« Microsoft Office非ユーザーのためのOffice.com | トップページ | Microsoft Officeワード文書を忠実に表示できるスマートフォン・アプリ »

2014年3月 6日 (木)

ことばの好感度

同じ対象を指し示す(呼びかける)ことばで,文字だけ見たら大変に酷似しているけれど,好感度がまったく異なるものがある.

その代表例は,おじいさん,おばあさんを指し示すことばであろう.

好感度の高い順に並べると,

じいじ > じじ ≒ じい ≫ じじい
ばあば > ばば ≒ ばあ ≫ ばばあ

(記号 ≫ の意味するところは感覚的に伝わるかもしれないが,念のため補足しておく.これは,単に大小関係を示すだけでなく,大変に大きな違いがあることを示すための数学記号である.例えば,10と9であれば10>9だが,1000と9なら1000≫9と書くことができる.)

よく,相手を呼びかける際に最後の音を伸ばすことで愛着を表現することがある.
たとえば,「あにき」を「あにきー」と.
同じ発想で「じじ」の最後を伸ばしたりすると「じじー」となって,ことばの好感度が急降下してしまうから,難しい.

「じいじ」「ばあば」は手元の国語辞典には載っていない.
しかし,世間ではよく聞くことばとなっている.

ぞんざいな表現である「じじい」「ばばあ」と紙一重でありながら,大変に好感度が高く,しかも呼びかける際の言いやすさ,呼びかけられる際の認識しやすさに優れているこの表現を考えついた人は偉いと思う.

ちなみに,「じいじ」を繰り返して「じいじじいじじいじじいじじいじ…」唱えると,いつの間にか「じじい」と聞こえてきて,更に続けるとまた「じいじ」と聞こえてくる(もちろん「ばあば」も同様).
これは視覚的な知覚交替に対応する聴覚的な知覚交替であるといえる.

|

« Microsoft Office非ユーザーのためのOffice.com | トップページ | Microsoft Officeワード文書を忠実に表示できるスマートフォン・アプリ »

ことば」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ことばの好感度:

« Microsoft Office非ユーザーのためのOffice.com | トップページ | Microsoft Officeワード文書を忠実に表示できるスマートフォン・アプリ »