« じゃんけんシーズン到来!? | トップページ | リーディング・グラス »

2012年9月 1日 (土)

なるへそ

「なるへそ」ということばを聞く機会はめっきり減っている.ほとんどないと言っていい.インターネットの「死語辞典」に掲載されていることからも,現在はあまり使われていないと判断できる.

しかし,このことばを最近また使い始めた知人がいる.「なるへそ」だけでは面白みがないと思うと,更にひねって,「なるへそのごま」と言ったりもする《註》.

というわけで,このことばが数十年ぶり(?)にの頭の中で穏やかに反響している.

念のため書いておくと,「なるへそ」とは「なるほど」の意味の俗語である.
(例えば「日本語俗語辞典」を参照.)

あるとき,電車に揺られてぼんやりと外を眺めていたら,ふと疑問が湧いてきた.「なるへそ」の語源は何だろう?と.自分の出した答えはこれである!

「なるほど」+「へーそー」→「なるへそ」
(「へーそー」は,「へぇー,そうなんだー」の意味である.)

「なるへそ」の語源について,インターネット上では諸説紛々としているだろう,その中で僕の考えはどう位置づけられるだろうかと,「なるへそ 語源」と検索してみたら,語源については10件ほどがヒットしただけで,自分の興奮との落差に意気消沈した(^_^;)

僕の感情はさておき,説として多いのは「なるへそ」の「へそ」が身体の臍(へそ)であるというものである.僕のひらめきよりも深い語呂合わせが語源とされているようだ.

《註:2012-09-02追記》僕の勘違いがあったようだ.その知人が言ったのは「なるへそのごま」ではなく「なるへその緒(お)」であるとのこと.

|

« じゃんけんシーズン到来!? | トップページ | リーディング・グラス »

ことば」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なるへそ:

« じゃんけんシーズン到来!? | トップページ | リーディング・グラス »