« 「メールのマナー:転送編」への補足 | トップページ | キー触感のあるスマホ »

2012年6月25日 (月)

ある菓子パンとの出会い

Zakuzakusoftbreadあまのじゃくを自認するは,宣伝文句に踊らされることが少ない.より正確に言えば,宣伝文句に踊らされないよう,できるだけ懐疑的に捉えるようにしている.

だから,「売れてます」とか,「全米が泣いた」とか,「20万部突破」という宣伝には,それを初めて考案した人を凄いと思うし尊敬するが,売る側の誘導に乗らないように(一方的に負けないように)努力している.

このような考え方は,疲れる,楽しくないと思う人もいるだろう.しかし,僕にとっては,それが喜びで,楽しいのだから仕方がない.それが,あまのじゃくの所以である.

さて,このような僕だが,最近,販売戦略に乗せられ,しかし,乗せられても悔しくはなく,素直に負けを認めてハマってしまった菓子パンがある.それは・・・

とっておき宣言
ザクザククッキー&クリームパン
口当たりまろやかなクリームパンにクッキーをのせました
(145円,山崎パン)

である(写真参照;クリックで拡大).

元々,そして今でも,よく,昼食の一品として甘い菓子パンを食べる.だから,新製品を目にすると,それを手に取ることが多い.

このパンが,あるコンビニのパンの棚の最上段(だったか,2段目だったか)にずらりと,差し渡し5列以上にわたって並べられていた.

クリームパンの柔らかさとクッキーのザクザク感が,これまでの菓子パンにはなかった,美味しいだけでなく楽しい味わいをもたらすのだ.

最後に,これを幾度か食べてみて分かったことを述べて〆にしたい.

それは,買ってすぐに食べた方が美味しいということ.これまでの菓子パンは,賞味期限内なら数日置いてから食べても,すぐに食べるのと美味しさに大差はなかったが,このパンの場合は,数日置いておくとザクザククッキーのザクザク感が減弱してサクサクになってしまうのだ.ただし,パンの名誉のために加えておくと,数日置いたパンであっても,はじめて食べる人は,そのサクサク感と軟らかいクリームパンのコンビネーションに感動するだろう.

|

« 「メールのマナー:転送編」への補足 | トップページ | キー触感のあるスマホ »

」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ある菓子パンとの出会い:

« 「メールのマナー:転送編」への補足 | トップページ | キー触感のあるスマホ »