« 辞書の引き比べ | トップページ | 技術と工学は違う? »

2015年9月23日 (水)

NHK Eテレ「すイエんサー」に登場したキリンの錯覚

Kirinversion11NHK Eテレ・すイエんサー「超おもしろ動画を自分で作りた~い!」(2015年9月22日(火)本放送,9月26日(土)再放送;も出演)に登場したキリンの錯覚.その錯覚を家庭や学校で楽しめる型紙データが,番組サイトからダウンロードできる.

その型紙は,「ノオト:ドラゴン錯視!」「ノオト:ドラゴン錯視に新色!」で紹介した有名なペーパークラフトをモチーフに,研究室の学生たちとともに制作したものである.

僕が2008年に強い興味を持って以来,ムービーの制作(YouTubeムービー「Illusion Dragon Papers, a Parade! --- 錯視ドラゴン, めっちゃおる! 」「Illusion Dragon Papers, a Crowd! --- 錯視ドラゴン, めっちゃめちゃおる! 」「White Dragon Paper Illusion --- 白いドラゴンの錯視ペーパークラフト 」),小学校や幼稚園でのワークショップ,卒業研究テーマとしての研究と,さまざまな形でこのペーパークラフトの錯覚(逆遠近錯視 hollow-face illusion)に関わってきた.

その一部として,研究室オリジナルペーパークラフトのバージョン1.0を2009年10月に制作し,同月茨城県で開催された技能オリンピックの関連イベントに出展した.それを原型にして,少々の改良を加えたバージョン1.1が,今回,すイエんサー番組サイトで配布されているものである.

(以下,2015-09-26追記)
研究室オリジナルペーパークラフト(キリン)の設計意図は次の通りであった.ワークショップでの経験から,小学2年生でも,ドラゴンのペーパークラフトを独力で作るのは困難であった.工作作業の大半にアシスタントの関与が必要であった.そこで,ドラゴンを工作する過程で最も困難である顔部を構成する面の数を減らしたかった(ドラゴンの顔は5面で構成されている).錯覚効果を維持したまま,簡単化したかった.それでたどり着いたのが,3面で構成された顔であった.

|

« 辞書の引き比べ | トップページ | 技術と工学は違う? »

錯覚」カテゴリの記事

テレビ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK Eテレ「すイエんサー」に登場したキリンの錯覚:

« 辞書の引き比べ | トップページ | 技術と工学は違う? »