« 拡大と縮小 | トップページ | 滑らかなグラフ »

2013年7月 8日 (月)

漢字「嵐」は2010年まで常用漢字ではなかった

国語辞典を引いている際に偶然に知ったのだが,2010年(平成22年)まで「嵐」は常用漢字表に入っていなかったようだ.

常用漢字とは「一般の社会生活で漢字を使用する際の目安として示されている」ものである(大辞泉2008より).

常用漢字表は1981年に改定されて以来,2010年まで改定されていなかった.

2010年の改定に際しては,「現行の常用漢字表に掲げる漢字と,現在の社会生活における漢字使用の実態との間にはずれが生じており,このずれを解消するという観点から,字種の選定を行うこととした。」という.

今回の改定では,漢字出現頻度を重要視した,とある.書籍,新聞,ウェブサイトに使われている漢字を調査し,多く使われている漢字を優先したようだ.

となると,「嵐」が追加された理由も頷ける.恐らく,アイドルグループ「嵐」の文字の,新聞やウェブサイトにおける出現が大いに影響したと想像するに難くない.

選定の考え方と方法に加え,追加削除された字種一覧,字体デザインについてなど,常用漢字のあらゆることについて書かれている資料(改定常用漢字表,平成22年6月7日,文化審議会答申)が,ここにあるリンクからPDFで入手可能である.この資料は,には大変に面白い.

|

« 拡大と縮小 | トップページ | 滑らかなグラフ »

ことば」カテゴリの記事

文化」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 漢字「嵐」は2010年まで常用漢字ではなかった:

« 拡大と縮小 | トップページ | 滑らかなグラフ »