« 解決すればいい vs. 原因を探りたい | トップページ | コンピューターの文章読み上げ機能における英語の発音 »

2016年1月16日 (土)

気づきが気づきで終わらずに成果となった例

記事「ただの水がジュースになる「魔法のカップ」!?脳を騙すらしい・・・」が目に入った.

その記事からもリンクされている "The Right Cup: Trick Your Brain, Drink More Water!" には,購入方法だけでなく,錯覚する理由や,プロジェクトの歴史(ロードマップ)など,日本語記事にない詳しい情報が書かれている.

かく言うも,実は同様の現象に気づいていた.

ボトル型の缶の日本茶や,同じくボトルの型の缶のブラックコーヒーを飲み終えた後に,ミネラルウォーターを入れて飲むと6割方元のお茶やコーヒーを飲んでいる感覚になるということに気づいていた.(※個人の感想です)

僕のこの気づきについては,2,3名と雑談の話題にしただけで,ほとんど僕個人の一過性の感想に過ぎなかった.

上述のプロジェクトの発端は,恐らく,僕の気づきと同様のことだっただろう.

あらゆる成果は,振り返ってみれば,ちょっとした気づき(発見)が元になっている.そのような無数の例のひとつという意味で特別ではないが,僕自身もその一端に気づいていたという意味で特に興味深い例である.だからといって,僕がカップを商品化できた可能性が少しでもあるとは思っていない——念のため.

ましてや,ただ面白いと思っただけの僕は,〈味と香りがあるが,実は飲んでいるのはただの水なのだから,ダイエットに役立つ〉という効果を思いもよらなかった.元々が(ほぼ)ノンカロリーである日本茶やブラックコーヒーが僕の出発点であり,その出発点から一歩も踏み出せなかったところも,その後の発展がなかったひとつの要因だろう.

|

« 解決すればいい vs. 原因を探りたい | トップページ | コンピューターの文章読み上げ機能における英語の発音 »

脳・人間」カテゴリの記事

モノ」カテゴリの記事

錯覚」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気づきが気づきで終わらずに成果となった例:

« 解決すればいい vs. 原因を探りたい | トップページ | コンピューターの文章読み上げ機能における英語の発音 »