« 日本語の利点 | トップページ | ついに,日本でも色つきのエナジードリンクが! »

2013年8月30日 (金)

JRのサービス改善(続)

Ticketholderノオト「JRのサービス改善」では,JR九州のサービスの先進性や,JR東日本のサービス改善について述べた.

【チケット用ポケット】

そこで紹介したことのひとつに,JR九州の特急の座席に付いているチケット用ポケットの便利さがある.

JR東日本の常磐線の特急車両が新型になったことも述べたが,チケット用ポケットは付いていないため,車両が新型になり快適になったこととチケットの扱いは結びつけていなかった.

しかしふと,どんなものだろうかと試してみた.
(旧型の車両ではテーブル固定具にチケットを挟み込むことを試みたが,浅く差し込むとチケットが落ちそうになり,深く差し込むと大きく湾曲して,試みは失敗に終わっていた.)

新型車両でチケットを挟み込んだのが上の写真(クリックで拡大)である.
何とも収まりがいいではないか.
これで,自由席利用時に睡魔に襲われても安眠を続けられる.

【スイカ(Suica)】

スイカ(ICカード)が使えるサービスが増え,現金やクレジットカードがなくても,スイカさえあれば何とかなるようになって久しい.

が,実は,スイカの本家であるJR東日本のサービス,しかも,チケット発券サービスの中に,最近までスイカが使えないものがあった.

それは,列車内での特急券購入である.

JR東日本管内で車内販売をしている日本レストランエンタープライズ(NRE)では,2008年前半に既にスイカが利用できていたから,やっとといった感じである・・・・やっとではあっても,サービス向上はありがたい.
(車内販売でスイカが利用できるようになるとのプレスリリースはこちら.)

とはいえ,ベテランのNREと比べると,車掌の対応にはサービス開始からの日の浅さが感られ,今後の成熟と改善を待たなければならないと思った.

車内販売では,販売員がかざすハンディー端末に客が自分でスイカタッチするが,特急料金支払いでは,車掌がスイカを受け取って端末にタッチしていた.
(スイカは,人に渡すよりも自分でタッチする方が安心感が高い.)

また,NRE販売員は,端末の表示を客に見せて,スイカ残高は表示の通りですと示していたが,車掌は,残高を声に出して伝えていた.
(プライバシーの観点から,残高は声に出さない方がいい.)

あと半年もすれば,車掌の対応もNRE販売員に追いつくだろう・・・・と期待している.

|

« 日本語の利点 | トップページ | ついに,日本でも色つきのエナジードリンクが! »

サービス」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JRのサービス改善(続):

« 日本語の利点 | トップページ | ついに,日本でも色つきのエナジードリンクが! »