« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月31日 (月)

すぐにお飲みくださいの「すぐ」,よく振ってくださいの「よく」

「ノオト:限定し過ぎ!?(続)」では,飲むヨーグルトの飲み方説明での限定し過ぎについて述べた.

それとは反対に,具体的にどうすればよいのか悩む説明もある.

「開栓後は,すぐにお飲みください」の「すぐ」とは,2時間以内なのか,5分以内なのか,それとも,10秒以内なのか?
“常識的”には10秒以内と考えるのはおかしいが,もしも,そのように解釈して実行した人が,全然味が楽しめなかったと残念がっていたら,それを責めるよりも,同情して,次からはそんなに急がなくていいんだよと教えてあげるだろう.

「よく振ってください」という飲むヨーグルト(果肉入り)もある.
この解釈も悩むところだ.振りが足りないと,ヨーグルトと果肉がよく馴染まずに,ストローで飲みにくかったり,口当たりもよくない.かといって,振りすぎると,ドリンクのようになってしまい,折角のヨーグルトのとろみや果肉の感触が消えてしまう.

以前,好んで飲んでいたことのある缶入りゼリーには,上下に強く7回振ってからお飲みください,というような感じのことが書かれていた.
はじめて飲んだとき,ゼリーがくずれ過ぎるのを恐れて弱めに振ったところ,飲み口からゼリーがまったく出てこなくて,甘みを含んだ空気だけを吸うことになった.
少し追加で振ってみては飲んでみるということを繰り返し,結局,上下に30回くらい振ったところで,ゼリーがちょうどいいくずれ具合になった.
2度目からは,思い切りよく振れるようになったものの,一発で決めるのは難しかった.
振りの強さ,振りのストローク,ゼリーの温度など,多くの要因があるから,振る回数を守っても一定の結果(ゼリーのくずれ具合)を得ることはできなかった.

こう考えると,具体的に数字で指定しておきながら数字に意味がないと思われるよりも,「よく」などと感覚的に説明する方がいいのだろう.

結局,「よく振る」の「よく」や,「すぐに飲む」の「すぐ」がどの程度なのかは,経験で知るしかない.

はじめはうまくゆかないが慣れてくるといい感じにできるようになるというチャレンジ性があるから,リピート率が高まるのだろうし,そもそも,この手の商品の開発意図はそこにもあるのだろう.

| | トラックバック (0)

飲食店のマイ評価基準

飲食店の評価といっても,星がいくつかというようなこととは桁違いに日常的な話である.

自分なりの判断材料である.
(タイトルの「マイ」は"My"である.)

《キッチンタイマーが鳴り続けている店は,あまりいい店ではないと思う.》

キッチンタイマーは適切な調理時間を知るためのものなのだから,いくら忙しいとはいえ,鳴り続けているということは,適切な調理ができていないということだろうと思う.

| | トラックバック (0)

2015年8月29日 (土)

受験生という口実

あまのじゃくの側面は,決まりごとやイベントなど,大勢の人々がそろって行なう,あるいは興じるものごとが好きではないところにも表われている.

新年の挨拶が煩わしいと感じていたのは,その一例である.
(そこには,「僕もあと20年もすればそれなりの礼儀作法を身につけ」られるだろうと書かれている.14年以上が経った今,自分のその予想は当たっているように思う.)

同じ観点から,「受験生だから」とか「うちには受験生がいるから」と,受験生を特別扱いする発想が好きではない.

受験の数週間前なら分かるが,4月に高校や中学の3年生になると直ちに,受験生です,受験生がいます,となるのは変な感じがする.

受験は日々の積み重ねなのだから,高校2年生だって,中学2年生だって受験生であろう.極端に言えば,大学を受験したいと思った時点で,高校1年生だって受験生である.

とはいえ,僕もオトナになったから,受験生である,あるいは受験生がいるというのは,有効期間の長い,いい口実なのだろうと思う.気の進まない誘いや依頼を断わるための,いい口実なのだろう.

| | トラックバック (0)

2015年8月28日 (金)

危険なのはどっち!?

「ノオト:ツッコミ!」では,テレビCMでの,スマートフォンのカメラ機能の描写に突っ込んだ.

今回は,最近,スマートフォンのCMに表示されているメッセージ「危険です、歩きスマホ。」にまつわることに突っ込みたい.

スマートフォン Xp**iaのテレビCMのひとつに,小さな子どもを抱っこしている女性が登場し,Xp**iaの使いやすさについて述べるものがある.

「小さい子どもがいるので、片方の手で操作ができたりするのは、すごくありがたいです。」

小さい子どもを右手で抱きかかえながら,左手でスマホの操作をするのは、“歩きスマホ”に匹敵するくらい危険ではないだろうか!?

| | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »