« やさしさの基準の違い?それともからかい? | トップページ | 音と文字・・・思い込み »

2014年9月 3日 (水)

今どきのサービスに驚いた

「妖怪ウォッチ」ということばをはじめて聞いたのが先月(2014年8月)だという例を挙げるまでもなく,は,この世界のかけらしか知らない.

そのような僕だからこそなのかもしれないが,転居を機に,これまで10数年利用してきたクリーニング店とは別の店でクリーニングを頼んでみて驚いた.

以前利用していた店は…
ベテラン夫婦が若い頃から数十年続けていると思しき店で,僕は年に4〜5回利用してきた.
店に入ると客の来店を知らせるチャイムが鳴り,30秒ほどすると奥から夫婦のいずれかが顔を出す.
衣服を頼むと,急ぎか否か尋ねられ,急ぎではないと伝えると,1週間くらいみて下さいと返される.
1〜2週間が過ぎた頃に受け取りに行くと,できあがった衣服をゆっくりと探し出して渡してくれる.

このようなクリーニング店を,僕は10数年間利用し続けていた.

新しい店に驚いたのは,受け取り希望日を聞かれたことだ.

希望日を聞かれて,僕は戸惑った.希望日とは何日以上経った日を言えばよいのだろう? だいたい何日くらいでできるか教えてもらえれば,それに合わせて来ようと思っているのだが….

店員の雰囲気から察するに,希望日を言わないわけには行かなそうだ.

というわけで僕は聞いた.いつ以降が指定できるんですか,と.

店員の答えは・・・今日の夕方以降ならいつでも構いません.

受取日のことはまったく考えずにいた僕は,ともかく日付を答えた.と同時に,僕はプレッシャーを覚えた.客の希望で受取日を指定したのだから,これまでのように,気分や道路状況次第で「やっぱり明日にしよう!」などと,ずるずると更に1週間が経過するというのは許されないだろうと.

利便性が高くなると,それに応じて,ユーザーへのプレッシャーも大きくなることを実感した出来事であった.

|

« やさしさの基準の違い?それともからかい? | トップページ | 音と文字・・・思い込み »

サービス」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今どきのサービスに驚いた:

« やさしさの基準の違い?それともからかい? | トップページ | 音と文字・・・思い込み »