« 「「恐るべき発想:略語編」への付記」への付記 | トップページ | 自分の記憶 »

2013年3月28日 (木)

潜在危険デザイン (その後)

ノオト「潜在危険デザイン」で,潜在的に危険な自動車のデザインについて述べた.そして,「しかるべき組織に報告してみようと思う」とも書いた.2009年12月4日のことである.

その後もずっと,そのことは頭の片隅に残っていて,時折思い出しては人に話してみたり,危険性を訴えるルートを探るなどした.

思い続けた甲斐があって,やっとの危惧を世間に問う機会が訪れる.それは,自動車技術会・2013年春季大会である.

参加するのは初めてだが,自動車業界の人々が集うこの会で発表すれば,僕の長年のモヤモヤをスッキリさせるきっかけとなるに違いない.

僕の発表タイトルは「進路変更方向の判断エラーを誘発する恐れのある方向指示器について」である.

|

« 「「恐るべき発想:略語編」への付記」への付記 | トップページ | 自分の記憶 »

科学・技術」カテゴリの記事

脳・人間」カテゴリの記事

日常」カテゴリの記事

錯覚」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 潜在危険デザイン (その後):

« 「「恐るべき発想:略語編」への付記」への付記 | トップページ | 自分の記憶 »