« 過ぎたるはなお及ばざるがごとし | トップページ | オバタリアン »

2015年2月 5日 (木)

日本語「きく」

長年当たり前のように使ってきたのに,その観点で見ていなかったから気づかずにいることは多い.

例えば,あるときふと,「校」は「交」があるから音が「こう」なのだと気づいて,ひとり発見の喜びにひたったことがある.

全体だけを意識していて,部分が見えていなかった例である.

最近も,ふと気づいたことがある.

日本語の「きく」には,相手の言うことを「きく」という意味と,相手に「きく」という2つの意味があることに気づいた.

前者は「聞く」「聴く」で,英語ならlistenであり,後者は「訊く」で,英語ならaskである.

|

« 過ぎたるはなお及ばざるがごとし | トップページ | オバタリアン »

ことば」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本語「きく」:

« 過ぎたるはなお及ばざるがごとし | トップページ | オバタリアン »