や環境は割愛して、ポイントだけ記す。

インストールしたiPhoneアプリが、起動しないことがある(起動の途中で滞ってしまうことがある)。

すぐに分かるように説明されていないのが問題なのだが、位置情報や通知を許可することで起動することがある。

は慎重派なので、位置情報も通知も、まずはOFFにして使い始める。

アプリが起動しない原因が分からないままに、サポートに問い合わせると、位置情報をONにしてくださいとか、通知を許可してくださいとの回答をもらい、その通りにすることで問題が解消したことが幾度かある。

| | トラックバック (0)

【トラブル解消法】LINEアカウントの移行(機種変更時)

詳しい条件や環境は割愛して、ポイントだけ記す。

機種変更にともないLINEアカウントを移行する際に、新しいiPhoneでのアカウント登録がうまくゆかないことがある(移行手順の途中で滞ってしまうことがある)。

その場合、新しいiPhoneのLINEアプリを削除し、iPhoneを再起動して、LINEアプリを再インストールすると解決することがある。

| | トラックバック (0)

【トラブル解消法】iTunes:デバイスから無効な反応が返ってきたため、iPhoneに接続できませんでした

詳しい条件や環境は割愛して、ポイントだけ記す。

Windows アプリケーション iTunes で、iPhone と同期をとろうとする際に、「デバイスから無効な反応が返ってきたため、iPhoneに接続できませんでした」とのエラーが出ることがある。

その場合、Apple Software Update を起動すると、iTunes が最新版にアップデートされて、問題が解決することがある。
(Windows Update では最新版が見落とされることがあるようだ。)

| | トラックバック (0)

2017年8月18日 (金)

日本とバンクーバー(カナダ)の対比

Vancouverbus

2017年7月にカナダ・バンクーバーを訪れた。そこで感じたことをランダムに記す。

●車のクラクションが多い(日本と比較してかなり多い)。

●完全に、そして徹底して、車は人を優先する。ただし、信号無視の歩行者には容赦なくクラクションが鳴る。

●日本では、横断歩道で止まってくれている車に申し訳ないと思い、会釈などするが、バンクーバーではそれをするとむしろ違和感がある。なぜなら、歩行者が優先されるのが当然だからである。

●信号の切り替わり間隔が、日本に比べるととても短い。だから、信号待ちの時間が苦にならない。

●信号機は、トロント(カナダ)と同様に、カウントダウン型が多数派である。

●トロントほどは街がきれいではない。街の中のゴミ箱が、トロントに比べると少ない。

●路線バスの降車合図方式は、ローテクだ。(日本の路線バスと同様の降車ボタンが少数設置されてはいるものの)基本的には、バスの前後長の半分ほどの長さの黄色い紐が左右の窓沿いに張られていて[上の写真(クリックで拡大)を参照]、それを引いて合図する。紐の先がスイッチにつながっていて、紐を引くとスイッチがONになる構造である。天井の蛍光灯をON/OFFする紐にさらに紐を付けて長くして、立ち上がらなくても天井蛍光灯をON/OFFできるようにするのと同じ方法である。咄嗟には、ローテクすぎて可笑しいと思ったが、改めて考えると、ローテクだからこそ、故障しても修理箇所は少なくて済むし、何より、紐が切れれば故障だとすぐに分かる。ハイテクに対するローテクの優位性の一面を見た気がする。

●SkyTrainという電車は、走行音がうるさく、揺れが激しい。(後で調べて知ったのだが、無人の自動運転だそうだ。とはいえ、走行音のうるささと揺れの激しさは、無人運転とは別問題である。)

●SkyTrainには、車椅子でも介助なしで乗れる。ホームと電車の床の段差がほとんどないから、そうできる。電動車椅子の人が、何ごともないようにするりと乗車するのを見た。(日本では、車椅子の場合には、駅員が介助する。乗車駅と降車駅で駅員が介助する。駅員の負担もさることながら、乗る人が受ける制約が大きいと思う。その点、SkyTrainは誰でも気軽に利用できるのがいい。)

●SkyTrainの窓ガラスには "For Your Safety - Please Hold On" と書いてある(「安全のために、つかまって下さい」)。日本語表現と対比すると、「何を」つかまるとは書いてないのが興味深い。日本ならば「手すりやつり革に」と書くところである。

