« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月22日 (日)

パッと分かる?

Popoutornot_s心理学,あるいは理科系分野も含めてそれが学際的に広がった形態といえる認知科学の分野では,視覚情報処理(見ることの情報処理)の研究も盛んである.

自身もそれを研究テーマの一部としているから,いつでもどこでも,さまざまな観点からものを見るようにしている(そして見てしまう).

「図と地」や「ポップアウト」はこの分野でよく目にするキーワードである.
(インターネット検索すると,「図と地」に関してはここでの意味の説明や図形の例が多数ヒットするが,「ポップアウト」についてはここでの意味の説明が少ないようだ.)

「図と地」は,一枚の絵の中から,形として認識される部分と,絵の背景として認識されるものの区別に関する概念である.

僕たちが普段目にする大半の風景や絵や写真は,図と地が容易に,そして瞬時に分離されるが,どうしても図と地がゆっくりと入れ替わって見えてしまう図形がある.これは研究素材として興味深いので,多くの研究者がそれらを題材にしている.ルビンの壺を代表とする多義図形がそれである.

「ポップアウト」(pop out)は,ちりばめられた多数の図形の中から,1つあるいは少数の異なる図形がパッと目に飛び込んでくる現象である.

次の例では,背景とは異なる少数派の図形がパッと目に飛び込んでくるが,

┳ ┳ ┳ ┳ ┳ ┳ ┳ ┳
┳ ┳ ┳ ┳ ┳ ┳ ┳ ┳
┳ ┳ ┳ ┳ ┳ / ┳ ┳
┳ ┳ ┳ ┳ ┳ ┳ ┳ ┳
┳ ┳ ┳ ┳ ┳ ┳ ┳ ┳
┳ ┳ ┳ ┳ ┳ ┳ ┳ ┳
┳ \ ┳ ┳ ┳ ┳ ┳ ┳
┳ ┳ ┳ ┳ ┳ ┳ ┳ ┳

次の例では,上の場合よりも少数派を見つけるのに時間がかかる.

┳ ┳ ┳ ┳ ┳ ┳ ┳ ┳
┳ ┳ ┳ ┳ ┳ ┳ ┳ ┳
┳ ┏ ┳ ┳ ┳ ┳ ┳ ┳
┳ ┳ ┳ ┳ ┳ ┳ ┳ ┳
┳ ┳ ┳ ┳ ┓ ┳ ┳ ┳
┳ ┳ ┳ ┳ ┳ ┳ ┳ ┳
┳ ┳ ┳ ┳ ┳ ┳ ┳ ┳
┳ ┳ ┳ ┳ ┳ ┳ ┳ ┳

最初の場合をポップアウトする,二番目の場合をポップアウトしないという.

さて,図と地が分離しにくい,あるいは書かれている図形がポップアウトしない一例を紹介したい.

1〜2年前から時折偶然に見るようになり,気に入って番組本まで買ってしまったテレビ番組「和風総本家」に,図と地が分離しにくい,そしてシンボルがポップアウトしない図形が出てくる.それが上の画像である.

画像は,クイズ形式のこの番組で,出題前に現われる映像のスナップショットである.赤い図形が時計回りにゆっくりと回転する.

僕はこれを見るたびに,つい,「北口」と読んでしまう.しかし,意味合いからして,実は「問」である.

僕が「北口」と読んでしまう理由として次のものがすぐに思い浮かぶ.
・「問」にあるはずの上部左右の角がないこと(┏ と ┓ がないこと).
・「問」にあるはずの下部の隙間が極端に小さいこと.
これらは,円形の輪郭が文字の一部と認識されないことにつながり,したがって,円形を除いた「北口」がパッと目に飛び込んでくるのだろう.

それと同時に,多数の印鑑を見てきた経験が影響していると言えるかもしれない.これは印鑑を思わせるデザインだから,円形の輪郭を無意識に除外して読んでいるのかもしれない.

最後に・・・

上で多義図形に言及したが,多義図形には知覚交替現象が付随する.この画像も,じっと見つめていると,「問」と読める瞬間と「北口」と読める瞬間が数秒周期で交互にやってくるように見える.

| | トラックバック (0)

2012年7月21日 (土)

格好悪くない方法 (その後)

「ノオト:格好悪くない方法」で紹介した,マイカーのパワーウィンドウの使い方に変化はない.

