« 2015年10月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月20日 (日)

解決すればいい vs. 原因を探りたい

も科学者のはしくれだから,無意識に,結果オーライを避ける思考回路が働いてしまうことが多い.

思考回路が働いて“しまう”というのは,後になってみれば,その回路が働きさえしなければ,より少ない手間と時間で解決できていた“のに”という僕の意識の表われである.

アラハーとなり,それなりの量の経験をしてきた過去を振り返ると,出来事はまんべんなく訪れるよりも,突然に集中的に訪れる方が多い・・・ように思う.

ごく最近の例でいえば,僕のパソコンアプリケーションのトラブルと,職場のコピー機(複合機)のトラブルの両方が同じ日に発生し,どちらも,結局のところ再起動という,まったくといっていいくらい手間と時間のかからない方法によって解決した.

パソコンの方は,わざとユーザーがアクセスしにくいようになっており,特別な操作をしない限り見えないファイルを無効化してみたり,元に戻したり,それでも解決しないのでインターネットで同様の現象で困ったことのある人からのヒントを得ようと検索し,近い症状の事例の解決方法を真似してみたり,挙げ句の果てには,そのアプリケーションの中核をなす30ギガバイトのファイルをバックアップから復元し,トラブルが発生していなかったときの状態に戻したり,・・・.それでもトラブルは解消しなかった.

結局,パソコンそのものを再起動したら,そのアプリケーションは何ごともなかったかのようにフツーに使えるようになった.

コピー機の方はUSBメモリーへの文書保存に際してUSBメモリーが認識されないトラブルだったのだが,一般ユーザーとしてあれこれ試したり,管理ユーザーとしてあちこちの設定を変更したり戻したり,そうこうするうちに,保存用ばかりか読み出し用の機能でもUSBメモリーが認識されておらず,サポートに連絡すべき故障なのかもしれないと思うに至り,ダメ元でコピー機の電源をOFFにし,改めてONにしてみたところ,パソコンと同様にこちらの方も,何ごともなかったかのようにフツーにUSBが認識されるようになった.

僕が,再起動させるという行動をすぐに起こせなかったことは,悪く言えば,機転が利かなかったということだが,良く言えば,手段はどうあれ解決すればいいという発想を無意識に抑制し,原因を特定したいという探究心が勝っていたということである.

かくいう僕も,もちろん,世の中のあらゆることの原因を特定したいと思うわけではない.解決すればいい,結果を知ることができればいいと思うことの方が圧倒的に多い.

自分が興味のあること,あるいは,それほど興味があるとは言えなくても,それくらい解決できる自分でありたいと思うことについては,当面の問題だけでなく将来発生するであろう同様の問題に対処するための知識を得たいという気持ちになるため,結果よりも過程を重要視するモードになるのだろう.

| | トラックバック (0)

2015年12月18日 (金)

フィリングイン,その後

ノオト:フィリングイン(filling-in)」では,実は人がまったくいないわけではないのだが,人気(ひとけ)のない寂しげなキャンパスに見える写真をデモンストレーションした.

その後,そのデモンストレーションをバージョンアップしたページを作った.

| | トラックバック (0)

2015年12月14日 (月)

電話の出かた

受話器を取ってすぐに話し始める人がいる.概して,仕事をてきぱきとこなす人に多いように思う.

ただし,仕事をてきぱきとこなすことと,仕事ができることは違う.

本当に仕事ができる人なら,電話回線はすぐには繋がらないことがままあり,話し始めのことばが相手に伝わらないことを認識しているはずだからだ.

(トゥルルー…トゥルル−…カチャ)
相手 「※§♂$です」
僕 「○○○○ですか?」
相手 「はい,そうですが…」
・・・というやり取りを,年に数回は,している.

話し始める前に「はい,…」「もしもし,…」「お電話ありがとうございます,…」など,何でもいいから,“間”を置いてから話し始めるべきなのである.

往年のベストセラー「気くばりのすすめ」(鈴木健二著)にも,同様のことが書かれている.

サッと電話に出て,パッと話し始めることが効率的だと考えているうちは,まだ本当の効率が分かっていない.

さて,最後に,電話の出かたについて,もうひとつコメントしておきたい.

それは,呼び出し音が鳴り,すぐに取れる状況であっても,2回待ってから受けるべきだということである.

電話をかける側であるとはいえ,話し始めのことばを完全にまとめてからかけることは少ない.話したい内容をまとめつつ,コール音を聞きながら話し始めのことばを選ぶ時間,気持ちを準備する時間,が必要である.

呼び出し音が1回も終わらないうちに相手が出てしまうと,一瞬戸惑ってしまい,まとまりのない話し出しになってしまうからだ.

| | トラックバック (0)

2015年12月 5日 (土)

潜在危険デザイン,その後

Turnsignallamp
2009年12月4日の「ノオト:潜在危険デザイン」で,運動錯視(動きがないにもかかわらず動きがあるように見える錯覚)によって自動車ウインカーの指し示す方向を誤認識する可能性があることを述べた.

その後しばらくの間は,その考えをただ温めていたが,2013年春に,自動車業界関係者が集まる大規模な研究集会で発表し,潜在的危険性を訴えた.しかし,ただ理論的可能性を述べただけの主張は,多くの聴衆の心には響かなかったように思えた.

反応の悪さに発奮したは,すぐに,研究室の学生とともに,僕の主張の正誤を検証する実験を始めた.自動車後部を単純化したアニメーションをパソコンのディスプレイに次々と表示し,ウインカーの指し示す方向をできるだけ早く回答してもらう心理実験である.

実験の結果,僕の主張を裏付ける結果が得られたので,2014年春に,実験結果を携えて2013年春と同じ研究集会に臨んだ.実験結果を示したことで,前の発表よりは関心を持つ人は増えたようだが,反応のほとんどは実験の設定や方法に対する問題点の指摘であって,手応えはなかった.

とはいえ,ともかくも,ある状況の下ではウインカー誤認識の率が高まる,つまり,潜在的に事故の危険性が高まるという結果が得られたので,研究成果を改めて整理して学術雑誌に投稿することにした.査読者(=匿名の論文審査者)からの指摘とそれへの対応の数か月を経て,論文が採択され,さらに数か月を経た2015年11月に論文が公開された(参考までに,この辺りの時間経過は工学系論文の平均的な流れであろう).

【論文情報とPDF】
指示方向の判断エラーを誘発する恐れのある自動車方向指示器について, 電子情報通信学会論文誌 Vol.J98-D, No.11, pp.1402-1410 (Nov. 2015). DOI:10.14923/transinfj.2015JDP7013
[論文PDF]
Copyright © 2015 IEICE
IEICE Transactions Online

| | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2016年1月 »