●SkyTrainの、空港と市内を結ぶ路線 Canada Line には、Langara 49th Aveue という駅がある。その駅を表わす車内アナウンスは "Langara 49th" だけだった。それでいいと思った。なぜなら、日本では長々と正式名称を英語アナウンスするのをよく聞き、そこまで長々と言われるとかえって分かりにくいのではないかと、かねがね思っていたからだ。JR常磐線で水戸駅に着く前の乗り換え路線アナウンスの "Kashima Rinkai Tetsudo Oarai Kashima Line" や、同じく勝田駅に着く前の乗り換えアナウンス "Hitachinaka Kaihin Tetsudo Minato Line" は、正確さを重んじすぎて分かりにくくなっている例であろう。

●チェーン店のサンドイッチショップ Tim Horton で学んだ英語表現がある。Ham and Cheese Sandwitch を注文したところ、"Crisp, or grilled?" と聞かれた。咄嗟には意味が分からなかったので尋ねたら、パン(バゲット)を加熱しないのがクリスプで、温めるのがグリルドとのこと。日本の感覚だと、オーブンレンジで温めるとパリッとするのでクリスプという感覚だから、意味が反対になる。現地の意味を解釈すると、温めないとバゲットの硬さが残るからクリスプということのようだ。(メニューから判断すると Tim Horton は、サブウェイのライバルチェーン店のようだ。)

●(これは外国一般にあてはまることだと思うが)一人で旅している人は、まず間違いなく日本人である。

| | トラックバック (0)

論争は意見の食い違いか? それとも好みの食い違いか?

トルストイ著「アンナカレーニナ」に出て来る以下の箇所は,論争の本質を突いている.純粋に意見を闘わせている議論はまれで、ほとんどの議論は、冷静に聞いてみると、感情が主役になっている。感情を抑え、論理で議論できる人は大人である。

「きわめて聡明な人々の議論に立ち会って、レーウィンはしばしば気づいてきたのであるが、さんざ苦労し、論理の微妙な駆け引きや、おびただしい言葉をついやした末に、結局、討論している当人たちが、自分らが長いことかかって互いに論証しようと努めていた問題なぞ、とうの以前、論争のはじめからわかっていたくせに、お互いの好みが違うばかりに、論破されまいとして、自分の好むものを明らかにしようとしないだけの話なのだ、という意識に達することがよくあるものである。」

〈出典〉世界の文学セレクション36「トルストイI・アンナカレーニナI」トルストイ著;原卓也訳、中央公論社(1994年刊)、476ページより。

| | トラックバック (0)

天気予報における表現の改善?

いつ頃始まった習慣なのか定かではないが---の記憶では10年は下回らない---、テレビやラジオの天気予報で頻繁に耳にする決めつけ表現がある。

それは、〈ノオト:限定し過ぎ!?〉でも言及した、折りたたみ傘の携行に関することである。

一日中雨ではないが、雨が降る可能性が高い日の天気予報で、「折りたたみ傘があるといいでしょう」という決めつけが気に入らない。

折りたたみじゃない傘を持ちたい人も、少数派かもしれないが、いるだろう。

つい最近(1週間ほど前)に、これに関して、納得できる表現を耳にして、うれしくなった。

NHKラジオ第1の、あるニュースの最後の天気予報で、「雨具があると安心です」と言っていた。

これが今後の主流になればいいのにと思う。

| | トラックバック (0)

2017年8月15日 (火)

絶景ポイントを求めて(茨城県日立市にて)

少々古い話だが、日立ふれあい情報マガジン「ひたっち」2016年12月号(フリーペーパー)の特集「日立絶景7選」の中の1枚の写真に感動した。

被写体は、見慣れていて、幾度も通ったことのある、海の上を通るバイパスである。

そのバイパスは、確かに美しい。海の景色との相性もバッチリである。

しかし、いざ写真に収めるとなると、整備に十分に手が回っていない周囲の風景が邪魔して、単純に美しい写真を撮るのは難しいと感じていた。

だからこそ、よくぞこれほど美しく撮れたものだと感動したのだった。

その写真は、「【絶景その2】日立バイパス」として、このページで紹介されている。

おおよその撮影スポットは予想できたからこそ、実際にどこから撮影してどのように切り取ったらこれほど美しい写真になるのかが気になった。

気になって頭の片隅にはあったものの、なかなかふらりと撮影スポット探しに行くだけの気持ちの余裕が持てずに2ヶ月以上が過ぎた頃、2回目のチャレンジで見つけることができた。

