« OpenOffice から LibreOffice へ | トップページ | 耳口王子 »

2012年11月23日 (金)

コンビニレジのタッチパネル

は「ノオト:インフルエンザ対策!?」に書いたことを今でも継続しているが,自分では潔癖症ではないと思っている.単に,さもなければ手に付けないで済むウィルス類を遠ざけたいと思っているだけである.

そのような僕が最近イヤに思っているのは,コンビニのレジでタッチパネルをタッチさせられることである.

基本は責任問題の回避であろうから,顧客サービスとは別の話かもしれないが,以前はなかったことが増えると面倒に感じてしまうことに加え,できるだけ不特定多数が触るものに触れたくないと思う僕にはイヤなことである.

振り込みの際の確認ボタンはまだいいが,アルコールを購入すると年齢確認ボタンを客にタッチさせるのはどうかと思う.アラハーのこの僕にも,おじいちゃんにも年齢確認タッチさせるのは失礼の一歩手前である.

意地悪な見方をすれば,アルコールを購入したのが未成年であっても,本人がタッチしてそう申告したから店には責任がないということができるシステムである.トラブルの回避には便利なシステムなのだろう.

この年齢確認ボタンよりも更に不条理を感じるのが,Suicaボタンである.

ファミリーマートでは,Suica専用読み取り機が設置されているから,会計時に「スイカで!」と言えば,タッチ,ピッでおしまいでスッキリしているが,(僕の知る限りにおいて)その他のコンビニでは面倒なタッチが追加になる.

「スイカで!」と言ってICカード読み取り台にSuicaを載せると,タッチパネルディスプレイにSuicaボタンが現われる.ボタンはひとつしかなく,そのボタンを押すか押さないかだけの問題である.「スイカで!」と言っているのに,「確認の上タッチをお願いします」と言われてタッチするのは,面倒きわまりない.

ミニストップでは,ファミリーマートと違ってSuica専用読み取り機はないが,Suicaボタンタッチ操作は店員がしてくれる(ことが多い).ミニストップではあっても客にタッチさせる店や,同じ店でも客にタッチさせる店員もいるから,マニュアルで決まっていることではないようだ.
(ひょっとして,実は必ず客にタッチさせなければならないのに,客のためにとルールを曲げて店員の方でタッチしてくれているのだとしたら,僕には最高のサービスではあっても,そのことで責められることになっては申し訳ない.だから,詳細は伏せておくことにする.)

|

« OpenOffice から LibreOffice へ | トップページ | 耳口王子 »

日常」カテゴリの記事

サービス」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンビニレジのタッチパネル:

« OpenOffice から LibreOffice へ | トップページ | 耳口王子 »