むしろ,日常的にそうしているから,大変にスムーズにできるようになった.

最近では,高速道路の料金所「一般」でも,入るときの自動発券を受け取ることはもちろん,出るときの料金所でも座ったままドアを開けて手際よく通過している.

はじめて高速道路の料金所出口で支払うときには,変な奴だと思われるんじゃないか,あるいは,それならまだしも無礼な奴だと思われやしないかと少々恐縮していた.しかし,想像するに,料金所ではもっと困った通行人が多いのだろう.窓を開けるにしては50センチほど進みすぎて停止し,ドアを開けるに,料金所の方は瞬時の戸惑いを見せることはあるが,すぐに普段の(と思われる)笑顔に戻り,金銭の授受をしてくれる.

最初のうちは,ギアをパーキングに入れ,シートベルトをはずして身を乗り出していたが,今では,ギアをドライブに入れたままブレーキを踏み,シートベルトも付けたままで対応できている.

また一段階スマートな身のこなしができるようになった自分に悦に入っている僕であった.

| | トラックバック (0)

2012年7月 3日 (火)

プッシュ問題

iPhoneでMobileMeからiCloudに移行して以来,メールのプッシュ(push)が正常に機能しないことについて,ノオト「メモ:iPhone:iCloudメールのプッシュ問題解消」に書いた.

一時は問題が解消したように見えたが,その後,症状が再発していることも,そこに追記してある.

その後も,プッシュしたりしなかったりで,基本的にはプッシュされないと思って対応している.

問題解決の糸口がないかと,時折,思い立ったようにWeb検索しては解決を期待しているが,今のところ未解決のままである.以外にも同じ問題で不便を感じている人が多いようで,このノオトへの検索ランキングでも,「iCloud メール プッシュされない」などをよく目にする.

このような折,最近も問題解決の糸口を求めてWeb検索したら,次のような頁に遭遇した.

Motorola forces Apple to halt iCloud push services in Germany (モトローラによって,ドイツでのアップルiCloudプッシュサービスが停止に追い込まれる)

ドイツでの特許訴訟でモトローラがアップルに勝訴し,差し止め命令が発令されたそうだ.

そのような不便を被っているドイツに比べたら,時折プッシュしてくれる日本はまだましかもしれない!?

| | トラックバック (0)

2012年7月 2日 (月)

キー触感のあるスマホ

今や,「携帯電話」イコール「スマートフォン」,そして「スマートフォン」イコール「タッチスクリーン」である.街中で,電車内で,見かける携帯電話の大半はスマートフォンであり,親指でカチカチとキーを連打する光景は姿を消し,代わりに,親指で柔らかくタッチする,あるいは,スマートフォンを左手に持ち,右手人差し指でタッチする光景が目に入るようになった.(の感覚では,従来型携帯電話の全盛期よりも,両手で操作する人が増えたように思う.)

「打つ」から「タッチする」に変わってよかったことの代表は,腱鞘炎の心配の減少であろう.親指でのカチカチ連打は素人目にも手に悪そうだったから,日本人の手の健康にはいい流行であろう.

しかし,以前のノオトでも触れたように,タッチスクリーンには触感がないため,文字入力には多くの他の集中を要する.触覚に頼れない分,手指の筋力制御や,視覚による確認を多用しなければならない.ただし,人間はかなりの柔軟性を備えているから,不便も慣れてしまえば不便とは感じなくなり,触覚不在による使いにくさを精神の集中で無意識に補うことになる.(旧来型テンキー付きスマートフォンは,この問題に対するひとつの回答なのだろう.)

物理的キーなしでは触覚は当然あり得ないと思っていたら,世の中には面白いことを考える人がいるもので,そして,ただ考えているだけではなく形にする人がいるものだ.「平らなタッチスクリーン上に物理ボタンが出現――プロトタイプが登場」によれば,使用場面に応じてタッチスクリーンが平らになったり,キーが盛り上がってきたりする製品が来年にも登場するかもしれないとのことだ.

| | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »