« 2017年4月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年5月

2017年5月25日 (木)

ぴんとこない(伝わってこない)

Tvbaseballnext

野球(WBC = World Baseball Classic)のテレビ中継で、ぴんとこない=伝わってこない=表示が使われていた。
(どうもこの表示は、WBCに限らず、プロ野球を含めて、今シーズンのTBSテレビの表示のようだ。)

にとって何がぴんとこないかというと、「NEXT」が次の打者を指し示している感じがしないことである。
(上の画像[クリックで拡大]を参照)

その代わりに

 いま▶︎ 2 菊池(右)
 つぎ▶︎ 3 青木(左)
 つぎ▶︎ 4 筒香(左)

とでもした方が分かりやすい。

| | トラックバック (0)

ハサミ等で切り取る際には、おけがをなさらないようお気をつけください。

よく、お菓子の箱(や袋)についているマークを集めて応募すると、抽選でプレゼントが当たるというキャンペーンがある。

あるクッキーの応募方法に書かれていたのが「ハサミ等で切り取る際には、おけがをなさらないようお気をつけください。」であった。

そこまで書かなければならない時代になったようだ。

| | トラックバック (0)

2017年5月15日 (月)

過剰なサービス:レンジで温めるチキンカツカレーの場合

Chickencutletcurryrice写真(クリックで拡大)は、2016年3月にローソンで購入した、レンジで温めて食べるチキンカツカレーの説明部である。

「温め後のやけどや容器の傾きによるこぼれにご注意ください。」も丁寧すぎる注意ではあるものの、最近は見慣れてきた。

が、「温め不足でお米がかたい場合には、10秒ずつ追加加熱してください。」は、過剰なサービスに思える。

目安の秒数を示してくれているのではあるが、電子レンジを初めて使う人でない限り、イメージはつかめていると思うし、「20秒の追加加熱ではいけないの?」とツッコみたくなる人も多いだろう。

それくらいは当人に任せてもらいたいものだ。

仮に失敗して熱くなりすぎたとしたとしても、大きな害のない、いい経験になるはずである。

| | トラックバック (0)

ギアチェンジ

箱根駅伝のテレビ中継で、山登り区間の選手が(比較的)平坦な道路から傾斜の急な道路に入り、力走する姿を評して、アナウンサーが、ギアを上げましたというが、本当はギアを下げなければならない。

アナウンサーは、違うと分かっていても、視聴者に伝わるように敢えてそう言っているのかもしれない。

もこの歳になると、正しさよりも伝わる方が大事だと思うことが多々ある。

※ ギア(=ギヤ=gear)はギア比

| | トラックバック (0)

2017年5月13日 (土)

macOS:Spotlight検索に特定のアプリケーションが表示されない問題の解決法

は以前(25年ほど前)から、パソコン操作にキーボード・ショートカットを愛用し、多用している。

僕がおもに愛用しているマック(呼び名にはMacOS、OS X、macOSなどさまざまな変遷がある)の場合も、時折利用するウインドウズ(Windows)の場合も、である。

今回は、マックのSpotlight検索の話題である。

Spotlight検索は、検索フィールドにキーワードを入力するだけで、文書の中身やファイル名で該当するファイルを検索してくれる便利な機能である上に、マウスなしでアプリケーションを起動するためにも使える。
(Spotlightでアプリケーションを起動するためには、「システム環境設定 > Spotlight > 検索結果」で「アプリケーション」にチェックを入れておく必要がある。)

Spotlightは、どのような作業の最中であっても、一切のマウス操作をすることなくすぐに使えるから、作業の効率化に欠かせない。
(もちろん、Spotlight機能を呼び出すためのキーボード・ショートカットを設定しておく必要がある。)

アプリケーション名が日本語の場合、そのまま日本語名で反応することはもちろんだが、英語名でも機能するため、英語名で入力すれば、かな漢字変換の手間が省けてさらに効率的に使える。

例えば、「メモ」アプリの英語名は「notes.app」であるので、僕の使用環境では「no」と入れた段階で「メモ」アプリが候補に上がる。
また例えば「システム環境設定」アプリの英語名は「System Preferences.app」であるが、僕の使用環境では「sy」や「pre」と入れた段階で「システム環境設定」アプリが候補に上がる。

この便利なアプリ起動(切り替え)機能が、何のはずみか分からないが、いくつかのアプリについて働かなくなったことがある。

少しの間、我慢して Finder > アプリケーションフォルダー と辿って起動していたが、次第にその面倒さがイヤになり、対処法をWeb検索してみた。

2つの対処法が目にとまった。
ひとつは、UNIXコマンドを入力し、Spotlightデータベースの再構築をさせる上級者向けのもの。もうひとつは、誰でも簡単にできるお手軽なものであった。

ここでは、僕もその方法で解決した、お手軽な方法を紹介したい。

【Spotlightに特定のアプリケーションが表示されなくなる問題の解決法】
1. システム環境設定で、Spotlight > プライバシー を選択する。
2. Spotlightに表示されなくなったアプリケーションをFinderに表示する。
3. Finderのアプリケーションを項目1の「プライバシー」にドラッグ&ドロップする。
4. リストに追加したばかりのアプリケーションをクリックして選択し、左下のマイナス「ー」をクリックし、アプリケーションをリストから取り除く。

以上。

| | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年7月 »