« 2015年4月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月15日 (月)

キャラクターの愛称

は応募マニアの域にはほど遠いが,(建設的だと自負している)要望や質問の件数と,応募の件数を合わせれば,毎月1件は下らない頻度で実行していると思う.

最近(近年)の応募で記憶が鮮明なのは,キャラクター愛称ネーミングへの2件の応募である.

2件のうちの1件目は,僕が長年温めていたアイデアにちょうどいい募集があったので,すぐさま応募したものである.
(そのアイデアについては「ノオト:三人組」を参照.)
実のところ,元々のアイデアは県レベルのものであったのに対し,募集は市のレベルであったから,マッチングの悪さを懸念していた.

残念ながら,入賞できなかった.

2件目は,県レベルの募集であった.
いきいき茨城ゆめ国体2019のマスコットキャラクターの愛称募集であった.

県レベルだから,上記のアイデアとのマッチングはよかったのだが,募集は,ある1つのキャラクターの愛称であったから,そのアイデアを流用することはできなかった.

そのため,この応募に際しては,新たに考えた愛称を複数件送った.

結論から先に言えば,採用された愛称(残念ながら僕の応募作品ではない)は,あまりにもストレートな「いばラッキー」だった.
(愛称募集に際し,事前にキャラクターのプロフィールが公開されており,その中に,ラッキー星からやってきたとあったから,なおさらストレートな結末だった.)

僕の応募作品はひねりがきいたものばかりであった・・・・ひねり過ぎたといえるかもしれない(^_^;)

僕が応募した5つの作品とその説明(理由)は以下の通りである.
(キャラクタープロフィールに,好奇心旺盛というキーワードが入っていたことも参考にされたい.)

●愛称 : キュリオ
簡単な説明(名付けた理由など) : 好奇心旺盛ということから、curiosity → キュリオシティー → キュリオ。
また英語でも、curioはcuriosityの短縮として使われている。

●愛称 : ジョー・アイバラ
簡単な説明(名付けた理由など) : ニックネームは「ジョー」。
由来は以下の通り。
「茨城」を次のように書き換える。「ibara城」。
さらに書き換えると、「i-bara じょう」。
ここから「あいばらジョー」となり、姓と名の順序を逆にして英語での呼び名にすれば「ジョー・アイバラ」。

●愛称 : ラッキー・シロー
簡単な説明(名付けた理由など) : 茨城から(いば)ラッキー。
城からシロー。
そこから、アーティストの芸名風にラッキー・シロー。

●愛称 : あいばラッキー
簡単な説明(名付けた理由など) : ニックネームはラッキー。
ibaraki → iba lucky。
「iba」を英語風に発音して、「あいばラッキー」。

●愛称 : ラグプー
簡単な説明(名付けた理由など) : 「いばらき」から、「良い+場+ラッキー」。
英語に直せば「good + place + lucky」。
茨城は「ラッキーでグッドなプレース」。
「ラ(ッキーで)グ(ッドな)プ(レース)」。
ここから「ラグプー」。

以上!

| | トラックバック (0)

さり気なく…提案

Amessageこのノオトにもたびたび書いたように,は建設的クレーマーを自負している.
(一例はこちら)

ただ,人間の判断の大半は感情によって駆動されているから,改善を望むなら相手の感情に配慮した表現をしなければならない.

写真(クリックで拡大)は,僕が時折訪れるそば屋で,帰りがけに撮ったものである.

そもそもは,店のサービス精神から始まったのに間違いないが,その実現方法がイマイチだった.

そば屋には紙ナプキンはないのが当たり前である.が,恐らく店主は思ったのだろう.紙ナプキンを設置したらお客は歓迎するだろう,と.

実際,僕も歓迎したが,折角の,そば屋らしい佇まいと合わない半透明の容器(写真右側)は残念だ.

常連にはほど遠いから,店主や店員に直接に感想を述べるのは気おくれする.

そう思っていたところへ,予期せず,半透明容器の絶好の代替品が目の前に現われた(その経緯は省略する).写真左側の甕がそれである.

試みに,紙ナプキンを1枚,甕に入れてみたら,何とも雰囲気がいい上に,収まりもいい.

僕の寡黙なメッセージとして,写真のようにして店を出た.

〈語の修正:2015/06/19〉容器を表わす語として,当初「壺」としていましたが,「甕(かめ)」に修正しました.

| | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年7月 »