« 古典的作品の現代語訳、外国語作品の翻訳 | トップページ | 目の前にあっても、意識しないと… »

2017年4月 2日 (日)

ビッグ呼び出しベル

Bigcaller

日本では、順番の到来を知らせる呼び出しベルは、が初めて利用したとき(25年ほど前?)、既にコンパクトだった。

厚さはともかく、サイズはクレジットカード程度だった。

2011年7月に、米国フロリダのオーランド空港で利用した呼び出しベルは、思いのほかビッグだった(写真;クリックで拡大)。


【余談】日本から米国ロサンゼルス空港に着き、乗り継ぎをしてオーランド空港に移動したのだが、遅延なども発生しゴタゴタしていたのか、いまひとつ自信を持った乗り換えができなかった。そのため、飛行機に入ってすぐのフライト・アテンダントに、この飛行機は「オーランド」行きですよね?と確認しようと、「オーランド」を英語的に言った(強勢は「オ」)。すると、一瞬首を傾げられて、すぐに、隣のキャビン・アテンダントと目を見合わせて“オランドのことね。オーランドだって。”と笑われてしまった。フロリダ州オーランド(Orlando)は、現地ではオランド(強勢は「ラ」)と言うのだと、そのとき初めて知ったのだった。

|

« 古典的作品の現代語訳、外国語作品の翻訳 | トップページ | 目の前にあっても、意識しないと… »

科学・技術」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビッグ呼び出しベル:

« 古典的作品の現代語訳、外国語作品の翻訳 | トップページ | 目の前にあっても、意識しないと… »