« フツー | トップページ | 日常生活微小変更健康法(追記) »

2010年12月30日 (木)

日常生活微小変更健康法

16進数表記で切りのいい30歳という年齢も終わりが見えてきて(参考:Wikipedia「16進法」),スポーツをすることも滅多になくなり,年に2,3度のボウリングが関の山となった今日この頃,特別な時間を作ることなく,普段の生活での所作をちょっとだけ変えることによって不健康を回避する試みを行っている.

が着目しているのは足腰~お腹周りである.

足腰の衰弱を少しでも抑え,引いては健康改善につなげる目論見で実行しているのは以下のことがらである.

  • 姿勢をよくする・・・・子供の頃から猫背の僕だが,少しでも背筋を伸ばすようにしている.
  • できるだけ階段を使う.《追記:2011-01-09》その際,しっかりとかかとをつけて上るのがいいそうだ.かかとがないサンダルを履いてのダイエットや,自己流の思い込みで,できるだけかかとをつけない上り方が体に染みついているから,いつの間にか忘れてしまう.現にここに書く際にも失念していた.
  • 電車の座席がリクライニング・シートであっても背もたれを倒さない.
  • バッグを肩にかけずに手で持つ.できれば利き手と反対の方で.
  • 足を組む際には組みにくい側で組む.
  • そして今回の試みで最大の期待をかけているのが,シャワー時の和式トイレ座りである・・・・湯船に入るのは週に一度で,大半がシャワーの僕だが,これまでは椅子に座ってシャワーしていた.その椅子を止めて,片ひざを付いたり,しゃがんだり,和式トイレ座りをするのだ.

このところお腹周りがわずかだが引きしまった気がする.ただし,その理由が最近の少々の多忙でやつれたためなのか,この健康法によるものなのか区別がつかない.効果について述べるには,もうしばらく様子を見る必要があるようだ.

|

« フツー | トップページ | 日常生活微小変更健康法(追記) »

脳・人間」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日常生活微小変更健康法:

« フツー | トップページ | 日常生活微小変更健康法(追記) »