« 斜めがちょうどいい | トップページ | 単機能の良さ »

2011年4月24日 (日)

コンピューターとコンピュータ

は理系の科学者(専門家)ではあるが,表現ではできるだけ専門用語やカタカナ語を避け,日常的なことばを用いるよう努めている.

だから,学会の用法ガイドラインでは「コンピュータ」ではあっても,僕は「コンピューター」を用いたい.「センサ」ではなく「センサー」を用いたい.

だから,「ノオト:語感の辞典」で紹介した辞典で「コンピュータ」と「コンピューター」の語感が対比されており,「コンピューター」の方に好意的な記述がされているのを見つけてうれしくなった.

また,Apple(Mac)愛好家の僕は傾向としてはアンチの立場を取っているマイクロソフトだが,外来語カタカナ表記に関して「コンピューター」の方に転換するとの発表(2008年7月25日)をしているのを見つけて,アンチ度が弱まった.

|

« 斜めがちょうどいい | トップページ | 単機能の良さ »

科学・技術」カテゴリの記事

日常」カテゴリの記事

ことば」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンピューターとコンピュータ:

« 斜めがちょうどいい | トップページ | 単機能の良さ »