« 電話の相手は誰? | トップページ | 3D映像:賞賛と批判 »

2010年5月27日 (木)

女心の難しさ(続)

以前,男のカッコよさの判断を巡り,女心の難しさについて書いた(ノオト「女心の難しさ」).

そこでは,たまたまスポーツ大会の打ち上げに参加していた女子2名の見解が一致しており,その一致した見解が僕自身の判断とズレていたから,女心を知るのは難しいと思った.

ただし,科学者であるが,たった2名の判断を一般化するわけにはいかないから,まずは職場の身近なアラフォー(?)女子Yに尋ねてみたところ・・・

答えは「おっとこおらしぃ〜♪」だった.

Yによれば,草食系男子が蔓延る[はびこる]世の中で,そのような男子は男らしくてほれぼれする,つまりカッコいいのだそうだ.

そう言われてみると,何だか理解できてきた気がする.

3人では,統計学に照らし合わせて間違いない判断をするために必要とされるサンプル数にははるかに及ばないが,もうこれで降参した方がいいように思う.

もちろん,折に触れ同じ質問をしてサンプルを増やして行くつもりだが,この格好よさを認めた上で,更に女心(に限らず人間の心)の研究を深めていきたい.

|

« 電話の相手は誰? | トップページ | 3D映像:賞賛と批判 »

脳・人間」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女心の難しさ(続):

« 電話の相手は誰? | トップページ | 3D映像:賞賛と批判 »