これが、iPhoneカメラで収めた写真(クリックで拡大)である。

Hitatchi_201612_spot

そしてこれが、その写真を、上述の「【絶景その2】日立バイパス」と同じ範囲を切り出した写真(クリックで拡大)である。

Hitatchi_201612_spotcropped

写真の質はまったく異なるものの、ピッタリ重なることを確認して、うれしくなった。

| | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

MINI Cooper and 3298(ミニ・クーパーと3298)

* 日本語概要は下方 (Japanese outline below)

If you visit Japan, you will notice lots of MINI Coopers (now a car from BMW) with a license number 3298.

+----
Background: In Japan, a license number for a car is composed of four parts. The district code (Kanji or Kana), the car-type code (three digits), Kana code, and one through four digits numbers. Only the last part is left for an owner of a car to be picked out as he/she wants.
----+

Why 3298 for MINI Coopers? The answer is playing on numbers and sounds.

+----
Basics of playing on numbers and sounds: each of ten digits can be pronounced in several ways.
1: /ichi/, /i/, /hi/, /kazu/
2: /ni/, /fu/, /ji/, /tsu/
3: /san/, /mi/, /sa/
4: /yon/, /yo/, /shi/
5: /go/, /ko/, /itsu/
6: /roku/, /ro/, /mu/
7: /nana/, /shichi/, /na/
8: /hachi/, /ya/, /pa/, /ha/, /ba/
9: /kyuu/, /kyu/, /ku/, /koko/
0: /rei/, /re/, /o/
The task you do is find a set of numbers that sounds like a word. For an example, let's think about Naomi, one of popular female names not only in Japan but also other countries. You can see Naomi = /na/ + /o/ + /mi/ = 703. This process is very easy for most Japanse since these kinds of playing with numbers and sounds are pervasive everywhere in Japan. In fact, before the internet age (until 1990's maybe), most of advertisement with telephone number utilized this playing on numbers and sounds. One of the most appealing numbers were 4126 = /yo/ + /i/ + /fu/ + /ro/ = yoi furo = good bathing.
----+

Let's return to 3298. 3298 = /mi/ + /ni/ + /ku/ + /pa/. I have to note an important rule in thie playing. You can elongate vowels if thought permissible. Elongate or not, as well as which sound to be chosen for a digit, is the source of ambiguity, hence difficulty, of this playing. Note this ambiguity is like transformation of series of letters to pronunciation in English, so that most of Japanse have little difficulty to overcome those ambiguity.

So, 3298 = (/mi/ or /mii/) + (/ni/ or /nii/) + (/ku/ or /kuu/) + (/pa/ or /paa/) --> /mi/ + /ni/ + /kuu/ + /paa/ --> MINI Cooper.

Finally, I would like to propose a four-digit number for "MINI" that could be comprehensible without above mentioned Japanse way of playing numbers and sounds. If you ever come to Japan and own a MINI-brand car, and don't want to use "3298" for it takes long time in explaining why, the following would be the solution.

Use 3121.

Answer: Given "MINI", rotate "M" and "N" 90 degree clockwise. Then you'll see deformed 3121.
Mini

┏━━━━

 日本語による概要 (Outline of this post in Japanse)

 自動車ミニ・クーパー(MINI Cooper)のナンバーが3298であることが多々ある。
 疑問の余地なく、3=ミ、2=ニ、9=くー、8=パーという語呂合わせである。
 ただ、これは数字と仮名の語呂合わせという日本固有の遊びであるため、外国人が日本人以外に説明するのは面倒だろう。
 そこで、この日本文化と無関係に、日本在住のMINIオーナー外国人向けのナンバリングを提案したい(もちろん日本人でも構わないが…)。
 それは、3121である。
 その訳は、上図のように、MINIのMとNを右に90度回転させ、形を少々ゆがめれば、3121と読めるからである。

┗━━━━

| | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »