« プッシュ問題,やっと解消!? | トップページ | 考えもしなかった自動ドア »

2012年9月29日 (土)

読むだけで猫背が治る!?

は子どもの頃から猫背である.

中学生の頃からちらほらと現われ始めて淡々と増え続けている白髪同様,自分にとっては当たり前のことだったから,言われたり指摘されることがあっても,身長が低いのをどうしようもないのと同様に,持って生まれた特性だからどうしようもないという気持ちがあった.

しかし,アラハーとなり,心境というか意識の変化が生じ,猫背じゃない方がいいと思い始めた.

とはいえ,長年慣れ親しんだ姿勢だから,意識して無理に背筋を伸ばしても,どうもぎこちないし長続きしない.

というわけで,気持ちは芽生えたものの決定的な変化がないままにいたところへ,一冊の本が目に留まった.「読むだけで ねこ背が治って心も体も強くなる!」である(通販サイトアマゾンへのリンクはこちら).

心や体は今よりも強くならなくてもいいが,読むだけで猫背が治るならお手軽だ.僕は比較的理論派だから,丁寧に実践を説明されるよりも理論のポイントだけ読めるなら,その方がうれしい.元々,必ず改善しなければならないわけではないから,少々でも改善するならありがたい.

その本を読んだところ,本当に読むだけで治った! 厳密に言えば,本の指示に従って体勢をとってみることもしたから,読むこと以外もした.しかし,それはほんの2〜3分に過ぎない.だから,「読むだけで」と言って差し支えない範囲である.

内容を書いてしまうと著作権侵害および営業妨害になるから止めるが,問題ないと思われる範囲で一点だけ書くと,ポイントのひとつは自分の重心への意識である.簡単に言えば,かかとに重心を置くのがいいという.このかかと重心を読んで,以前,見聞きしたことを根拠なしにここに書いたことの理屈が分かった気がして,スッキリした.

以前ここに書いたこととは,「ノオト:日常生活微小変更健康法」の,階段はつま先で昇るよりもかかとをついて昇る方が(何かと)いいということである.この本の理論と照らし合わせれば,階段をつま先で昇ると重心が前になり猫背になってしまうが,かかとで昇ると重心が後ろになるから姿勢がよくなる.

自分としては読むだけで猫背がかなり改善したと思っている.他人から見てどうなのかは明確な確認はしていないが….

|

« プッシュ問題,やっと解消!? | トップページ | 考えもしなかった自動ドア »

」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読むだけで猫背が治る!?:

« プッシュ問題,やっと解消!? | トップページ | 考えもしなかった自動ドア »