« 自分に大ウケ | トップページ | ことばと発想 »

2011年4月30日 (土)

いわくありげ!?

異なる言語なのに音も意味も似ているがある.

日本語とロシア語を合わせて作ったように解釈可能なことばについて書こうと思う.

本題に入る前に,ロシア語のアルファベット(キリル文字)には,英語と同じ形なのに発音が異なるものや,英語を裏返したものがあるなど,微妙な面白さがある.

例えば,ロシア語アルファベットの「Р」は,英語の「R」の発音である.
また,英語の「R」を裏返した「Я」は,「や」の音を持つ(だから,英語では2文字必要な「や」が,ロシア語では1文字で済む).
そして,英語の「N」を裏返した「И」は,「い」の音を持つ.

「И」は英語の and,つまり「と」の意味を持つ.

ここからが本題である.

日本には「詩歌」ということばがある.
詩歌は,漢詩と和歌,つまり「詩と歌」を意味する.
「詩と歌」の「と」を無理矢理ロシア語で書けば,「詩И歌」となる.
つまり,「詩 い 歌」である.

実際,詩歌は「しか」ではなくて「しいか」と読む.

「しか」ではぶっきらぼうだから「しいか」という読みかたが普及したのだと思うから,恐らくこれは単なるこじつけだと自分でも思っているが,地理的に近いロシアと日本の交流の可能性を考えると,この発見を単純に抹消したくはないと思う.

|

« 自分に大ウケ | トップページ | ことばと発想 »

ことば」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いわくありげ!?:

« 自分に大ウケ | トップページ | ことばと発想 »